ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

K池さんをはじめとするボドゲ中毒者達が、禁断症状に耐えられずw開催されたOASE新潟さんのゲーム特例会の模様をお伝えいたします。

雨が降りしきる中、少数の参加者が予想された本例会には、なんと総勢8名ものジャンキー達が(笑)集結することとなりました。

中心となるゲームは新作がラインナップされましたので、とても楽しい例会でした(やはり新作はプレイしないとですね^^;)。

※なお、今回はスコアシート等は皆さん書かれておりませんので、各テーブルのプレイヤー名ならびに得点等は省略させていただきます。

レイルロードタイクーン
20061009004023.jpgのっけからレイルロードタイクーンですか、そうですか^^;
悩んだ末に私はプレイには参加しませんでしたが、このゲーム良いゲームですよね。『蒸気の時代』は初心者には越えられない高い壁がありますが、このゲームでは若干その敷居が下がっていて良い感じです。コンポーネントなんか比べ物にならないくらいいいですし。何よりK池さん自作のタックスシールが最高でした。

レオナルドダヴィンチ
20061009004048.jpg今回私が持ち込んだゲームはイタリアのボードゲーム会社の雄『ダヴィンチ』が社名を冠に掲げた本格派ボードゲーム『レオナルドダヴィンチ』です。研究所で様々な発明をし、レオナルドダヴィンチを目指すこのゲーム。プレイ前の予想に反して濃密なゲーマーズゲーであり、また初めてという事もあって2時間以上かかってしまいましたが、個人的には大変気に入りました。雰囲気も◎です♪

エレファント
20061009004128.jpgここでメンバーをシャッフルして今度はメビウス便新作のカードゲームを2つプレイ。こちらはミヒャエル・シャハト作の『エレフェント』。なんか良くわかりませんが「ツボを割るゲーム」だそうです(笑)。残念ながらこちらのプレイには参加してないので詳細は不明です。シャハトはなかなか良いデザイナーなので、彼が作る新作カードゲームってどんなだろうと、少し興味をそそられてしまいました。

0の恐怖
20061009004138.jpgということで、私はもう一方の新作『ゼロの恐怖』をプレイしました。このゲーム、なんというかまぁメイフォローの初心者向きのトリックテイキングで、簡単に自作できそうなゲームでしたが意外と盛り上がりましたね^^;間違っても真剣にプレイできない感じのゲームです(笑)。低人数だと最後はどうしても運ですが、ドキドキ感も味わえて殺伐感も味わえるw結構お得なゲームでした。

プロジェクト・スカイライン
20061009004151.jpg韓国発のサイコロゲーム『トリプラー』の完全リメイク版がこのゲームです。
一風変わったサイコロゲームで『モノポリー』というよりかは『ファーストフードフランチャイズ』に近いかもしれません。過去何度かプレイしたことがありますが一度も勝ったことがありません。私は『カタン』と『ブラフ』以外のサイコロゲームは本当に苦手です(弱いです)。

エラズンド
20061009004203.jpgずっとプレイしたかった『エラズンド』をリクエストしたのですが、他の方たちは何回もプレイしたことがあるそうで、仕方なく私と同じくこのゲームをプレイしたかった方と二人でプレイしました(まぁ仕方が無いですね^^;)。
正直良くわかりませんでしたが、とりあえず相手を叩いて叩いて叩き潰していたら勝ってしまいましたw。評判どおり良いゲームでしたのでまた是非プレイしてみたいです。

王への請願
20061009004218.jpgだから、ダイスゲーム弱いんですって(泣)
『エラズンド』が早く終わったので、時間つぶしに二人でプレイしました。いや、意外に二人プレイが熱いんですよこのゲーム♪それほど時間もかかりませんしね。
結果は相手が6個持ちの6個ゾロ目という鬼畜のような目を振る一方で、私は16個振っても1個も期待の目が出ないという予想通りのダメッぷりで完敗しました(笑)。

というわけで、実は写真を撮り忘れてしまったのですが途中で『ゴキブリポーカー』なんかもプレイしてます(カメムシが屁をこいてしまいましたw)。今回もかなり色んなゲームをプレイすることができました。まぁ収穫はなんといっても『レオナルドダヴィンチ』ですね(自分で持ち込んでおいてなんですが^^;)。少し重めですがボードゲームとしては良い仕上がりだと思います。今後もこのような特例会を開いていただければ積極的に参加したいと思います。 byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック