ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の日曜日はOASE新潟さんの月例会でした。

夏の暑さがようやく引いてきて、少しずつですが秋の気配が漂い始めた感じですが、この日はいつもより参加者が少なめ。まぁこういう月もありますよね^^;

いつもの常連さんオンリーの楽しい月例会でした。

コヨーテ

1.コヨーテ

まずは、全員で軽く『コヨーテ』からプレイ。

「インディアンポーカー」×『ブラフ』というのがメインシステムのこの作品。いわゆる負けた人から脱落系の作品なのですが、なにせ実際にプレイしているよりも「脇で見ている方が100倍面白いw」のですから、早く脱落したからといって決してつまらないわけではないのが何より素晴らしいところです(笑)。

特に「ハイカード=高い数字」を握ってしまったプレイヤーを全員でハメにいっているときなんか、脇で見ているとどうしてもニヤニヤしてしまいますよねw

自分のカードをどこまでイメージできるかがカギとなる作品。ワイワイ系の名作ですね。

フェレータ

2.フェレータ

続いては既に10年以上前の作品ですが、「カードゲーム大賞」にも輝いたことのある『フェレータ』を久々にプレイ。

この作品に関しては既に「カードゲーム」ではなく、もはや「1級品のボードゲーム」といって良いほど凄まじく完成度の高いシステムで、私の中では「ドイツゲーム史上、最もコンポーネントサイズと面白さが(良い意味で)反比例している作品」として位置づけられています。

手のひらに収まる大きさで、これほど奥が深い作品は他にあまり例を見ないです。最近ではもうほとんどリリースされなくなってきましたが、この作品をリリースした「アドルング」という小メーカーは、同じように面白い「カードゲーム」を次々と世に送り出したことで有名で、ドイツゲーム史を語る上では外せない存在といえます。

今回も久々にプレイしましたが非常に面白かったです。3人でというのが少し残念でしたが、なかなか考え所が多くて盛り上がりました。

マンマミーヤ

3.マンマミーヤ

続いては時間調整でこれまた久々に『マンマミーヤ』をプレイすることに。

プレイすると無性に「ピザ」が食べたくなるので、お腹が空いているときとかはかなり危険な作品ですが、ルールも簡単で非常に面白いです。

今回は何度も遊んだことがあるもの同士でのセッションでしたから、皆さんそれなりにレシピをクリアしていって、最後は全員同点で残った手札の枚数勝負という接戦でした(笑)。

都合山札を3回引ききるまで遊ぶこの作品。毎ラウンドの手番開始プレイヤーは「前回のラウンドでマンマミーヤカードを引いてた人」というルールをスッカリ失念していて、手番順でかなり損をしてしまいましたが、まぁギリギリ勝ててよかったです^^;

ハンザテウトニカ

4.ハンザテウトニカ

続いては私のリクエストで『ハンザテウトニカ』をプレイ。

シンプルでありながら骨太のシステムということで、最近ではかなり珍しい本格的に「ドイツドイツした作品(笑)」ですが、このシンプルであるがゆえに感じる「重厚さ」をなかなか良いように評価する人は少ないようで、海外に比べて今一つ国内では人気がないようにも思えます。

個人的には本年度を代表する作品として認識しても良いと思っているほど気に入っている作品なので、ことあるたびに持ち込んでみたりはしているのですが、なかなか卓が立たないのが残念な感じでして、今回ようやく念願が叶ったといえます。

巷におけるこの作品に対する批評の中では、特に多いのものとして「アクション数を増やすのが強烈過ぎて他の要素が霞んでしまいがちではないか?」という点が挙げられるかとます。ということで、今回はあえて意識して「アクション数を増やさない方向」でプレイしてみました。

すると確かに序盤から劣勢な感じが続きます。さすがに最低でも「3アクション」は必須だと思ったので、とりあえずそこまでは成長させましたが、とうとう私よりも2回以上アクション数が多いプレイヤー達ばかりとなり、しかも私のコマは「意識して弾かない」というプレイヤーが多かったせいか、状況としては最悪に近い感じでした。

それでも「ボーナスマーカーを積極的に奪いに行く」という方針がなかなか上手くいっていて潜在的な得点差はほとんど無い感じで終盤に縺れ込むことに成功。序盤から「アクション数を増やす」ポイントのすぐ傍の領地を支配することで、凄い勢いで得点ボードを邁進したプレイヤーがいて、そのままその方針を貫かれていたならば、かなりピンチな感じでしたが、何故か途中からその手を緩めたので、他のプレイヤー達にも追いつくための得点チャンスが生まれたのが勝負の分かれ道でした。

そして遂に最後の最後で「ボーナスマーカー」の枚数ボーナスで大量得点した私が逆転で勝利!もちろんさまざまなラッキーポイントはありましたが、自分が勝利できたことよりも、むしろこの作品が「アクション数勝負」みたいに思われていた部分に対して、多少なりともプレイで反論できたのが嬉しかったですね。ただし、脇で見ていた経験者の方に最終結果を伝えると、案の定「嘘ぉ?!?マジで?良く勝てたね?」っていわれましたけどね^^;

シャーク

5.シャーク

締めは往年の株式ゲーム『シャーク』でした。

この作品は、いわば『アクワイア』のタイル配置部分をサイコロで決めちゃおう!って感じの、かなりアメリカン=運任せな感じの作品ですが、ピーキーなバランスながらも非常に良くできているので、たまに無性にプレイしたくなります。

特にラベンズバーガー版はボードがかなり良い感じで改編されていて、フライングタートル版に比べて非常に作品として完成されているのが特徴で、箱絵の「サメ人間」と目が合ったらもう完全にアウトですね(笑)。プレイしたくてたまらなくなって、この日もゲーム棚から引っ張り出してしまった次第です(爆)。

さて、タイトルどおり「獲物に群がる人食いサメ」を見事に表現したこの作品。たくさんの株を持てばそれだけ利益を得る可能性がある一方、暴落(他の会社に潰されてしまうとこの作品では株価が暴落します)時にはかなり手痛い目にあうので、どのタイミングで買って、どのタイミングで売り切ってしまうかが勝負師の腕の見せ所となります。

今回は序盤で走り出したプレイヤーになんとか他のプレイヤー達がくらい付いていこうとする図式で、決定的な差は付かないまま終盤に突入。そして「さぁここからはチキンレースです!」といって私が超危険な位置にビルコマを配置した後は文字通りサイコロの振り合いでした。

この作品に関しては、「暴落の被害」は「暴落を引き起こした張本人は被らない」というとんでもないルールがあるので(笑)、最後は全員「持ち持ち」の株を誰が暴落させるかの勝負になったわけですが、ここぞという場面でサイコロ運に恵まれた私に勝利の女神が微笑みました。

最後はまさにサイコロ一振り毎に盛り上がる(祈るw)感じで、いやぁやはり面白い作品はいつ遊んでも面白いですね。全員大満足のセッションでした。


ということで、私が遊んだ作品はほとんど全部自分で持ち込んだ作品(『マンマミーヤ』以外)という感じでしたが^^;、もちろん自分が遊びたい作品を持ち込んでいるので本当に大満足の月例会でした。

<記憶に残っている感じで他の卓で遊ばれていた作品>
・よくわからない「ドミニオン系」の作品。
・シミュレーション!?

そして次回はOASE新潟さんとしては記念すべき100回目の月例会(一応記録上はね^^;)なので、私からの提案で月例会終了後に軽く食事会でもしましょう!ということになりました。

このブログをみている方でOASE新潟さんに縁がある方がおりましたら(いるかなぁ?^^;)、是非次回の記念例会には御参加下さいますよう、どうぞよろしくお願いします。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/354-eeb80be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。