ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく最後の寒気も去り、今年はその役目のほとんどを果たすことができなかったスタッドレスタイヤを普通タイヤに交換をすることができたので、この日はドライブがてら「長岡ボードゲーム愛好会」さんの月例会に参加しに行くことにしました(笑)。

以前から「長岡ボードゲーム愛好会」というボードゲームサークルの存在は知ってはいたのですが、なかなか足を運ぶ機会に恵まれず、今回初めて御挨拶に伺うことができました。また、参加を思い立ったのが前日の夜中だったということもあり(笑)、予め御連絡を差し上げることができず、当日飛び入り参加となってしまい心苦しい感じではあったのですが、これまた快く参加をさせていただくことができ、おかげさまで非常に楽しい時間を過ごすことができました。

バンジー
20070326021603.jpg途中多少道に迷いながらも^^;2時間近くかかりながらようやく会場にたどり着いたら、テレビで地震の報道をしていました。そういえば家を出たすぐ後ぐらいに信号待ちでやけに車体がガタガタ揺れるので「しまったタイヤ交換をミスったかな?」と多少ドキドキしていたのですが、どうやらちょうどそのとき地震があったみたいですね。中越地震ほど被害は出ていないようですが、やはり地震は怖いですよね。ってゲームの話とは関係ない方に脱線してしまいましたね(笑)。会場に着いたらちょうど4人で『通路』をプレイされている最中でしたので、まずは見学と御挨拶をさせていただきました。その後すぐに『通路』のセッションが終了したので、5人でプレイできるゲームを選んでいただき(事前連絡しなかったのでゲームの選択の幅が減ってしまい大変申し訳ありませんでした><)、まずはメビウス便の新作カードゲーム『バンジー』をプレイすることに。ルールのインストでも説明されたとおり、多人数簡易ジンラミーといった感じのゲームでした。カードをプレイしていって一定の数以下になったら「バンジー」と宣言(ジンラミーでいうところの「ノック」ですね)するのですが、やはり多人数という事もあってか、かなりカードの引き運に左右されすぎな感はありました(ラミー特有の駆け引きがほとんどないです^^;)。アイデアは面白いのですが、ちょっと失敗かなとは思いました。

オーナーズチョイス
20070326021712.jpg続いて、近年『シャドウハンターズ』という多人数ゲームではかなりの水準のゲームを製作し注目された日本のゲームメーカー「ゲームリパブリック」さんの期待の作品『オーナーズチョイス』をプレイすることにしました。このゲームに関しては、かなり期待していたのですが、ちょっと期待しすぎたのでしょうか、ゲームをプレイした感想としては、前作に比べるとかなりその水準は低くなってしまっていると感じました。株式ゲームとダイスゲームをミックスさせるというアイデアを思いついたときは、きっと「いける!」と思ったのでしょうけど、やはりかなり雑なシステムといわざるをえません。まぁ雑というよりかはマネージメントゲームなのにマネージメントできないといった方がよいでしょうか・・・。もしかしたらマネージメントゲームではなく単なるダイスゲームなのかもしれませんが^^;もしそうなら題材を株式にしたのが失敗だったと思います。まず1回目のプレイでは何をすればよいのかがほとんど不明ですし(まぁわかったところでダイス次第ですからそんなに大差はないとは思いますがw)、かといって何回もやりこむほど奥が深いシステムでもありません。ただよくよく考えるとシステム全体は決して悪いものではないと思うので(一応ゲームとしてはギリギリ機能していると思います)、もう一ひねり練りこんでゲームを作って欲しかったと思います。次回作に期待したいと思います。

ロケットビル
20070326021733.jpg続いて、アバロンヒル社の(一応)選挙ゲームw『ロケットビル』をプレイしました。ボード上にある36箇所のマスをカードを使って陣取りし、それぞれ区画されたエリアごとの多数を判定して得点を獲得するというかなりオーソドックスなスタイルのゲームです。今回はマックスの5人プレイという事で、通常以上にカードの引きに左右されたようで、ほとんどゲームに参加できなかったプレイヤーもいました。まぁコツというか、たぶん特定の色付きのカードの総数が少ないので、どこか一色を集めてカウンティングできればかなり有利にゲームを進めることができるのと、やはりロボットカードが基本的に強いということは始めてのプレイでしたが理解できました(といってもやはりカードの引きがほとんど全てですのでそう上手くいくことのほうが難しいと思いますけど^^;)。また特殊ルールというか追加ルール(毎回1つ追加)がいろいろあるので毎回違った展開を楽しめるのでしょうけど、もう一つ二つルールを増やせばもっと面白いゲームになるような気がして、ちょっともどかしい感じがするゲームでした。オーソドックスな陣取りゲームですので個人的に嫌いではないタイプのゲームなんですけど、やはり少し深みがないというか(その辺は好みの問題でしょうけど)手応えは非常にライトでした。

リミット
20070326021752.jpgここで小休止というか、軽いゲームということで長岡式『リミット』をプレイすることになりました。たしか以前にプレイしたことがあったと思ったのですが、何故かルールをほとんど忘れていたのであらためてインストしていただきました(といってもインストするほどのルールでもないですけど^^;)。そして通常のルールと違うのは、長岡式では全ての捨て札を公開情報にするというものでした。これはもともと最初のプレイ時に上記の間違ったルールでプレイしてしまったところ、どうもそっちのルールのほうが面白いぞ!ということになり、ある意味「怪我の功名」的に誕生したものだそうです。たしかに作者のローゼンベルグには悪いですけど、公開情報のほうが面白いです(そうそう確か以前は「これは記憶ゲームだなぁ?」という印象がありました)。記憶の要素をあえて省くことで、単純なブラフゲームになるのですが、その単純さの方が切れ味があってイイ感じです♪これは非常に良い経験をさせていただきました。肝心のゲームのセッションの方ですが、やはり対戦する相手が初めての方たちばかりでしたのでなかなか心理戦をうまく制することができませんでした。それでも勝ち負けは別にして非常に面白かったです。このゲームに関してはまた長岡式で是非再戦してみたいですね。

ゲシェンク
20070326021806.jpg続いてもカードゲーム『ゲシェンク』をプレイすることに。このゲームも単純ですけど非常に良くできていると思います。3?35までのカードのうちあらかじめ9枚を除いた残りのカードを競り合うのですが、基本的に全てのカードはその数値がマイナス点なので、できるだけ低い数字を効率よく獲得するのがコツなのですが、俗にいう間チャンを好む人とそうでない人で戦略が変わってくるゲームです(笑)。私は基本的に徳の少ない人間ですので(爆)、間チャンを狙うとまず間違いなくその間チャンは最初に除かれた9枚に含まれています^^;、したがって間チャンを狙うことはほとんどありません。今回のセッションでもことごとく間チャンを嫌ってプレイしたのですが(途中まではかなり良い感じだったのですが・・・)、立て続けに他の方の間チャンが埋まってしまい(皆さん徳があってよいですね?^^;)ジ・エンドでした><。まぁ軽いゲームなんでそれほど深く勝敗を気にするほどでもないのですが、途中1回ほど甘いプレイがあったので少し反省してます(やはりどんなセッションでも反省することは重要です)w。

トランスアメリカ
20070326021820.jpg続いてこれまた軽い多人数ゲームの定番『トランスアメリカ』をプレイしました。とりあえず毎回線路を引くのでゲームに参加している感があって初心者でも非常に楽しめるゲームですが、反面勝ち負けのコツがわかりづらいので(一応、基本的には他人に線路を繋いでもらう方が有利なので、トップ目の人は孤立させるとか、自分から他人の線路に繋ぎにいかないとかあるのですが、実際にはなかなか実行するのが難しいのが現状です^^;)、あっさりゲーム終了となるケースが多いのが評価の分かれるところでしょう。この日のセッションでも、特定の方が3連続で最初に目的地到着を達成してしまい、私以外の方はすごい勢いで海に突っ込んでいってました(笑)。まぁ3連続はカードの引きが良かったのもあるでしょうけど、全員ノーマーク過ぎな感はありますね^^;このゲーム、実は濃いメンバーでプレイするとかなり熱いゲームなんですが、その場合プレイすると非常に疲れます(爆)、ヨミが半端ない人達とプレイするのは精神的によろしくないので皆さん避けましょうね^^;「気軽に楽しく♪」がゲームの基本ですから。

ポートベローマーケット
20070326021840.jpg続いて4人でこれまたメビウス便の新作『ポートベローマーケット』をプレイしました。ルールを読んだ感じだと非常にライトな感じでいながら奥の深そうなシステムでもしかしたらかなり面白いゲームかもしれないと期待させるものでした。そして実際にプレイした感じでは、予想通りかなり手応えのあるゲームでした。手番的に最後だったので(この日はジャンケン全敗><)、結果的にかなりしゃがんだプレイとなってしまいました(最後の3手番前までの獲得得点は、初期得点のままの「10点」でしたw)。がしかし、そこから最後の残り2手番で獲得した得点は、なんと「84点」!。「貴族」パワーが炸裂したことによりディープインパクト並みの(爆)怒涛のまくりで大逆転勝利でした♪まぁ今回は全員が始めてのプレイでしたので今回のような大逆転が生まれましたが、全員がこのゲームに慣れてくればこのような事態は決して起こらないとは思います^^;私自身途中でかなりプレイミスをした印象もあるので是非ともまたプレイしてみたいゲームです。まだまだ奥が深そうなゲームなんですけど、ルールはいたってシンプルですし(ただ、考える要素は多いのでダウンタイムは多少長くなることになりそうですが)、展開も早いのでこれはひょっとしたらひょっとするゲームかもしれません…。

郵便馬車
20070326021859.jpg締めはこのゲーム、私自身プレイすればするほどその面白さがわからなくなってきている(笑)昨年の年間ゲーム大賞受賞作『郵便馬車』です。なんなんでしょうね。私個人的にはゲームの面白さが理解できないことって少ない方だと思っているのですが(どちらかというとどんなゲームでも面白いと思う性質かと…)、このゲーム関しては一体全体何が面白いのかがさっぱり理解できません。今回のセッションでもカードのめくり運が非常に良く、かなり有利に展開できた結果、2位以下に大差で勝利することができましたが、「だから?何?」といった印象の方が強いです。勝っても面白さが理解できない状態なのでこれはかなり重症ですね><。だれかこのゲームの面白さを説明して欲しいです。余談ですが、某名古屋のゲーマーの方はこのゲームの地名を全て名古屋バージョンに変更したそうです(爆)カードも変更したとなればすごい労力ですね。たしかに発表当初からドイツ(語)の地名はわかりづらい(判別しづらい)という意見は聞いたことがありますが、そこまでやるとは……ホント御苦労様です^^;

さて、この日は都合8つものゲームをプレイすることができ非常に充実したゲーム会となりましたが、主催の方には途中で5人用のゲームを取りにいっていただくなど御迷惑をかけまくってしまって大変申し訳ございませんでした。また一緒に楽しくゲームのセッションをしていただいた他の参加者の皆さんにも感謝×3です♪。やはり長岡は結構遠方ですので、なかなか定期的に月例会に参加をさせていただく機会は少ないとは思うのですが、同県内での同じ趣味をもつサークル同士、これからも何らかの交流がもてればこれ幸いと思っております(僭越ながらリンクを貼らせていただきました)。是非機会がございましたら当サークルの月例会にも御参加下さいませ。どうもありがとうございました。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/45-eefd3007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。