ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第11回目の月例会のテーマは『長時間ゲーム』でした。
ひとえに長時間ゲームといっても、実に丸々一日近くを消費するゲームまで様々なものがありますので、今回はそのような超・長時間ゲームに関しては除くようにしました。従って、今回のレビューにおいてもそれらのゲームに関してはあらかじめ選考から外しています。また、純粋なマルチゲーム、シミュレーションゲームに関しても選考から外しております。例によって既に紹介したゲームも除いておりますので、結果的にはかなり限定されたゲームの中からのセレクションとなってしまいましたが、紹介する以下のゲームに関してはいずれも自信を持って面白いと思うゲームですので(あくまでも私がですが^^;)、機会があれば是非プレイしてみることをオススメします♪

第1位:ラ・チッタ

20070819050727.jpg第1位は、構築型ゲームの隠れた名作『ラ・チッタ』です。一説では『カタンの開拓者』の上級者版ともいわれていましたが、カタンとは全く違ったゲームです^^;市民の配置と、各種施設の建設、食料の供給など実に様々な要素がからみあっているので、プレイヤーの総合的な計画性を問われるゲームです。やはりインストも含めたプレイ時間の長さのせいでしょうか、最近ではほとんどプレイされることがないゲームの一つですが、このレベルの完成度の高いゲームは近年ではなかなかお目にかかることはできないでしょう。

第2位:レイルロードタイクーン

20070819050806.jpg第2位は、鉄道ゲームの傑作『レイルロードタイクーン』です。このゲームは以前に紹介した『蒸気の時代』の簡易版といった感じのゲームで、『蒸気の時代』よりかはお手軽にプレイすることができるゲームですが、その分内容において、それほど劣っているとも思えないので(むしろコンポーネント的には圧倒的にこちらが上です!)、手始めにこちらからプレイするといった考え方は大賛成です♪M・ウォレスの素晴らしいシステムが光るまさに名作といえるでしょう。

第3位:ディマッヒャー

20070819050908.jpg第3位は、月例会でもプレイされた『ディマッヒャー』です。現在における選挙をテーマにしたボードゲームの最高峰ともいえるゲームです。選挙における実に様々な要素を見事にシステムに組み込んでマルチゲームとして完成させたデザイナーの手腕には本当に脱帽です。ドイツの選挙がベースになっているので、多少の違和感やとっつきにくさもありますが、内容に関しては素晴らしいの一言ですね!

第4位:ザバンドールの笏

20070819050932.jpg第4位は、名作『アウトポスト』のリメイク作品でもある『ザバンドールの笏』です。追加の要素も増えて、ゲームとしての完成度も非常に高い作品に仕上がっています。SFからファンタジーにテーマを変更していますが、その変更が違和感なく成功しているといえるので、むしろその手のテーマが好きな人にはこちらがオススメです。難点はやはりプレイヤー人数×1時間というプレイ時間の長さでしょうか。実際にプレイしている間はそんな時間の経過も忘れてしまうほどの濃密な内容なんですが、ともするとダレる可能性は過分にあります。比較的初心者は絶対に手を出せないゲームですね^^;

第5位:リーフエンカウンター

20070819050951.jpg第5位は長いこと幻のゲームだった『リーフエンカウンター』です。珊瑚の捕食をテーマとしたこのゲームは、実に魅力溢れる完成度の高い陣取りゲームでもあるのですが、あまりの完成度の高さに初心者ではついていけない系のゲームでもあるかもしれません。またインストが複雑なのもマイナス点ですが、内容に関しては文句無しで素晴らしいゲームです。是非何度もプレイしてみて欲しいゲームです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/70-ef23d661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。