ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 連休ど真ん中の日曜日は、OASE新潟さんの10月月例会でした。秋晴れのとっても清々しい午前中から、いつもの常連さんを中心に集まったのですが、約2年ぶりにかつての常連さんだったYさんがお越し下さるサプライズ(!?)もあり、とても楽しいゲ-ム会となりました。

SFヒットマンガ

1.SFヒットマンガ

 まずは、人の集まりあまり良くなかったので、ある程度揃うまで時間調整でAさん持込みの『SFヒットマンガ』をプレイすることに。

 基本ル-ルは『いろはカルタ』と同じなのですが、面白いのは読み札&取り札ともにSFマンガの1コマが書かれており、セリフ部分が空白になっていることです。詠み人は交代制なのですが、その空白になった部分のセリフを創作し、札を取る側は詠み人がいったいどの札に対してそのセリフを入れたのかを想像して取ります。

 あまり凝ったセリフを言ってしまうと、全員間違った札にお手つきしてしまい、誰も札が取れなかった場合は詠み人は「連載終了(打ち切り)カ-ド」を取らされてしまいます(ゲ-ム終了時にマイナス点)。これが3枚取られたら強制的にゲ-ム終了になってしまうので、なるべく分かりやすいのがベタ-なのですが・・・

 今回は4人でのセッションでしたが、凝ったセリフになってしまったり、複数の札に当てはまるようなあまりにも汎用性がありすぎるセリフだったりして、全員お手つき連発であっという間に打ち切り3発で終了(笑)。結局素直にわかりやすいセリフを付けた私が僅か1点で勝利するというなんとも情けない結末でした^^;

1655教皇選出

2.1655教皇選出

 続いては、まだ2卓に分かれるには人数が少なすぎたので、続けてやはりAさん持込みの『1655教皇選出』をプレイすることに。バネストさんで発売されていて気になっていたタイトルでしたから、これは楽しみ♪

 いわゆる「コンクラ-ベ(教皇選出)」をテ-マにした作品で、ゲ-ム終了時にもっとも多くの票数を獲得したプレイヤ-が新しい教皇を選出し勝利するという内容なのですが、基本カ-ドゲ-ムでありながら色々な要素が詰まっていてなかなかのボリュ-ムがある佳作でした。

 毎回各プレイヤ-は0~3個の宝石を握りしめ、様々なカ-ドを競り合います。単純に票数を伸ばすもの、特殊な能力を発揮する人物、アクションカ-ドに宝石の数を増やすものと、結構複雑に見えるのですが、メカニズムは非常にシンプルで分かりやすく、テンポも快適です。他のプレイヤ-との絡みの部分も強く、これはなかなかに歯ごたえがあって楽しめました。

 ただし、ゲ-ムの最初から最後まで基本的にはこの「握り合い競り」を繰り返すだけなので、その辺はあまりにも単調過ぎるきらいはありますが、単調な方がかえって誰でも楽しめて良いともいえるので、私の中では許容範囲内でした。実際のセッションは最終局面で私に攻撃を仕掛けてきたプレイヤ-がいたので、結果トップを叩くことができなくなってしまい惜敗。このゲ-ム、マルチ性は結構高そうですね。

ビザンツ

3.ビザンツ

 ここで7人揃ったので2卓に別れようとしたのですが、いつものウォ-ゲ-ム同好会のお二人が午前中は対戦をプレイしたいという希望が出たので、残った5人は悩んだ末に『ビザンツ』をプレイすることに。

 独特の競りゲ-ムであるこの作品。メカニズムが非常に良くできており、何人でプレイしても面白いという汎用性の高さが魅力なのですが、今回は数年ぶりにゲ-ム会へ復帰なされたYさんのリハビリも兼ねてのセッションでした。

 前半のカ-ドか、後半のカ-ドか、手札に持っている他のカ-ドとの絡み具合とか実に様々な面で頭を悩ます局面が多いので、リハビリには少々きつめだったかもしれませんが^^;まぁリハビリなんですから多少強引にでも脳を刺激してあげないとね(笑)。

 今回は私の上家、リハビリYさんの下家という絶好のポジションを確保したNさんが、序盤から効率良くカ-ドを得点化して勝利!常に前半のカ-ドで早降りし続けた私は、結構良い感じで点数化できたのですが、やはり後半まで粘った方が良い局面が何度かあって、その差で2着でした。私が降りた後に4のカ-ドを競りに捨てるなんて酷過ぎます><

ボ-ナンザ

4.ボーナンザ

 続いては、久々に『ボ-ナンザ』ですね。『アグリコラ』作者のロ-ゼンベルグがカ-ドゲ-ムマイスタ-と呼ばれていた頃の傑作交渉ゲ-ムです。

 プレイヤ-は自分の畑に豆を植えるのですが、手札の順番は一切変更してはいけないというル-ルが秀逸で、どうしても手札を調整するために他人と上手に交渉しなければなりません。本当であればいらないカ-ドをいかに相手に恩着せがましく渡すか、また逆に引き取るかの腹黒い駆け引きが最高ですね(爆)。

 また基本的に少ない枚数でコインへ変換できる、いわゆる「6豆」、「8豆」と呼ばれるカ-ドは強いので、そういった豆を畑に植えたプレイヤ-とは極力交渉を避けるのがセオり-なのですが(持ちかけても足元を見るとか)、なかなかその辺の感覚は分からない方が多いので、結局今回のセッションでも「6豆」、「8豆」、「10豆」と強力な豆を上から順にコインへ変換していたNさんが圧勝!少しばかり交渉が甘すぎましたね^^;

百科審議官

5.百科審議官

 午後からは3-3の2卓に分かれて、こちらは『百科審議官』ですね。もう何度プレイしても飽きがこないワ-ドゲ-ムの傑作です。

 今回はなんでも吸い込むブラックホ-ル状態のNさんと、かなりはじくI君との狭間でなかなか得点を重ねるのに難儀しました^^;それでも最終的には何とか10点取って勝利♪各人の隠しテ-マは以下の通りです。

私「時代劇に出てくるもの」
Nさん「複数存在するもの」
I君「ダイヤル(状のもの)が付いているもの」

「月夜」、「雨」までも吸い込んだNさん。まぁそういう個人の判断のあいまいさもこの作品の面白さの1つなんですけどね^^;

サンクトペテルブルグ

6.サンクトペテルブルグ

 出がけにちょうどバッグに入りそうな作品として適当に選んだ『サンクトペテルブルグ』。しかし主催者サイドも持ち込んでおりまさかのバッティング(笑)。まぁそれならプレイするしかないですよね^^;

 かなり中毒性の高いこちらの作品。シンプルなル-ルで拡大再生産を表現した作品としては過去最高レベルといっても良いでしょう。結構テクニカルな部分も多かったりするので久々にプレイすると腕の鈍りを痛感したりします(笑)。

 序盤で強力な貴族が建ったので、これは楽勝だなとタカをくくっていたのですが、天文台の引きがいまいちでどうも波に乗れず、一方で建物で押すNさんのリ-ドは広がる一方。何とか拡張で追いすがるも最後は貴族ボ-ナスいかんでの勝負にもつれこむことに。

 しかし、ここで下家のKさんに大チョンボが発生。最後に貴族の収入があるので、本来であれば自分に必要がなくてもトップを潰すために貴族カ-ドは押さえなければならないのに全スル-。まぁ大逆転のためには最終の拡張で貴族の種類を増やす以外になさそうだったので、私自身も仕方なしとみてましたが、セッション後の反省ではどうも単なるミスプレイだったようでしたね^^;

 結局私自身も計算ミスで1金足りず、手札を1枚余らせる凡ミスを犯し(久々だなぁ~このミス^^;)、前述の貴族ボ-ナスで逃げ切る作戦も結果追いつかれてしまいジ・エンド。勝てた試合をみすみす落としてしまいました><

ヴァンパム

7.ヴァンパム

 続いては『ヴァンパム』ですね。他人をバッサリと切り落とす切れ味満点のカ-ドゲ-ム。インディアンとの物々交換をテ-マにしているのですが、点数を取りに行く場合と、カ-ドを補充する場合のハンドマネ-ジメント部分が非常に巧みにデザインされていて、他のプレイヤ-の動向を気にしだすととたんにジレンマが豊富な作品へ変化する隠れ傑作ゲ-ムです。

 今回はリハビリ中Yさんを交えた3人でのプレイでしたが、「どうやったら勝利へ近づけるのか全く見えません><」というYさんの嘆きは確かにそのとおりで、独特のしゃがみ方を要求するこちらの作品は、なかなか掴み所がないかもしれませんが、何度かプレイすればかなりクリアに見えてくると思います(本当か?^^;)。

 脚を貯めて、一気に放出を狙うか、相手の効率の良い交換を上手く阻止しながらコンスタントに得点するか。さすがに最後は経験者である私が、一日の長部分を出して勝利を収めましたが、なかなかに接戦で良いセッションだったと思います。

ミドルキングダム

8.ミドルキングダム

 続いても同じメンバ-で『ミドルキングダム』をプレイ。リメイク職人T・レ-マンデザインのパワ-アップ版『はげたかの餌食』ともいえるこちらの作品。非常に豊富な戦略性の高さが売りの作品です。久しく眠っていたのでこの日の朝に棚から堀り出してみたのですが、ちゃんとプレイできて幸いです。

 お馴染みのバッティング競りで人物カ-ドを集めていき、各種2枚以上集めると最多保有者には色々な特権が発生するのですが、それよりも強力なドラゴンカ-ドは「特権カ-ドを最も保有しないプレイヤ-の元に舞い降りる」というル-ルが秀逸。

 その結果必ず勝敗の行方が混沌とするようにデザインされているのが見事ですね。今回は終盤にドラゴンが舞い降りたI君が、カ-ドの捲りにも助けられ怒涛のラッシュを決めて素晴らしい勝利を挙げました。私自身は終盤にドラゴンに逃げられたのが最後まで響きました。1・2枚の差で勝敗はひっくり返っただけに、悔しい敗戦です><

アレキサンドリア

※画像なし

 最後はNさんにお願いして自作ゲ-ムのテストプレイに付き合っていただきました。既に結構テストプレイは重ねてまして、徐々に完成に近づいているのですが、最大の課題点「プレイ時間の長さ」はなかなか改良できてません。

 先日知り合いの方にも言われたのですが、この作品を楽しく遊べるのは10人中せいぜい2人だねとのこと。でも8人がつまらなくても、その2人が熱中して遊べるほど面白いならそれに特化した方が良いとアドバイスされたので、今はプレイ時間の長さはさほど気にしないようにしてます(それよりもバランス重視)。

 今回はインスト不要・お互い経験者という条件の良さを加味しても、プレイ時間は1時間半を切る感じでしたから、結構良い感触を得ました(『ル・ア-ブル』とかも対戦形式でも下手したら3時間近くかかりますからね^^;)。Nさん感謝です♪

おまけ:ぴっぐテン再考

※画像なし

 時間が余ったので、NさんとYさん持込みの『ぴっぐテン』を遊ぶことに。私自身もう2度とこの作品を(自主的に)遊ぶ機会は無いと思ってましたが(笑)、某所で「対戦プレイは面白くない」という感想を聞かされており、それに対してはずっと疑問に思っていたので、今回検証の意味を込めて遊ばせていただきました。

 結論からいえば、多人数プレイ時よりもかなり楽しめました。この作品の最大の魅力は自分の手番が回ってきたときに「ぴっぐテン!」といえるかどうか、あるいはすぐ次のプレイヤ-がバ-ストするかどうかのドキドキ感だと思っていたので、その回数が最大になる対戦形式は、多人数プレイでのあのなんともいえないモヤモヤ感(単なるビンゴゲ-ム化してしまう状況)を相当量払拭していて、その辺は自分の想像していた通りの結果に満足させられました。

 しかし、一方で真剣に悩む部分(カウンティングする必要性など)はあまり感じられず(この作品は0と±5と10以外は全部8枚構成なので、頭の中に棒グラフを作ると意外に簡単にカウンティングできます)、特定の数字を連続で提示したりする簡単な戦略みたいなものはありましたが、基本的にはノリを楽しむ作品であって、それ以上でも以下でもないのは、結局対象年齢通りのファミリ-ゲ-ムなんだなぁ~という感想に結びついてしまい、やはり私自身は積極的には遊びたいとは思えない作品だったのがとても残念でした。

 実際のセッションは理不尽にカ-ドを取られ続けたり、また逆に取りつづけたりと、勝敗を度外視して展開を楽しめる部分が多かったのはある種の魅力を感じました。もはやゲ-ム(対戦)ではなく、ツ-ルである部分が極端に多い作品なのでしょうね。

思いつく範囲内で他に遊ばれていた作品
・ウォ-ゲ-ム(タイトル不明w)
・アトランティス
・カ-ゴノワ-ル
・テラフォ-マ-

 ということで、この日は私自身がプレイした作品のほとんどがカ-ドゲ-ムというゲ-ム会でした。さすがにここまで続くとボ-ドが恋しくなります^^;

 それでも久々にYさんにもお会いできましたし、とても有意義なゲ-ム会だったと思います。今月はNBGCの月例会もありますので、Yさんにも是非お越し願いたいですね♪byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/448-161056c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
基本に忠実に地道に自主練習すること。それが実力をつける方法です。あなたも基本的なバッティングの理論を身に付けて子供や選手たちの良いコーチとなり威厳を見せてやりませんか?
2011/10/24(月) 06:47:35 | 3日で一流の打撃コーチになれる指導法
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/445-4ba2c17b
2011/11/21(月) 11:29:36 | 新潟シミュレーション・ゲーム・サークル(NSGC)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。