ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NBGC第7回目の月例会の模様をお伝えいたします。

もうすっかり暖かくなり(春ですから^^;)、花粉が舞い散る今日この頃ですが、この日は、いつも常連さんに加えて新たなお客様をお迎えしてのゲーム会となりました(わ?い♪)。この日は事前に終日部屋を借りたので心置きなくゲームをたっぷりと堪能できたと思うのですがいかがだったでしょうか?朝いつものように送迎のために駅へ向かうと、何とそこには誰もいませんでした(野田さんやっぱりメール届いてなかったです><)。この日は寝坊して結構ギリギリだったので(おかげでポットを忘れましたしw)急いで駅に向かったのに、誰もいなくてちょっとだけ寂しかったです(爆)。それでも会場の準備をしているといつものメンバーが終結してきたのでホッとしました^^;参加者の皆様どうもありがとうございました。

<この日の参加者>
安達さん、小池さん、高橋さん(なんとわたしと同姓とのことです。区別するため「高橋Sさん」とお呼びすることになりました(笑)。)野田さん、安田さん、山田さん

20070304221513.jpg←今回のテーマは『新作&お城・宮殿等が出てくるゲーム』だったのですが、新作はほとんど用意することができませんでした(最近新作買ってないんですよね?><)。
それでも、各方面で評価の高い良質のゲームを多く揃えたつもりでしたので、プレイするゲームを選ぶのには困りませんでした(むしろ消化しきれない感じはいつものとおりです^^;)。また意外と皆さんが名作系のゲームをプレイされていないのには驚きでした(もったいないことです><)。
20070304221528.jpg←こちらは安達さんの持ち込みされたゲームです。相変わらず少しマニアックなところをお持ち下さっていますw(いや大歓迎ですよ♪)。また『サンファン』など一応今回のテーマについても考えていただいているようです。実にありがたい話です^^;
インストの都合で毎回なかなか安達さんの持ち込みゲームをプレイする機会に恵まれていないのですが、そのうち是非お手合わせの程よろしくお願いします。
20070304221541.jpg←こちらは山田さんの持ち込されたゲームです。パッと見た感じで今回のテーマとは別に新作ゲーム(昨年発表のゲームですが、日本ではあまりなじみの無い「JKLM」というイギリスのゲームメーカーの作品が見えます)をお持込されたようです(これまた大歓迎です♪)。これまた少しマニアックなゲームをチョイスされていますね(「JKLM」は意外と秀作を多く作る会社でも有名です)。実に私の好みの琴線に触れてイイ感じです(笑)。


サンファン:安達さん持込
20070304221555.jpg最初は、私が忘れ物のポットをとりに行っている間に、新人の高橋Sさんに、軽めのゲームとして『サンファン』をプレイしていただくことにしました(途中で会場に戻った私が、後で色々とアドバイスをしながらのプレイ)。初プレイで戸惑うところも多少ありながらも、実に見事なカードの引きで、終始優位にゲームを展開していく高橋Sさんに対し、ギルドホールによる速攻逃げ切りを図る安達さんでしたが、最後は同点で手札の差で高橋Sさんが見事勝利されておりました♪
1位=31点:高橋S 2位=31点:安達 3位=24点:小池 4位=18点:山田 (敬称略)

地下鉄で行こう:山田さん持込
20070304221611.jpgここで5人でできるゲームという事で、前述の「JKLM」の新作『地下鉄で行こう』をプレイしました。かなり独特な路線配置系の陣取りで、かなり完成度は高いゲームだと思う反面、コツを理解するタイミングの相違でかなりの差が出てしまう感じのゲームでした。5人だとかなりシビアな戦いになるので、私は非常に面白いと思いましたが、初心者にはきついゲームかもしれませんね。最後は1点差でギリギリの勝利でした(何故勝てたのかは不明ですw)。
1位=41点:高橋 2位=40点:安達 3位=35点:高橋S 同点5位=34点:小池&山田 (敬称略)

カタンの開拓者?騎士と古城?
20070304221637.jpgそして早々とこの日一番プレイしたかった『カタンの開拓者?騎士と古城?』の登場です。『カタンの開拓者』の拡張としては最も評価の高い作品です(残念ながら私の所有する日本語バージョンは既に絶版になってしまっています)。しかもカタンチャンピオンの野田さんが相手ですからこの間のリベンジもかねて気合十分です。いやぁ?久々でしたが、やはりこの拡張は最高ですね!しかも結果は途中から誰とも交渉してもらえないほどの(笑)圧勝でした♪
1位=13点:高橋 2位=6点:野田 3位=4点:安田 (敬称略)

死霊要塞1945:安達さん持込
20070304221649.jpgスイマセン、このゲームに関してはあまり良く(というか全く)知りません^^;。安達さん持込の『死霊要塞1945』です。一応、第2次世界大戦末期のドイツの古城が舞台なのかな(笑)。いわゆる「バイオハザード」によってゾンビが……というお決まりの展開を楽しむゲームのようです。詳しくレビューできなくて申し訳ないですが、最後小池さんの「なんだぁ?結局安達さんの良いトコ取りだねっけ(笑)」という新潟弁丸出しの負け惜しみが面白かったです(爆)。
1位=7点:安達 2位=4点:高橋S 全滅:山田 ゾンビ:小池 (敬称略)

アルハンブラ
20070304221721.jpg続いて、宮殿ゲームといえばまずこのゲームが思い浮かぶでしょう2003年の年間ゲーム大賞受賞作『アルハンブラ』です。最近ダイスゲームバージョンが出たことで話題になっていますが、どうもやはりオリジナルの方が面白いようです^^;外壁マイスターとして外壁を繋げることだけに異常な楽しさを見出す私同様(笑)、これまた見事に外壁を組み上げた小池さんが意外な大差で勝利されておりました(やはり経験者の利があったのかもしれません)。
1位=113点:小池 2位=100点:安達 3位=99点:山田 4位=90点:高橋S (敬称略)

フォーセール
20070304221732.jpgここで時間調整も兼ねて、軽い競りゲームの傑作『フォーセール』をプレイしました。お城や宮殿などの様々な建物の公開の競りを行う前半と、その競った建物をいくらで売却するかの非公開の競りを行う後半との2段階構造のシステムは相変わらず秀逸です。今回は、前半の競りをほぼ理想の形でまとめた私がそのままの勢いで後半も乗り切った形でしたが、野田さんは逆に前半の優位を保つことができず、逆転で3位に転落してしまいました^^;
1位=70点:高橋 2位=55点:安田 3位=46点:野田 (敬称略)

モルゲンランド
20070304221742.jpgかねてからのリクエストにお答えする形で『モルゲンランド』をプレイされたようです。目隠し競りという独特の感覚に慣れるのは難しいと思うのですが、なかなかに悩ましげで適度に複雑なシステムが実に心地よいゲーマーズゲームだと思うのですが、途中で少し観戦した感じだとだいぶ競りのレートがおかしな感じがしました^^;普通そんなに宝石が余ることはないように思うのですが(ルール間違ってませんでしたか?)。どうなんでしょうか?
1位=11枚:小池 2位=10枚:山田 3位=8枚:安田 (敬称略)

マンハッタン:山田さん持込
20070304221806.jpgう?む、「マンハッタン=現代の城」ということでしょうか^^;あんましイメージ沸かないんですけど、まぁ良しとしましょう。このゲームは様々な名追加ルールがあるそうですが、同時テロみたいにビルに飛行機が突っ込んでとかいったブラックなものはありませんのであしからず(笑)。今回は最後に世界最高峰のビルのオーナーになった高橋Sさんが見事な逃げ切り勝利をされていました(このゲームは逃げ切らせてはダメだと思うのですが……^^;)。
1位=44点(ビル):高橋S 2位=44点:安達 3位=41点:高橋 4位=40点:野田 (敬称略)

サンクトペテルブルグ
20070304221840.jpg時間調整に『サンクトペテルブルグ』もプレイされました。初心者ばかりなのであえて初順に高額物件の建物を購入しての逃げ切りを図ろうとしたのですが、野田さんの途中の見事な立替によってせっかくのアドバンテージがほとんどなくなり、最後は逆転で負けてしまいました。初めてのプレイだった高橋Sさんも安達さんもかなり健闘されていたと思います。スキル差が激しく出るゲームですので、これに懲りずに何度かプレイしてみてください♪
1位=48点:野田 2位=45点:高橋 3位=38点:高橋S 4位=35点:安達 (敬称略)

カタンの開拓者
20070304221902.jpgん?どうやらノーマルカタンのようです(笑)。こらぁ?城も宮殿も出てこないぞ?(爆)。盤面見るからに安田さんの初期配置が間違っているように思うのですが^^;それにしても山田さんの裏向きの2枚の発展カードがモロ得点カードというのがわかっていて面白いですw最後は小池さんが「2」か「6」か「9」で確実に勝利できたのに発展カードに頼らざるをえず><、しかもそこで得点カードを引いて勝利するという劇的な幕切れでした(爆)。甘いですね?。
1位=10点:小池 2位=9点:山田 3位=4点:安田 (敬称略)

操り人形
20070304221933.jpg締めは6人で久々の『操り人形』をプレイしました。今回はあまり建物に恵まれず、苦労しましたが最後に何とか8枚到達&5色ボーナスをゲットして勝利しました♪ところで、途中「大型物件を立てる作戦」の方に建物の数や種類で「トップはあっちだから」と責められましたが^^;あきらかに違いますからっwあと、下家の野田さんにスルーパスを何回か出したのですが、意思の疎通ができなかったのが少し悲しかったです(笑)。勝利点28点は低すぎですね^^;
1位=28点:高橋 2位=22点:山田 3位=21点:小池 4位=19点:安田 5位=17点:高橋S 6位=15点:野田 (敬称略)


さて、今回も無事終了しましたが、何気に小池さんが『アクワイア』の強化月間に入っているらしく(笑)、しきりに前回。前々回のリベンジをしたがっていましたが御期待に添えなくて申し訳ありませんでした。あらかじめリクエストをしていただけると非常に助かります。

さて、次回のテーマは何人かのリクエストにお答えする形での『新作&2人用ゲーム』です(なんなら『アクワイア』もいれましょうか?^^;)。また是非お誘い合わせの上参加して頂けることを願っております。よろしくお願いいたします。それではまた。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
「地下鉄で行こう」ルール間違い
やはり(笑)大きなルールの間違いがありました。
ゲームに参加していただいた皆さんに、お詫び申し上げます。

乗客の移動は1手番に1ヶ所ではなく、「金の駅」「白の駅」の順で最大2ヶ所となります。

目的地カードの消費がざっと倍になるので、ゲームの終了はかなり早まりますが、思考時間は長くなりそうな……

メーカーのHPに、わかりやすい新版のルールがアップされてました。
まだ、よく見ていないけれど、路線の延長とか、他にもミスがありそうだよな(笑)
2007/03/05(月) 00:47 | URL | 山田 #-[ 編集]
なるほど
それはだいぶゲームが変わりそうですね~^^;
でも今回のセッションはこれはこれでよかったと思いますよ。ちゃんとゲームにはなっていたと思います。ある意味で最初のプレイはテストプレイだと思っていますのでお気になさらずに……今度また機会があれば是非正式ルールでプレイしてみましょう♪
2007/03/05(月) 01:25 | URL | タカハシ #-[ 編集]
さらに間違いありました(笑)
やはり、路線の延長についてです(笑)
何本でも路線を持つことができ、何色を使っても良いと説明しましたが

・棒1色ごとに路線は1本だけ(4人プレイでは、プレイヤーは2路線しか持てません)
・延長は同じ色で行う

が正しいルールです。

路線が詰んだり、棒がなくなったら、あとは見ているだけになります。

「本物の路線図のようだ」と言ってらっしゃったのは野田さんでしたでしょうか?
そのとおり。使いやすい路線図を作っていくゲームだったのですね。

あとは間違いないと思います。
あったとしても、些細な……(笑)
2007/03/06(火) 19:55 | URL | 山田 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/42-5850775d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。