ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

先週に引続き2週連続で開催された臨時特例会の模様をお伝えいたします。NBGCとしては初の土曜日開催でしたが、先週と同人数の参加をいただきました。参加者の内訳は、最近新たに参加いただいている方々が半分、従来からの常連さんが半分ということで、なかなか良い感じです♪参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

<今回の参加者の方々>
安達さん、淡路さん、大野さん、野田さん、安田さん

インペリアル
20070903230854.jpg最初は、個人的に今年度発表された最高のボードゲームだと思う『インペリアル』です。今までの株式ゲームとはまた一味違った新しいタイプのゲームです。まるでマルチゲームのようなヨーロッパの陣取り合戦を行いながら、一定の間隔でまわってくる株式購入時期に合わせていかに各国家の債権額(株価)をコントロールするかが焦点のゲームで、かなり難易度は高めですが、その奥深さは今までの『アクワイア』のような名作に全く引けを取らないどころか、ある意味では凌駕しているとさえいっても過言じゃないでしょう。単純に自分の国家の国力を伸ばせば勝てるという単純なゲームではなく、自国の繁栄にばかり気を取られていると他人に簡単にその国家の支配権を奪われてしまいます。現に今回のセッションでは、早々にフランスとの同盟を結んで(マルチゲームのお手本のようなプレイでしたが、このゲームはそんな単純な手法では攻略できません^^;)、北ヨーロッパへの支配権を主張したイギリスが一時優位を示しましたが、自国を押され始めたと感じたドイツの担当プレイヤーにイギリスの支配権を奪われ一気にジリ貧に。一方兵力を蓄えて守りに徹しすぎているフランス&ロシアを横目に着々と国力を伸ばすイタリア&オーストリア・ハンガリーの債権を厚く買った私(オーストリア・ハンガリー担当)と安田さん(イタリア担当)の両者が頭2つ抜け出す展開になり、最後はラストスパートの仕掛けどころの差でイタリアを振り切った私が完勝しました。
あくまでも株式ゲームであることを念頭に置いてプレイしなければならないこのゲームですが、感想でもあったように、思わず自国の繁栄に執着してしまうという意見はたしかに理解できます^^;慣れれば難しいゲームじゃ無いはずですし、ある意味では『アクワイア』のような運の要素も少ないので、戦略的なマネージメントの妙を楽しめる素晴らしいゲームだと思います。何度でもプレイしたいゲームですね。

ブラフ
20070903230924.jpg続いてはお馴染みの『ブラフ』です。6人でもプレイできるお気軽ゲームとして例会での時間調整やちょっとした息抜きには持って来いのゲームです。このゲームは確率どおりにはいかない部分が面白さの一つなんですが、逆に確率をもとに正確にビット(あるいはブラフ)をすることもまた重要で、ある程度の計算能力は必要とされます(皆さん振り直しが無い状態での確率は簡単に計算できるようですが、何人かが振り直しをしてオープンのダイスがいくつかある場合の確率の計算を間違っている方が結構います^^;)。今回はボーダー(より若干下)の提示にブラフされて2個失った不運が最後まで響き(残りは全部他人の道連れで失いました^^;)、勝ち残ることができませんでした。なお、このゲームに関しては初めてという淡路さんが一方的に勝利されました!4対1からの逆転を狙っていただけに(爆)残念です。

バトルライン
20070903230935.jpg続いて、リクエストがあったので2人用ゲームなんですがこの日間違って持ってきてしまった(笑)『バトルライン』をプレイすることに。長らく英語版のみでしたが(パッケージだけ日本語化されたりもしましたが^^;)今度完全日本語版が発売されるということもあり、再注目されているゲームの一つといえるでしょう。単純でわかりやすいルールの中にもクニツィア博士の切れのあるジレンマの面白さが、多くのファンを作ってきた2人用ゲームの傑作です。この日は全部で2戦行いましたが、いずれも経験者の私が勝利しました。1戦目はカードの引きにも助けられたのでかなり一方的に勝利することができましたが、2戦目はカードの引きが乏しく、結局最後は特殊カードを駆使してのギリギリの勝利でした。このゲームに関しては特殊カードを除いた状態でのガチンコの勝負が面白いという方が結構いますが、私は特殊カードが入った方がより実力で勝負できると思うので(抜いた場合は結構運勝負になることが多いんで)純粋に特殊カード入りの普通の『バトルライン』が好きです。完全日本語版ということで、きっとカードテキストも和訳されるでしょうから、これを期に購入を考えてみても良いゲームかもしれません。

帝國の時代?
20070903230952.jpg先週に引き続き、ここのところ大のお気に入りゲームの一つ『帝國の時代?』をプレイしました。未プレイ者2人との3人プレイでしたので、まず間違いなく勝つだろうとは思っておりましたがw、この日は圧勝でした。なんとはじめてボードゲーム版の外周にある得点トラックを一周しました。一番最初にテストプレイした時から最高得点はせいぜい半周程度、良くいっても4分の3くらいでしたから、自分でもビックリの好成績でした。おそらく2度とこのような成績を残すことはできないと思いますが、また次回も勝利できるように頑張りたいと思います。このゲームの良さはこの手のゲームにしては非常に単純なメカニズムであることと、それでいてしっかりとしたシステムで作り上げられている点にあるのですが、やはり経験者とそうでない方との差が結構現われるゲームであるともいえるので、もしかしたら楽しんでいるのは私だけ(負けると大抵のゲームは面白くなく感じることが多いですからね?^^;)かもしれないということは不安な点なのですが、絶対に面白いゲームですので、機会があれば臆せずチャレンジしてみて下さい♪

フラッシュ
20070903231007.jpg最後は時間も少なかったので、全員でプレイできて比較的時間もかからず、お手軽なゲームという事で『フラッシュ』をプレイすることに(笑)。このゲームはパーティーゲームとして古典的なゲームですが、こうして普通のボードゲームの例会でプレイしても面白いゲームの一つです(たまに名古屋のボードゲーム仲間から『フラッシュ』のお題をくれという電話がかかってくることもありますw)。親が特定のテーマを一つ挙げ、それから連想した言葉を8つ書くだけという単純なものですが、制限時間が1分しかないので書ききれないことや答えが曖昧になることもしばしばありますwどれだけ他人と同じ答えを書くかがポイントですが、なかなか同じ答えがでないことも・・・(笑)。私は数あるワードゲームの中では比較的この『フラッシュ』が得意です。やはり他人の気持ちが良くわかるナイスガイだからでしょう♪ちなみに今回のお題は、「金色のもの(野田さん)」、「ユーラシア大陸上にある国名(安田さん)」、「ドラえもんの秘密道具の名前(私)」、「新潟といえば(安達さん)」でした。金色のものは難易度が高いですね^^;


さて、今回の臨時特例会も非常に充実した例会でしたがいかがでしたでしょうか?臨時特例会はかなり私がプレイしたいゲームが中心になることが多いですけど、皆さんのほうでプレイしてみたいゲームがあれば、リクエストをいただければ是非それにお答えするようにしたいと思っておりますので、遠慮しないでリクエストしてみてください。

来週は通常の月例会があります(なんと3週連続ですか!)。御都合がよろしければまた是非参加してみて下さい。是非お待ちしております(※会場は「新津」ですのでお間違えなきよう)。それではまた!byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/74-87604c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック