ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6回の月例会の個別テーマは『タイルゲーム』でした。
『タイルゲーム』というカテゴリはあまり耳慣れない感じですが、正直私自身も良くわかっていないかもしれません(笑)。大まかな分類でいえば「タイルを配置するゲーム」あるいは「タイルをめくるゲーム」だと思っていただければ間違いないと思います。
また、意外なことにこの『タイルゲーム』は例会での評判も良かったです。やはり「配置する」とか「めくる」とかの多少アクティブな部分が脳を活性化させるんでしょうか^^;
例によって私自身の独断と偏見による「TILEGAME BEST5」を紹介させていただきますが、既に紹介したゲームはなるべく外す方向で選出しているのは今までと同じです(ですので名作「チグリスユーフラテス」などは対象から外させてもらっています)。あしからず御了承下さい。

第1位:ラー

20070214234355.jpg第1位は文句なしにR・クニツィア博士の黄金期を代表する作品の一つ『ラー』です!
『タイルゲーム』ということだけでなく、私自身のBEST5ゲームに入る「競りゲーム」の名作だと思います。得点方式が多少わかりづらいものの、基本的なシステムは非常にシンプルかつエレガントなものなので、初心者からディープなゲームマニアまで幅広く楽しめる数少ないゲームの一つといえるでしょう。また、久しく絶版だったのが最近再販されたのも嬉しいかぎりです(しかも内容物が良質のものに!)♪


第2位:アクワイア

20070214234404.jpg第2位は故シド・サクソンの名を決定的に世界中に知らしめた古典的名作『アクワイア』です。ボードゲームを遊ぶ人ならその名前を知らない人はほとんどいないといってもよいかもしれません。
絶版→再販が繰り返されている作品で(それだけ人気と需要があるゲームなんでしょうね)、現在は残念ながら絶版状態です。また、プレイヤーのスキルの差がでるゲームですので精進が必要なゲームでもありますw


第3位:頭脳絶好調

20070214234417.jpg第3位はこれまたR・クニツィア博士の『頭脳絶好調』です。名デザイナーの名をほしいままにしながらも、久しく不振状態が続いていた博士が起死回生といっても過言ではない作品を作り上げてくれました。近年複雑化するボードゲームのジャンル・システムの中で、あえて古典的な香りのするゲームにチャレンジし、またそれを見事に完成させたのは素晴らしい業績だと思います。
「パズルゲーム」でありながら、なによりもシンプルさを重視したそのスタイルは見事という他はありません。そのコンポーネントも含めて、とても素晴らしい作品です。


第4位:ラミィキューブ

20070214234525.jpg第4位は、一度その魅力に取り付かれるともはや逃れられなくなる、世界中で4000万セット以上も売れたといわれるモンスターゲーム『ラミィキューブ』です。近年日本のメーカー「増田屋/河田」から素晴らしい値段とクォリティ(以前の版にはガン牌(マークド)など少し問題ありのものが多かったので…)で再販がされ、一般的にも比較的簡単に入手可能となったので(なんと!ウチの田舎のスーパーでも売っていましたw)是非是非オススメしたいゲームの一つです。ハマる人はとことんハマるはずです(笑)。


第5位:アルハンブラ
20070214234543.jpg第5位は2003年の年間ゲーム大賞にも選ばれた『アルハンブラ』です。実はこのゲームは以前あった別のゲーム(『スティムト・ソー』)のリメイクなんですが、リメイクが非常に上手くいったゲームの例として挙げても良いと思います(だから大賞を受賞したのでしょうね、ただ同年発表の『アメン・ラー(2003年DSP受賞)』を超える作品だったかといわれれば疑問ですけど^^;)。
自分の庭に宮殿を建設していくのが非常に楽しく(ちなみに私は外壁をきれいに繋げるのが得意なので「外壁マイスター」と呼ばれていますw)、またシステムも簡単なので、初心者でも気軽にプレイしやすいのが特徴です(その辺が受賞の最大の理由でしょうか?)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/37-472b2bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。