ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の日曜日はOASE新潟さんの月例会でした。

(どうも途中のカウントが怪しいという噂もありますが・・・^^;)何と今回がOASE新潟として記念すべき100回目のゲーム会開催ということで、いつもの常連さんや新しいお客さんをお迎えしてのにぎやかな月例会でした。

メンバーズオンリー

1.メンバーズオンリー

まずは、2卓に分れて、こちらは往年の名作『メンバーズオンリー』ですね。メジャーな賞とは無縁でありながら、ここまで完成度の高い作品を作るデザイナーなのか!ということで、国内に多くのクニツィアン(クニツィア博士ファン)を生み出したきっかけともいえる作品で、非常にシンプルなルールで実に悩ましい駆け引きが楽しめる秀作といえます。長らく絶版状態が続いていましたが、最近リメイク作品が発売されたということで、今後多くの方がプレイすることが可能になったことは嬉しい限りです。全部で5種類あるカードが、それぞれ何枚プレイされるかを当てるという予想ゲームなのですが、得点の入り方、コマの配置の駆け引きと、とにかく考え所が満載で気が抜けない点が気に入っています。今回はセオリーどおり、特定のジャンルに偏って攻めたプレイヤーが大きくリードしたまま最終局面を迎えたのですが、ここで2番手に付けていた私が意地の3点的中に成功して猛追、一気に逆転も狙ったのですが、最後は同点で勝利を分け合うこととなりました。最後の最後で大きなコマがはじかれていなければ逆転も十分ありえたのが悔しかったですね^^;

ナゲッツ

2.ナゲッツ

続いては、再度卓分けをしてこちらは『ナゲッツ』をプレイすることに。久々にプレイのこの作品。いわゆる「目隠し競り」と「陣取り」を上手く融合させた佳作で、これまた単純なルールの下に成り立っているのですが、慣れてくると心理的な駆け引きまで可能になってくるほど奥深い作品に仕上がっているので、隠れたファンは多いようです。今回は初プレイの方と久々プレイの2名との3人でのセッションでしたが、なかなかコツを掴むタイミングに差があったようで、高い点数の脇に高い数字のタイルを忍ばせると、柵によって区切られてしまうというジレンマに気が付くタイミングが、他のプレイヤーよりも若干早かった私に、終始良いように柵を区切られていたのが印象的な感じでした(笑)。結局盤面に置いたタイルの枚数は他のプレイヤーの半数以下にもかかわらず、点数的にはぶっちぎりの勝利でした。この時点でまた続けてプレイすれば、さらに面白いセッションが期待できたのですが、ちょうどセッションの最中に新しいお客さんがお見えになられたので、別の作品を遊ぶことになったのは残念でしたが、久々にプレイしましたけどやっぱり面白かった『ナゲッツ』のポテンシャルは、とても高いものでしたね!

郵便馬車

3.郵便馬車

この時点で隣の卓はまだインスト中(おそっ^^;)ということで、続いてこちらは『郵便馬車』をプレイすることに。メンバーは一人増えて4人でのセッションでしたね。初めてOASEに来られたお客様でしたので、年間ゲーム大賞受賞の本作品を薦めてはみましたが、私自身はあまり好きな作品ではないので、本当に久々のプレイです(爆)。カードを並べてコマを配置する。一種のリソースマネージメントの要素と、一定の場所に配置するとボーナスがもらえるということで、パズルチックな要素もあったりするので、なかなか楽しめる作品ではあるのですが、どうしてもカードのめくり運によって勝敗が左右されてしまう気がするのが、私的にどうしても気に入らない点で、プレイヤーの意思が介入する要素があまり無い部分が特にダメです。結局やるだけのことをただやって、ハイ勝負!みたいな流れはどうしても肌に合わないんですよね^^;今回は序盤からカードのめくり運は良好!ピンチらしいピンチは僅かに1回のみとほとんど文句の無い展開でした。最後は2番手のプレイヤーに多少詰められましたが、そのまま1点差で逃げ切ることができました。まぁ運が良かったですね^^;

カードカソンヌ

4.カードカソンヌ

締めは『カードカソンヌ』をプレイ。もともとの『カルカソンヌ』とは名前を拝借しただけで、ほとんどリンクする要素がないという珍しい作品ですが、なかなか面白いギミックが満載で短い時間で楽しめる秀作といえるでしょう。個人的には初心者向けの定番と呼ばれている『カルカソンヌ』に関しては、「初心者向け」という点に異論を持っている私ですが、コチラの作品に関しては十分「初心者向け」になりうるものと認識しております。一部の点数の入り方が激しいので、何度か繰り返し遊ばないとコマを置くタイミングが難しい局面もあるかと思いますが、それを踏まえても十分駆け引きが楽しめる点を評価したいですね。今回は3人でのセッションでしたが、意外にバランスが良く、前回5人でプレイしたときのように「4色あるのだから、一人あぶれる5人の方がドキドキするね」という感想に対して、できるだけ多くの点数をもぎ取ろうと画策する3人プレイも楽しいですね。という印象を持てたのはもうけものでした♪特にラウンド終了時にカードが残るというルールは3人プレイだからこそ輝く面もあったりと、なかなか奥が深い部分がありました。実際のセッションは中盤で「人物ボーナス」で一気に大量得点をもぎ取った私が終始リード。最後も綺麗に宝箱ボーナスを2セット揃えてて、ぶっちぎりの大勝利でした♪新種の『コロレット』として、これはヘビロテしても良い作品かも!?

<思いつく限りでこの日他でプレイされていた作品>
・『ダンジョンクエスト(新版)』
・『チグリス・ユーフラテス』
・『たんとくお?れ』
・『ゲームリンクのオマケゲーム(タイトル忘れましたw)』
・『アップタウン』

ということで、この日はいつもよりも若干早めに月例会は終了し、そのまま100回記念の飲み会へGO(笑)!ここ数年は、なかなかこういった機会を設けることができませんでしたから、お酒の力も借りながら、ボードゲームに関する色んな話題で実に熱く盛り上がりましたね?♪

最近では全国的に見ても100回ゲーム会を開催するゲームサークルは珍しく、地方を代表するゲームサークルとしての役割を10年以上はたし続けてきたOASE新潟さんの歴史の長さには感服させられるばかりでしたが、NBGCも100回という大きな目標を与えられたようなものですから、これからもお互い切磋琢磨してこの趣味を続けていけたらなぁ?と思いました。

次回は101回。今度は200回への長き道のスタートですね!byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/362-e4fd0fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。