ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 だいぶ更新が遅れましたが、先月の終わりに久々にNBGCの月例会を開催しました。サークルサミットを間に挟んでいたので、実質的に2月以来という感じでしたが、いつもの常連さんに加えて新しいお客様もお迎えすることができ、終日楽しいゲーム会となりました。

お越しいただいた皆様

<笠谷さん、じゃんさん、スギハラ、だすとさん、野田さん、はやるさん(旧:安達さん)>

 久々の月例会でいろいろと忘れ物がひどく、会場の外に貼る張り紙から得点記録用紙まで結構なダメダメっぷり><今回は自分が参加した卓に関しては順位のみ、他の卓に関してはコメント待ちとさせていただきます(笑)。コメントがなければ参考試合ということにします。

sRIMG0002.jpg

sRIMG0004.jpg

 ちなみに用意させていただいた作品は、少し気合を入れて「本年度のすべらない作品」ということで、私自身が今年度プレイした中でも特に面白かった作品と、あとはまだ消化しきれていない面白そうな新作を少々といった感じでした。

ワードバスケットキッズ


sRIMG0003.jpg

 まずは最近絶賛ヘビロテ中の『ワーバスキッズ』ですね。かなり難易度が下がっているので、もともと苦手な人でもかなり遊びの輪に入りやすくなっているのが良い感じ♪一応大人なので「ワイルド系」のカードで上がるのはなしというルールを採用してますが、オリジナルよりも展開が早くて盛り上がります。個人的には2セット買って合わせてプレイするのが良さそう。その内もう1個買おうかな。

結果:勝敗関係なしで盛り上がりました。

D&Dウォーターディープの支配者たち

sRIMG0005.jpg

 続いてはリクエストが入ったので、先週じゃんさんに遊ばせてもらって非常に面白かったから即買いした『ウォーターディープ』をフルの5人でプレイ。かなりシンプルな「ワーカプレイスメント」で、特に目新しい感じとかもないのですが非常に良いバランスでまとまっているのが好印象。正直もう雨後の竹の子みたいにたくさんの作品が出たシステムですが、今更感をさしおいてでも遊ぶ価値がある秀作です。一部コンポーネントの面で不満も残ることは残るのですが、初プレイでもすんなり入れる敷居の低さは特筆ものでしょう。最後は大接戦ではやるさんが勝利!その前に「潜在的にタカハシさんの方が~」と言われて妨害されたのが痛恨で、私は最後届かず2着(確かに妨害されなければ勝利してました^^;)。かなり苦しい状態からの2着でしたので、個人的には良いプレーだったと自負してます。

1位:はやる 2位:タカハシ 3位:じゃん 4位:スギハラ 5位:野田 (敬称略)

村の人生

sRIMG0006.jpg

 続いては2卓に分かれて、こちらは新規のお客様のだすとさんを交えて『村の人生』をプレイすることに。これまた最近プレイしてなかなか面白かったことから購入した作品。今年の年間ドイツゲーム大賞エキスパート部門ノミネートということで、結構以前から注目されてはいたのですが、事前にルールを読んだ感じではちょっと?だったので避け続けていたタイトル。やはり実際に遊んでみないと面白さってのはわからないものです。さて、独特のプレイ感があるこちらの作品。なかなか馴染むまでは時間がかかるかもですが、「ワーカプレイスメント」では非常に重要な「ワーカー」自体をマネジメントするという新機軸がとても新鮮でテーマと良くマッチしてます。その独特のプレイ感が多少気持ちが悪いですが(笑)、戦略性も豊富でバランスも取れており、ノミネートも納得の1品です。これまた最後は接戦の大熱戦でした。

1位:タカハシ 2位:スギハラ 3位:笠谷 4位:だすと (敬称略)

エアーショウ:はやるさん持込み

sRIMG0007.jpg

 一方のこちらははやるさん持込みの『エアーショウ』ですね。自分の飛行機を飛ばすというなかなか夢のあるテーマということで、そんなテーマに魅かれた新作好きのじゃんさんと野田さんの3人でプレイ。肝心の中身に関しては未プレイにつき詳細は不明です。

結果:不明(コメ待ち)

リサイクル

sRIMG0009.jpg

 まだ昼休憩までは時間があったので、調整で『リサイクル』をプレイ。誰でもすぐに理解できるルールと、強烈なまでのジレンマ、はったりの要素も多くなかなかにテクニカルなカード競りゲームですが、今回は序盤で5点カードを、はったりかましてたったの1枚で手に入れた私がリード。最後に眠っていた別の色の5点カードに対して9枚カードを提示した相手を10枚で破っての完勝劇。「おみそれしました」といわせたのが痛快でした♪

1位:タカハシ 2位:だすと 3位:笠谷 4位:スギハラ (敬称略)

ヴォーパルス:じゃんさん持込み

sRIMG0008.jpg

 こちらも昼までの時間調整で『ヴォーパルス』をプレイ。以前別のゲーム会でプレイさせていただいて、その時に思ったのは、巷での人気ほどは面白くないかなぁ~ということ。もともと「ドラフト」というシステムはそこまで盛り上がらないシステムだと認識しているのと、結構「メタ」がありそうだったのが残念な感じ。『世界の7不思議』にインスパイアされたという点については、むしろ『7不思議』よりも面白いのでは?と思わせる魅力ある作品だと思うのですが、個人的な相性はそうでもなかったですね。今回のバージョンは拡張入りとかなのかな?

結果:不明(コメ待ち)

ハワイ

sRIMG0010.jpg

 昼からは再度卓分けをして、こちらは今年の大定番『ハワイ』ですね。すでに「ワイハー」としか呼ばれないこちらの作品(笑)。さすがに戦術がある程度決まってきたこの作品を熟練者3人に挟まれて初プレイするだすとさんにはキツかったと思いますが、セッション後の感想としては楽しめたということですので、次回以降のプレイに今回の経験を生かしてもらえると幸いです。今回はマップの構造から、「槍」プレイが有力な候補。その「槍」プレイからバランス型に入るスギハラと、同じく「槍」と「船」を巧みに使うはやるさんが大きく先行する展開。その両者に巻き込まれまいと、地味に「果実」プレイに終始する私。今回は「船」には一切手を出さない方針に決め打ちしていたのですが、その徹底ぶりが最後に生きてきて果実とダンサーの大量得点で一気に逆転勝ち。とがりを抑えずにいけたのが勝因でした。

1位:タカハシ 2位:スギハラ 3位:はやる 4位:だすと (敬称略)

アグリコラ(プレミアム拡張入り):笠谷さん持込み

sRIMG0012.jpg

 一方のこちらは『アグリコラ』のプレミアム拡張セット入りですね。コンポーネントが格段に良くなるのと、各種の追加カードがかなり面白そうな感じ。個人的にかなり興味があったのですが、セッションに加われず残念です。ちなみに今回採用したエイリアンのカード(ルール)はちょっと微妙だったとのこと^^;詳細は不明ですが、あまり効果的にゲームに組み込んでこなかったとのことです。まぁ基本的に『アグリコラ』の追加カードとかはそんなものだとは思います(笑)。じゃんさん曰く、むしろ『泥沼からの脱出』の方が良いかもとのこと。ふむふむ参考になりますな。

結果:不明(コメ待ち)

北極点

sRIMG0011.jpg

 『アグリコラ』がまだ少し時間がかかりそうということで、こちらは調整で『北極点』をプレイすることに。実はルールをよく読んでいないんですけど、バネストの中野さんのおすすめマーク付いていたのでたぶん面白いと思います。是非テストプレイになるかもですけどお付き合いください♪と前置きしてのプレイ。ところがルールを説明している段階で「これは面白そうだ!」という絶賛の声があちこちから上がります。実際非常に単純なカードを使ったレースゲームなんですけど、かなり唸らされるというか、セッションの最中にも色々と気づかされることが多い作品で、みんなニヤニヤ感が止まりません(爆)。目の前の氷を割られて遠回りを余儀なくされたり、山札からのカードの引きに賭けて涙を流したりと、とにかく盛り上がりました。実際のセッションは一人孤独なルートを突き進んだだすとさんが大逆転で勝利!ペンギンの意地にかけて最下位争いまで戦うべし!とルールブックに書かれているので、スギハラとの熾烈な最下位争いも白熱。十重二重に張り巡らした保険の全てに裏切られるしょぼいカードの引きに泣かされた私がトップから一気に最下位のしょぼーんな結果><それでも久々に最下位争いまで楽しめるレースゲームでした。さすがばねさんのオススメはすべらんなぁ~♪

1位:だすと 2位:はやる 3位:スギハラ 4位:タカハシ (敬称略)

乗車券アジア

sRIMG0013.jpg

 続いては再度卓分けで、こちらは『乗車券シリーズ』自体未プレイですというだすとさんのために『乗車券アジア』をプレイ。まずは『乗車券』の基本的なルールと、このアジア拡張で登場する追加ルールを説明してのセッション。それぞれかなり順調にルートを確立してく感じでしたが、やはり中央路線により列車駒を置けた私がリード。駒の減りが他のプレイヤーよりも早かったので、さくっと終了トリガーを引いて圧勝。う~んやはりこの拡張は中央が強い感じしますね。初見ではなかなかわかりづらいメタがあるようですとちょっと辛い感じ。ルールとしては今までの拡張の中では一番気に入っているだけに残念。

1位:タカハシ 2位:野田 3位:だすと (敬称略)

ローマの執政官:じゃんさん持込み

sRIMG0014.jpg

 こちらはじゃんさん持込みのカワサキさんの新作『ローマの執政官』ですね。カワサキさんはたぶん今のところ日本で唯一のオリジナルで面白い(海外レベル)のボードゲームを作れる方かなと。こちらの作品もしっかりと唸らされるシステムが搭載されているとのことですが、肝心の中身に関しては少し難しい感じだったとのこと。それでもきちんとゲームとして成立させているだけでも凄いですね。

結果:不明(コメ待ち)

男爵達

sRIMG0015.jpg

 『乗車券アジア』がかなりあっさり終わったので、時間調整で『男爵達』のテストプレイをしていただくことに。なかなかに意欲的なシステムのカードゲームでしたが、正直何度か繰り返しプレイしないと面白さがわからないタイプの作品で、ちょっとテストプレイ色が強すぎましたね^^;個人的には相当熟練したプレイヤー同士でも、面白さがわかってくるのは5回目以降のプレイくらいかな?と思えるほどの大器晩成型の作品だと思ったので、一般向けには全くオススメできない作品だと思いました。ポテンシャルは感じるんですけどね><

勝ち:タカハシ 負け:だすと&野田 (敬称略)

ブロッカーズ

sRIMG0016.jpg

 締めは残った5人で『ブロッカーズ』をプレイ。私自身意外にも5人でのプレイは初めて。そして5人だとまた新しいプレイ感を味わえることがわかって驚きのセッションでした。初プレイながらこういう作品大好き♪というスギハラが結構良い感じ。ルールをしっかり理解してきっちり勝ちきってましたね。『アップタウン』と何が違うの?とスギハラに聞かれて、ルールやコンポートの面でこれこれこういう点が違うと説明すると、彼的には圧倒的に『ブロッカーズ』推しとのことでした。まぁその辺も好みですけどね^^;

1位:スギハラ 2位:笠谷 3位:タカハシ&野田 5位:だすと (敬称略)


 ということで、時間一杯まで楽しんだ月例会でした。

 次回は8月下旬を予定してます。また是非御参加下さい♪byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
アグリコラ(プレミアム入り)
タカハシさんへ
今回はXデッキ入り、いわゆるエイリアン環境でした。

得点及び順位は、一位:じゃんさん45点、二位:私 38点、三位:野田さん 37点でした。

終盤でじゃんさんがXデッキから引いた「私がパパよ」カードで、私の産まれたばかりの4人目の家族が持っていかれたのが痛かったですね。
(代わりにもらった資源で石の家には改築できたのですが)

Xデッキ自体は、第二ステージ以降の石材1アクションに伴って引かれるので、1ゲームに3~4枚くらいの登場になるでしょうか?
タイミングによっては無効な場合もあるので、ちょっとしたアクセントとして利用するんでしょうね。
今回はモロに影響されてしまいましたが。
2012/07/13(金) 21:03 | URL | kasaya #-[ 編集]
詳細コメありです♪
家族をミューテーションされるとは恐るべし^^;
2012/07/17(火) 12:48 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/491-bc06654b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。