ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日はなんと1週間前に急遽開催が決定したゴールデンウィークボードゲーム特例会が開催されました。この特例会はOASE新潟さんとの共同開催だったのですが、なにしろ急な決定でしたので参加者の方々がいらっしゃらないのでは?という危惧を多少抱いてはいたのですが、なんとか卓も立てることができ、また意外なことにいつも以上に濃密なセッションを行うことができました。

お忙しい中参加していただいた皆様。本当にありがとうございました。

クリベッジ
20070430001712.jpgまぁ恐らく参加者の方々が来られるのは午後1時以降だろうなぁ?と思いながらも、一応告知した以上は定時に行かねばならぬと思い12時前に会場入りしましたが、予想通り誰も来ません(まぁ普段は1時からですもんね^^;)。
仕方が無いのでルールでも読んでいようかなと思っていたら、ちゃんと律儀に来ていただいた方がいらっしゃいましたので(素晴らしいです♪)、何か2人用ゲームをプレイしようという事になりました。
残念ながらこの日用意していた2人用ゲームは『クリベッジ』しかないですといったら、『クリベッジ』をプレイしたことはないですがそれでも良いですということなので、インストをしながらお試しプレイをしていただくことにしました。御存知に方も多いかと思いますが『クリベッジ』はトランプゲームの一種で、主に2人用ゲームとして行われます。役やシステムに慣れるのには多少時間がかかるゲームですが、一度覚えてしまえばそのあとはずっぽりとその魅力にはまることができる簡単で良質のゲームですので、まだプレイをしたことがないという方は機会があれば是非プレイしてみるべきでしょう。
今回はお試しプレイだったので、私自身もあまり良く考えずにプレイしたせいもあってか(カード運が悪かったという説もあり^^;)、最後はなんと相手が1点差で届かず(60点ハーフゲーム)、私が奇跡の逆転勝利をおさめることができましたw
対戦相手の方からも「面白いゲームですね」との感想をいただけたので、何よりです♪

大聖堂
20070430001726.jpgそうこうしているうちに、予想通り1時を過ぎるあたりに続々と参加者の皆様が来られたので、私の提案でまず最初に4人で『大聖堂』をプレイしてみることしました。このゲームは巷の評判は非常に良いのですが今一つ私の好みに会わないので、もともと低かったプレイアビリティを少しでも高めようと、全てのイベントカード、特権カード、職人カードに自作でタックシールを貼るというどえらい面倒な作業をしてみました^^;ということで、この日はその苦労を一目見てもらおうかなという、お披露目の意味も兼ねて持参してみたのですが……(笑)。さて実際プレイしてみてどうだったかというと、これが自分でいうのもなんですが、いちいち訳を確認したりすることも無くなりすごくゲームのテンポが良くなったのと同時に、以前に比べてかなりゲーム全体がはっきりとわかるようになっていて、苦労した甲斐はかなりあったと思いました。ゲームの結果はセカンドラウンド6回中4回初手に引かれるという不運!?もありながら、またもや私の圧勝!これで『大聖堂』の連勝記録も更新中なんですが、なんかやっぱりコツとかあるんでしょうかねぇ??あんまり気にしないでプレイしてはいるんですけど^^;

カナルマニア
20070430001735.jpg続いても私の提案で新作(……でもないのですが、私の中では新作です^^;)『カナルマニア』をプレイすることに。このゲームはイギリスを舞台にした運河建設をテーマにしたゲームなんですが、ルールを読むかぎりでは様々な要素がぎゅっと1つに詰まったかのような濃厚なゲームだったで以前からプレイするのを楽しみにしていたゲームの1つでした。ただしこのゲームのボードはイギリスのマップ&地名を元にしていたので、都市の名前の視認性が著しく低く何とかそれを解消できるすべはないかと考えた結果、全ての運河建設計画書に都市の色シールを貼ってみました(何をトチ狂ったか6角形のシールにしたもんだから偉いこと大変でしたけど><)。自分では色シールを貼っただけでもその効果はかなりあったと思うのですが、実際にはいかがだったでしょうか?少しはプレイアビリティが向上していますかね?
実際のゲームをプレイした感想としては、多くの要素が詰まっている分、今回初めてのプレイで私も含めて多くの方がプレイミスを連発し、最後の最後までまで混沌とした中ゲームが進んでいったので、まぁ今回のプレイはかなりテストプレイに近い感じだったかなとは思いますが(笑)それでもこのゲームの面白さは十分理解できたので、機会があったら是非またプレイしてみたいと思いました。イメージ的には(乗車券+蒸気の時代)÷3であまりが出てるじゃん(爆)みたいなゲームですね(わかりづらいって^^;)。

ポートベローマーケット
20070430001748.jpgここで参加者のお1人が夕食休憩をしたいということだったので、その間に短時間で終わるゲームとして『ポートベローマーケット』をリクエストしてみました。このゲームは最近の私のお気に入りゲームの一つでもあるのですが、さすがにこのところプレイが続いているので多少新鮮味には欠け始めてはきました(笑)。それでも今回のセッションでも相変わらずの切れの良さを見せていて、まだまだ暫くは楽しめそうな感じのゲームです。またプレイするたびにいろんな驚きがあるのはゲームとしての完成度が高い証拠だと思います。たしかに途中計算が面倒くさいとか、公開情報のゲームなので考え出すとキリがないとかの批判もあるんでしょうけど、それが全体の出来のよさを否定するほどのマイナス点にはなっていないのが良いところですよね。何度かプレイしてみた感じではズバリこのゲームの焦点は終盤にあると思うので、今後はその点もインスト時に説明していけたらいいかなぁ?と思います。今回の結果はさすがに経験者の私が勝利しましたが、圧勝というほどではなかったので、どこかで甘い手もあったかもしれません。これでまたこのゲームに関しても連勝記録を更新中♪イィ感じですね!

モールオブホラー
20070430001758.jpg続いて参加者の方にお持込みいただいた『モールオブホラー』をプレイ。持ち込んでいただいた方によると多人数でのプレイを推奨という事でしたが、なんのなんの4人でのプレイでも(4人プレイの場合にはプレイエリアのうち1つを未使用エリアとして封鎖します)全然切れ味があって面白いゲームですよコレ!!1?6のサイコロの目に対応した場所に分割したそれぞれのエリアにキャラクターコマを逃げ込ませるのですが、それぞれのエリアにゾンビがワラワラとわいてきては襲いかかってきます。まるで映画『ゾンビ』の雰囲気をそのまま味わえるかのような良質のイラストやフィギュアは最高です(できればプレイヤーのコマもフィギュアにして欲しかったですけど^^;)。エリアの中にいる人数と同数以上のゾンビに囲まれると襲われたことになり、ゾンビに犠牲者として生贄を1人差し出さなければならなくなります(爆)。なんて酷いゲームなんでしょう(笑)。最後はどんどん人数が減っていって合計が4人以下になるか、はたまた一つの部屋に全員が集まったらゲーム終了となるのですが、今回のセッションでは残り5人で既に安全なエリアは1つだけ、しかも定員は3人。私のプレイ順は4番手・・・(泣)。当然のごとくイス取りゲームに敗北した私は「お願い助けて?!部屋に入れて?!!」とお願いしたにもかかわらず無残にも一番危険な駐車場にはじき出されることに(爆)。しかしこの時点で残り人数は4人以下になることが決定しており、わたしの残りキャラである「女性」は「ゾンビを1匹おびき寄せる」というとんでもない能力を持ちながらもw生き残れば高得点なので、もし仮にこの時点で駐車場にゾンビが現われなかったら、手持ちのピストル(アイテム:ゾンビを1体破壊)で自動的におびき寄せるゾンビを倒して勝利を獲得することができたのですが、無常にもゾンビの登場箇所を決定する4つのサイコロの目に一つに4(駐車場に対応する目)が・・・。つまり都合2匹のゾンビが駐車場に現われ、あわれ女の子はゾンビの餌食に・・・(1体は撃ったのに><)。いやぁ?全然馬鹿ゲーじゃないですねコレは、面白いっス(いや馬鹿ゲーかw)。

ブラフ
20070430001807.jpgそして締めは軽く『ブラフ』をプレイすることに。4人なんでサイコロ7個持ちという状態でスタートしてみましたが、何故か上家の方がダブルアップとか(笑)、トリプルアップとか(爆)かなりムチャなビットをしてくるので(おそらく期待値とかが良く理解できていなかったのかと思われますが・・・)、1戦目はとりあえず上家にはブラフをかけないという信念でプレイして惨敗(そりゃそうだ^^;)。時間があったので2戦目をプレイすることになり、今度は全く容赦しないモードでプレイ(おいおい^^;)。まずは上家を早々に飛ばして、最後は下家と決戦に。かなり良い目を振れたので最後は余裕の勝利でした♪『ブラフ』は名古屋時代にはゲームの例会という例会でかなり頻繁にプレイされていたのですが、新潟ではそれほど頻繁にはプレイされていない感じがします。これもまた地方によって盛んなゲームとそうでないゲームとの違いなのかなとは思うのですが、『ブラフ』は大好きなゲームなので、新潟でも流行らせたい気持ちはあります(笑)。何度もいいますがこのゲームは嘘が上手な人が勝つのではなくて、星の目を振る人が勝つゲームです(爆)。ってこのこと自体が嘘っぽいですけどね^^;


さて、この日はそれほど多くのゲームを用意したわけではなかったのですが、それでも少数精鋭というのでしょうか、どのセッションもかなり盛り上がったので非常に充実したゲーム会になりました。たまにはこうしたノンジャンルで各自がプレイしたいゲームを持ち寄ってプレイするスタイルのゲーム会も良いものですね。

次回のNBGCの月例会は再来週の5月13日を予定しております。例によって会場はまだ新津ですが、皆様の御来場を心よりお待ちしております。それでは次回の月例会でお会いいたしましょう。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/52-f19b81db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。