ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第10回目の月例会の個別テーマは『競りゲーム』でした。「競り」という要素は実に様々のボードゲームのシステムに含まれているもので、この分野では一つの大きなジャンルであるといっても良いと思います。また、「競り」は物理的・心理的な駆け引きを端的に行えるものでもありますので、ゲームのシステムとしては最も適したものの一つといえるかもしれません。
今回も、例によって独断と偏見による『競りゲーム』のBEST5を紹介したいと思いますが、例によって既に過去に紹介したゲームは選考から外すようにしております(『ラー』なんかは『競りゲーム』の殿堂入りといっても良いゲームですからね^^;)。あらかじめ御了承下さい。

第1位:ゴア

20070615221132.jpg第1位は、近年一気にトップデザイナーに登りつめる勢いのあるR・ドーンの代表作『ゴア』です。かつてのインドにおける貿易都市「ゴア」をテーマにしたこのゲームは、前半部分で競り落とした各種のタイルをもとに、後半部分で自分の環境を構築していくゲームで、その『競りゲーム』としての完成度は非常に高く、難易度は若干高めですが、いわゆる『プエルトリコ』のような勝利への道筋がいくつも用意されているので、実際には「何度でもプレイしてみたくなる」系のゲームであるといえるでしょう。ゲーマーズからの評価も非常に高く(何故か日本ではあまりプレイされていないようですけど^^;)、私自身の好きなゲームBEST5に入るゲームの一つです。

第2位:電力会社(新版)

20070615221155.jpg第2位も、近年発表された「じっくり系のゲームw」としては群を抜いた完成度の高さを誇る『電力会社(新版)』です。旧版もそれなりに面白いゲームなんですが、新版の方が圧倒的に人気があります。発電所を競りながら、各都市に電力を供給していくというテーマ自体は何だかよくわからないかもしれませんが(笑)、発電に必要な燃料のマネージメント、発電所の競り、都市の陣取りが実に見事に調和したシステムは見事としか言いようがありません。また、通常版でドイツ・アメリカの2MAPが用意されているほかに、多くの追加MAPが公式・非公式を問わずに発表されていることからもこのゲームの世界中での人気の高さが伺えるでしょう。プルトニウム万歳w

第3位:サンチャゴ

20070615221210.jpg第3位は、月例会でもプレイされた、隠れた名作&必殺の隠し玉ゲーム『サンチャゴ』です。プランテーションタイルを競るのと同時に、一番競りに参加しなかった人がなる「水路の番人」に賄賂をおくる必要があるというシステムが実に完成されたもので、シンプルでいながらもかなり奥の深いゲームといえます。初心者から熟練者まで楽しめる素晴らしいゲームです。是非皆さんにオススメしたいですね♪。

第4位:モダンアート

20070615221221.jpg第4位も月例会でプレイされたゲーム『モダンアート』です。「競りゲーマイスター」R・クニツィア博士の面目躍如の作品で、とにかくありとあらゆる形式の「競り」が楽しめます(それだけでも驚きのシステムですよね^^;)。とにかく毎回レートが異なるので(特に初心者とかがいたりすると・・・w)、どんな名プレイヤーでも「ハマるときはハマるw」悩ましいゲームでもあります。正直私はこのゲーム不得意です^^;

第5位:メディチ

20070615221318.jpg最後も例会でプレイされたゲームからの紹介です。これまたR・クニツィア博士デザインの『メディチ』です。『ラー』&『モダンアート』&『メディチ』がいわゆる彼の『3大競りゲーム』ですが、これら以外にも素晴らしい競りゲームを多数発表しています。まさに彼は「競りゲーマイスター」です。この作品はそんな彼の作品の中でも最もシンプルでかつ切れ味のある作品といえます。素晴らしい仕上がりですね♪
コメント
この記事へのコメント
良いゲームがいつまでも生産されていればよいのですが、なかなかそうはいかないのがボードゲーム業界のつらいところ。発売された後は常に絶版の影に悩まされる。再販、リメイクされれば良いけれど、そういう作品は一握り。これからも絶版前に多くの良作を広めてください。
今回の中の絶版品。ゴア、サンチアゴ(再販、リメイクはあるのだろうか?)
2007/06/16(土) 00:55 | URL | Nim #-[ 編集]
ゲームは一期一会、再販・リメイクの可能性は常にあるけど、それはとても低いというのが現状ですね。

『ゴア』ははじめてゲームをジャケ買いして当たりを引いたw思い出の作品。シュリンクを剥いてルールを読んだ時の衝撃は今も忘れられません(すぐに1人で4人プレイをしてしまったほど(笑)です)。
2007/06/16(土) 10:40 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/62-ba6d3de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。