ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前よりNBGCが一貫して提唱し続けているもの。それは「ボードゲームは複数回遊ぶべきである」ということ。この思いはおそらくどこまで行っても変わりはないと思うけど、では実際にボードゲームって、何回目のプレイが一番面白いのだろうか?

 今までこの点を深く議論しているような記事を見かけたことが無い。もちろん、ひとそれぞれ面白さのツボが違ったり、この趣味に求めているものが違ったり、自由な時間やお金の問題、ケースバイケースだからこそ、答えが出ない問題をあえて考える必要もないという思考のもとで、スルーされてきた面はあるのだろうと想像する。

 繰り返しになるかもしれないが、何回目のプレイが一番面白いかという問題と、ボードゲームは繰り返し遊ぶべきであるという主張には、本来関係性はあまりないだろう。ただ、うっすらとではあるが、何らかの相互関係はあるようにも感じる。ちょっとその辺を探るのも面白そうだと思い、今回コラムで考えてみる。

1.やっぱり1回目が面白い説

 私はボードゲームのレビューはグルメレポートと似ていると思っている。美味しいお店を紹介したい。また逆にまずいお店を紹介したい(犠牲者を減らすという意味でw)。自分の好みを表現したいなどの部分がそっくりだ。

 実生活でもそうだけど、「ここは美味しい」と噂のお店に限らず、「新装開店」など初めて訪れるお店では、お店の雰囲気やこれから出てくる料理への期待も含めて、得も言われぬ興奮というか、何とも言えないドキドキ感がたまらない。

 未知の味への探求心とでもいうのであろうか。一種の冒険感すら感じることもある。

 だから、ここでいうところの「1回目が一番面白い」という意見を持つ人間の思考は、おそらく「上質な味に出会った時の感動」、「新鮮な触感に驚かされた意外性」がその理由の上位に来るであろうことは想像に難くない。

 いわば「知的探究心」を一番刺激される瞬間を優先順位の一番に持ってくるというわけだ。

 これはある程度の趣味に共通する見解ではなかろうか。もちろん「消費型」という面は否めないが、私自身も非常にしっくりくるというか、その感覚は凄く良く「わかる」気がする。

2.2回目こそ面白い説

 個人的には、ここを主張する人も結構存在するのではないかな?と思う。1回目よりも2回目の方がより中身に精通していることから、セッション自体に深みが増すという主張だろう。

 あるいは1回目は、いわばテストプレイみたいなものだという意見すらあるだろう。

 いずれにせよ、ここで行われる作業は「思いだし」と「確認」だ。

 2回目以降のセッションにたどり着いた時点で、我々はグルメリポート的にはいわばリピーターの位置にあるといえる。なぜリピーターになったのかについては、理由は2つしかない。

1.1回目のセッションが面白かった、あるいは2回目以降のセッションに期待が持てたから。

2.1回目のセッションは面白くなかったけど、もう一度確認がしたかったから。

 前者は意外に後半の部分が重要である。単に面白かったからといって必ずしもリピーターになるかといえばそう単純ではない。仮に1回目でその面白さの全貌が分かってしまった場合(極稀ではあるが)、2回目以降に繋がらないケースもある。1回目を踏まえて、2回目以降にも何らかの期待感を持たせるような部分、ここでも知的好奇心を刺激する部分が要求されるのは必然だろう。

 結果、1回目よりもより深くゲームに関われた(る)。これこそが2回目こそ一番面白いと主張する理由ではなかろうか。

 また、これは2の場合にも当てはまる。1回目はあまり面白くは無かったけど、2回目は1回目を遊んでいるという経験から、思いの外ゲームの中身が理解できて面白かったというケースは意外に多くあったりする。

 つまり、一度(軽くでも)経験をすることで、より深く楽しめるようになる。

 これもまた、ゲーム性を有する趣味(スポーツとかでも)全般に、一律に当てはまる真実なのではなかろうか?

3.3回目以降が一番面白い説

 ここまでくれば、あとはもう2回目の理由の強化版であろうことは想像がつく。3回目以降(ある意味最新のセッション)こそが一番深く作品と関われているという説だ。

 「慣れ」こそがその作品の味を引き出す最大の要素であり、精通した先の先が一番面白いというわけだ。

 個人的にはこれも良く分かる。このような作品自体がレアで、おそらく歴史的な名作と呼ばれる多くのものがここに属するであろうことは間違いないが、そういう作品が確かに存在するのも事実であり、それこそがこの趣味最大の魅力と考える人もいるだろう。

 結局この問題は作品によって異なるという結論にならざるを得ないのかもしれない。

 ある意味1回目がMAXで、2回目以降が尻すぼみの作品。

 1回目よりも2回目の方が面白かったけど、それ以降は尻すぼみの作品。

 やればやるほど面白くなっていく奇跡のような作品。

 今までの経験上、色々なパターンがあったし、どの意見もそれなりに説得力があるように感じる。自分の中では最後の説が一番しっくりくるのだが、これも個人差があると思うし、3回目以降といっても、それが実際に何十回もあとまで続くのかと言われると自信が無い(そこまで遊べていないという説もあるw)。

 余談だが、グルメレポートにせよ、ゲームレビューにせよ、大事なのは「レポートする」ということであって、例えば1回目のレポートに価値が無いなんてことは断じてないだろう。もちろん何度も繰り返し遊んだ人の意見に「説得力が増す」のは当然の事だとは思うが、ある意味1回目の新鮮な直感なども貴重なデータといえよう。

 はたしてボードゲームは「消費型」の趣味なのか、そうでないのかに関しては、結構深い議論があるように感じるが、私個人的にはいつまでも3の意見を持てるように頑張っていきたいと思う。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/543-60bf92c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。