ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近つとに思うのが

この趣味はとことんマニアだなぁw

ということです。

自分自身がどっぷりこの趣味にハマっているのに、こんなことを言うのは何ですが、この趣味にかけている時間やお金があれば、もっと他に楽しいことなんかいくらでもできるだろうに・・・とふと我にかえるときがあるのは、きっと私だけではないはずです(笑)。

それゆえに、「一般の人達にももっとボードゲームを普及させたい!」という前向きなコメントをネットの端々で見かける度に、「そうだ!そうだ!」という気持ちと、「いやいや、一般の人には無理でしょ^^;」という気持ちが心の奥底でせめぎ合うんですよね。

ということで、本来我々が目指すべき所は

「ボードゲームを遊んでくれる一般人を見つけること」

ではなく

「ボードゲームにハマってくれるマニアを見つけること」

なんじゃないかなぁ~ということに気が付きました。

そしてさらにそう考えてみると、もう少し別のアプローチも見えてきました。

例えば、全くのボードゲーム初心者に何か作品を紹介するとき、今までは結構お手軽な「カードゲーム」から勧めるという手法をとっていた方(あるいはオススメしていた方)って多いと思いますが、これは「マニアを作る!」という観点からはあまり得策とは思えませんよね。

もちろん私はカードゲームが十分面白いことも、お値段がお手頃なことも、プレイ時間がかからないことも知ってます。でもマニア発掘にはやはり最初が肝心(笑)。ここはちゃんと「ボード」を利用した作品をきちんとオススメすべきでしょう!

また安易に「日本語版」を持ち出すのもどうかと思います。

あえて「外国」というファクターを通すことで(敷居を上げることで)、その人が「本当にこの趣味にのめり込んでくれるのか?」を試すのは非常に意義があることだと思うのです(爆)。

もちろんコマもできるだけ木製で、コンポーネントやイラストもしっかりとした作品がここでは必要とされるのではないでしょうか?

この論点から言えば、最近流行の「とにかく日本語版は普及に役立つ!」という論調に対しても、ソレッテホントデスカ?って多少の反論をかますことができそうです。

ここ10年の国内のボードゲームシーンの推移を見ている限り、ちょっとやそっとではこのマニアックな閉鎖空間が開放されるとは到底思えません。

逆に本当にこの趣味を愛してくれる人達が、末永く楽しめる環境構築(すなわちマニアの増殖)こそ常に我々が目指すべき目標なんじゃないかなぁ?と。

まぁ普及自体は決して悪いことではありませんからね。私自身も一般の友人達に海外のボードゲームやカードゲームを紹介して、凄く楽しんでもらっておりますので、海外のボードゲームを紹介すること自体にはもちろん何らかのプラスの意義があると思います。

でも、最初の段階での心構えとでもいうのでしょうか?何が何でも一般の人たちにボードゲームを好きになってもらおうというスタイルで行くのか、それともある程度この趣味にハマってくれそうな人を狙い撃ちしていこうというスタイルで行くのかでは、最終的に我々が行き着く先に大きな違いがあると思います。

ちなみにですが先日「今現在ボードゲーム初心者に文句無しでオススメできる作品は何か?」という話で仲間内で相談した結果、選ばれた作品は満場一致で

『乗車券』

でした。もちろん「日本語版」ではなく、少なくてもコンポーネントがしっかりしている「英語版」か「ドイツ語版」であるということが必須条件です。それまではボドゲ入門作品としては『カタンの開拓者(日本語版)』がダントツでしたけど、最近では入手難易度と完成度の高さのバランスが一番優れているのは『乗車券』であるという認識はかなり一般的といっても良さそうですね(まぁコンポーネントは木製じゃないですけどね^^;)。

確かに下手に『カルカソンヌ』などを選んでしまって、その面白さを理解するのに時間がかかってしまったり、人気があるからという理由で『アグリコラ』や『プエルトリコ』に手を出して、周りの友人達をポカ?ンとさせてしまうよりかは、万人に即座に面白さが理解してもらえる『乗車券』はまさにベストな選択といえるでしょう(個人的には『ケルト』や『ズーロレット』なども最初の作品として紹介するのは良さそうだなぁ~と感じております)。

とにかく、初心者にはまずはちゃんとした「ボードゲーム」を紹介すること!

これがボドゲマニアを作る土台じゃないですかね?

・・・ボドゲマニアの作り方(ステップ)へ続く・・・byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
ボードゲームにはまってくれるマニアを探す、ですか~。
世間から見てゲーム、というのはTVゲームになってしまう現在、ボードゲームに一番近い世界で遊んでいるのはTCGを遊んでいる人か、世代が上がるかもしれないけれどシミュレーションゲーマー、もしくはテーブルトークRPGプレイヤー。まずはこのあたりの人から染めていくのが一番近いんでしょうかね?。とはいったものの、実際のプレイ人口はむちゃくちゃ多いとは思えないので、TVゲームの『カルドセプト』や『いただきストリート』『桃鉄』が好きだった人なら素養があるかもしれません。なんにせよ、まずは一歩を踏み出すしかないんですが、短期的でなく、長期的な目でプレイヤー人口を増やすよう、日本語版を出すメーカーはアプローチするのがよさそうです。短期的な事業では僕たちが子供の頃のようなボードゲームが身近にあった世界にはならないでしょうね。
2010/07/22(木) 23:23 | URL | Nim #-[ 編集]
はじめまして、静岡でボードゲームで遊んでいる名雲雄一郎といいます。
確かにボードゲームを遊んでくれる一般人を探すより、ボードゲームにハマってくれるマニアを見つける方がその後楽しそうです。
私の初心者おすすめは、エルフェンランドですね。
ルールもそれほど難しく無いですし、何より見た目で何をやっているのかが分かりやすいですから。
まぁ、入手何度が高いのが厳しいですが。

この掲示板は毎回楽しく拝見させていただいております。今後も楽しみにさせていただきます。それでは、失礼します。
2010/07/23(金) 11:29 | URL | 名雲雄一郎 #-[ 編集]
初めて出会う作品ってのは結構大事だと思うんですよね~。
>Nimさん

どもども、毎度お越し下さいまして感謝です♪

これだけ世の中のホビーが進歩している中で、アナログなボードゲームを普及させようなんて考え方自体がナンセンスなのかもしれませんね。

我々はとかくこの趣味を愛していますから、その魅力を出来るだけ多くの方に伝えたい!っていう欲望は多かれ少なかれありますけど、一般人の方からしてみれば、そういう「マニアからの押し付け」みたいなもの(オーラ)は、かえって暑っ苦しく感じちゃう面もあるかもしれませんね。

>名雲さん

はじめましてこんにちわ。

暖かいコメントありがとうございます♪

『エルフェンランド』!

そうですね、それがありました。私自身すっかり失念しておりました。まさに初めてボードゲームをなされる方にオススメの作品ですよね(私も大好きな作品です)!しかしそう考えてみるとA・ムーン恐るべしですね^^;!?
2010/07/23(金) 19:47 | URL | タカハシ #-[ 編集]
アクアレット
はじめまして。
これはかなりおもしろいですね。同じ初心者でもバックグラウンドによってかなり違うけど、見込みが高そうな人はTCGやTRPGなどをやっている人です。

まずTRPGですが、シャドウハンターズなんかがおすすめです。それに限らず正体を隠蔽するゲームは結構受けがいいです。アンダーカバーやがんばれカメくんとかもいいかもしれません。

TCGの場合は、カードゲームから入っていくのは悪くない作戦だと思います。ただしある程度戦略性のあるカードゲームにするべきです。(たとえばノイやパーティー系は避けるべき。)
フェレータやあやつり人形はすごく効果的です。

あと比較的手軽にできるボードゲームは、

○アクアレット
○エルフェンランド
○ミシシッピクイーン
○勝利への道

なんかがいいと思います。これらは一般人にも向いていると思います。かわいいデザインのゲームも、女性陣には受けが良い可能性があります。





2010/08/14(土) 04:47 | URL | Bragi #XuCaHqrI[ 編集]
はじめまして♪
Bragiさんこんにちわ。

ようこそいらっしゃいました。コメントありがとうございます♪

> 同じ初心者でもバックグラウンドによってかなり違うけど、見込みが高そうな人はTCGやTRPGなどをやっている人です。

確かに、素養はあるかもしれませんね。「アナログゲーム」という共通項は私も大きいと思います。

> まずTRPGですが、シャドウハンターズなんかがおすすめです。それに限らず正体を隠蔽するゲームは結構受けがいいです。アンダーカバーやがんばれカメくんとかもいいかもしれません。

『シャドウハンターズ』は人数がネックですが、それ以外は文句なしの作品でしょうね。TRPGの方にレンタルするとほぼ間違いなく「面白かった!」というコメントをいただけます。『アンダーカバー』はインストor経験者がきちんと盛り上げてあげればかなり良いセッションになるのですが、つい真剣になってしまうとガチゲーになって盛り上がらない展開もあり、なかなか難しい印象を私は持ってます。『頑張れカメ君』に関しては、当ブログでも紹介しているとおり、ライトユーザーにはかなりオススメです(評判も良いですよね)。

> TCGの場合は、カードゲームから入っていくのは悪くない作戦だと思います。ただしある程度戦略性のあるカードゲームにするべきです。(たとえばノイやパーティー系は避けるべき。)
> フェレータやあやつり人形はすごく効果的です。

コラムにも書いたのですが、「カードゲーム」から入る手法はやはり私は反対です。私も一時期TCGに傾倒していた時代があるので良くわかるのですが、「カードゲームを遊ぶならTGCを遊ぶよね」っていう感覚がどうしても抜けないんですよね~^^;

> あと比較的手軽にできるボードゲームは、
>
> ○アクアレット
> ○エルフェンランド
> ○ミシシッピクイーン
> ○勝利への道
>
> なんかがいいと思います。これらは一般人にも向いていると思います。かわいいデザインのゲームも、女性陣には受けが良い可能性があります。

『アクアレット』は個人的には『ズーロレット』よりも好きな作品なので、オススメいただいて嬉しいです。ちょっとインストが大変かな?という感じもしますが、最初からこれくらいのレベルの作品を遊んでも良さそうな面子であればオススメですよね。『エルフェンランド』は既に述べたとおりです。『ミシシッピクイーン』は確かに大賞受賞作で面白いのですが、初心者の方と同じ「レースゲーム」を遊ぶなら私なら『アヴェカエサル』を勧めたいですね。『勝利への道』は渋いセレクションですね。シンプルでしっかりとゲームを遊んだ感が味わえる秀作ですが、どちらかといえば玄人向けかも!?という気がしますが、ルールがシンプルなだけあって、インスタントに遊べるというメリットは大きいかもしれませんね。

色々と御意見ありがとうございました。また何かあればよろしくお願いします。
2010/08/16(月) 20:18 | URL | タカハシ #-[ 編集]
なるほど
『アヴェカエサル』はおもしろいですね。俺も何回か経験あります。

ちなみに「カタン」は俺の中では、入門ゲームとしては一切薦めていません。実はカタンは、細かいルールがかなり多いからです。むしろ、エルグランデを押します。

だけど一番やりたいと思っているのは、ドラゴンイヤーです。古代中国の政治を大変良く表していて、実はすごくルールは簡単で、それでいて様々な勝利方法があり、おもしろいです。

あのジワジワと追い詰められるのがすごく緊張し、ウィザードリーが好きな人なら真っ先に薦めています。(ただし相当なゲーマーの人のみ)

何を犠牲にしてもいいのか?どのような路線で点数を稼ぐのか。ジレンマがたっぷりです。

まぁでもかなりきついゲームなんで、ある程度のゲーマーしか薦めることはできないです。


2010/08/16(月) 21:55 | URL | Bragi #NkOZRVVI[ 編集]
確かにカタンは・・・
> ちなみに「カタン」は俺の中では、入門ゲームとしては一切薦めていません。実はカタンは、細かいルールがかなり多いからです。むしろ、エルグランデを押します。

確かに、「入門ゲーム」ではないでしょうね~。

でも何ていうか、一種の「基準になる作品」かな?とは思います。

その作品を「面白い♪」といってくれるかどうか?で、その人がボドゲにハマってくれるかどうかがわかるといったイメージです。

> だけど一番やりたいと思っているのは、ドラゴンイヤーです。古代中国の政治を大変良く表していて、実はすごくルールは簡単で、それでいて様々な勝利方法があり、おもしろいです。
>
> あのジワジワと追い詰められるのがすごく緊張し、ウィザードリーが好きな人なら真っ先に薦めています。(ただし相当なゲーマーの人のみ)
>
> 何を犠牲にしてもいいのか?どのような路線で点数を稼ぐのか。ジレンマがたっぷりです。
>
> まぁでもかなりきついゲームなんで、ある程度のゲーマーしか薦めることはできないです。

とことんマゾゲーですからね~(笑)。ちなみに最近ウチのサークルの常連のNさんに、「ねぇねぇNさんの好きな作品って何ですか?」って聞いたら『ドラゴンイヤー』っていってました^^;スギハラも大好きとかいってたし、意外とファンは多いようですよ!
2010/08/16(月) 22:07 | URL | タカハシ #-[ 編集]
ロマン
>でも何ていうか、一種の「基準になる作品」かな?とは思います。

なんとなく気持ちは分かります。数年前に(かなり初期)に、この作品にであったときは衝撃でした。何回も繰り替えしたくなる魅力がありました。

ダイスをふるロマンや、ジワジワと増えていく道や資源、どの地を取ったらいいかの駆け引きなど、驚いたことはたくさんありました。

トイバーは運が高めのゲームが多いけど、ロマンに関してはすごいと思うことがあります。カタン以外で、彼の最大の実績は、バルバロッサであると思っています。ルールに不備は多いけど、あの粘土をゲームにしただけでも、すごい発想だと思うんです。

今では、他のゲームもたくさん経験しているので、わざわざカタンをやることは少なくなったけど、でもたまにプレイしたいことはあります。

最近は、カタンの漁師たちがおもしろそうであると思っています。

あと同時期にブラフやシャドウハンターズなんかもやったのですけど、すごくやりました。

面子がTRPG層なので、シャドウハンターズは盛り上がりました。下手すると一日中やっていたりした時期もありました。
2010/08/17(火) 01:34 | URL | Bragi #JalddpaA[ 編集]
ボードゲームマニアの作り方:ホップステップジャンプを通して読ませて頂きました。

日本語化は良い傾向だと思うし、アメリカで言うリオグランデ版のように、これからもアークライトやホビージャパンには頑張って欲しいと思っています。やはりマニアを増やす為には底辺を広げることも必要で、それにはたとえ言語に依存しないものでもすべてが日本語という方が圧倒的に受け入れられ易いからです。ここアメリカでもリオグランデ版、メイフェア版、ファンタジーフライト版、デイズオブワンダー版などが出ているものとそうでないものでは知名度が格段に違います。ギークでも評価数が一桁異なります。メーカーにおいてもコスモス、ハンスイムグリュックといったオリジナルのドイツメーカーで語られることは殆どありません。

ゲートウエイゲーム(初心者を引き込む為のゲーム)としては、ボードゲームとカードゲームをあまり分けて考えたことはないのですが、TCG層だと「カードならTCG」という考え方もあるのですね。

自分にとってのゲートウエイゲームの基準は、短時間であること、インターアクションがあること、そしてなんといっても自分にとっても傑作であることです。やはり自分が面白いと思っていないと、相手に面白さは伝わらないと思っています。なので「乗車券」は自分はあまり評価してないこともあり、ゲートウエイゲームとしても使おうとは考えません。やはり多少ルールが複雑でも今まで何人もを虜にして来たカタンの開拓や、短時間競りゲームのハイソサエティ、そしてレースゲームの傑作であるアベカエサルなどのほうが優れていると思います。

あとはブラフ、ボーナンザ、メンバーズオンリー、トランスアメリカ、ポイズン、フリンケピンケ、あたりが自分がよく使うゲートウエイゲームです(自分はカタンとブラフがきっかけでこの世界に引き込まれました)。上に挙げた中ではカードゲームもありますが、TCGとは全く異質だし、十分ゲートウエイゲームとしての役割を果たすと思うのですが、どうでしょうか?
2010/08/19(木) 17:34 | URL | けがわ #-[ 編集]
ども、けがわさんお久しぶりです。

> 日本語化は良い傾向だと思うし、アメリカで言うリオグランデ版のように、これからもアークライトやホビージャパンには頑張って欲しいと思っています。やはりマニアを増やす為には底辺を広げることも必要で、それにはたとえ言語に依存しないものでもすべてが日本語という方が圧倒的に受け入れられ易いからです。ここアメリカでもリオグランデ版、メイフェア版、ファンタジーフライト版、デイズオブワンダー版などが出ているものとそうでないものでは知名度が格段に違います。ギークでも評価数が一桁異なります。メーカーにおいてもコスモス、ハンスイムグリュックといったオリジナルのドイツメーカーで語られることは殆どありません。

こちらは別コラムへのコメですね。

なるほど、アメリカのボドゲ事情を教えてくださり感謝×2です。

結局のところはコラムでも触れましたが、「誰のための日本語化かわからない」という所に行き着く問題なのではないでしょうか?もちろん言語依存の問題は確かにあるのかもしれませんが、販売経路自体が非常に狭い日本では、結局一般の人に手にとっていただく機会を増やすのは「言語依存を減らす」ことじゃないんじゃないかなぁ~?って感じる部分は大きいですね。

> ゲートウエイゲーム(初心者を引き込む為のゲーム)としては、ボードゲームとカードゲームをあまり分けて考えたことはないのですが、TCG層だと「カードならTCG」という考え方もあるのですね。

あくまでも個人的な意見ですが、ボ-ドゲ-ムを始めるときのあの箱を開けてコンポ-ネントを並べるところからまず感銘を受けて欲しい!という希望があるので(笑)、その部分でもカ-ドゲ-ムは避けたいところですね。あとカ-ドゲ-ムだと大体がライトゲ-ムですよね(けがわさんに挙げていただいたゲ-トウェイゲ-ムは短時間が良いという意見に関連すると思いますが)。私は「最初にライトゲ-ム」っていう世間の風潮がマニアを作りづらくしているとも思うので、もちろんいきなりヘビ-ゲ-ムはきついかもしれませんが、それなりのボリュ-ムのある作品を提示することを推奨しているわけです。

> 自分にとってのゲートウエイゲームの基準は、短時間であること、インターアクションがあること、そしてなんといっても自分にとっても傑作であることです。やはり自分が面白いと思っていないと、相手に面白さは伝わらないと思っています。なので「乗車券」は自分はあまり評価してないこともあり、ゲートウエイゲームとしても使おうとは考えません。やはり多少ルールが複雑でも今まで何人もを虜にして来たカタンの開拓や、短時間競りゲームのハイソサエティ、そしてレースゲームの傑作であるアベカエサルなどのほうが優れていると思います。
>
> あとはブラフ、ボーナンザ、メンバーズオンリー、トランスアメリカ、ポイズン、フリンケピンケ、あたりが自分がよく使うゲートウエイゲームです(自分はカタンとブラフがきっかけでこの世界に引き込まれました)。上に挙げた中ではカードゲームもありますが、TCGとは全く異質だし、十分ゲートウエイゲームとしての役割を果たすと思うのですが、どうでしょうか?

まず自分が面白いと感じる作品を薦めるというのは同意見ですね。ボドゲ以外の趣味でも同じことが言えるでしょう。けがわさんが『乗車券』に魅力を感じない部分は興味がありますが、それ以外に挙げていただいた作品で代用出来るなら十分だと思います(何も『乗車券』万能説を唱えているわけではありませんので^^;)。

あとインタ-アクションがあるほうが良いという部分も同意見です。これこそがボドゲ本来の魅力でもある部分だといえますからね。

最後に短時間&カ-ドゲ-ムに関しては、私個人的には反対です。

もちろん気軽に引き込むことが出来る。相手に負担を与えないことで次回以降も誘いやすいなどのメリット部分は承知しておりますが、やはり最初の命題に戻って、「マニアを作る」という観点からはどうでしょう?

トランプ以上、TVゲ-ム以下で良いのであればアレですけど^^;せっかくアナログなボ-ドゲ-ムを遊ぼうというのですから、TVゲ-ム以上の魅力を提示したいじゃないですか。

※念のために申しておきますけど、カ-ドゲ-ムがTVゲ-ム以下っていうことじゃないですよ?あくまでも最初に示す作品としての話です。
2010/08/20(金) 13:00 | URL | タカハシ #-[ 編集]
乗車券
>こちらは別コラムへのコメですね。

いえ、このコラムに対してのコメントのつもりです。以下の部分ですね。

>また安易に「日本語版」を持ち出すのもどうかと思います。
>この論点から言えば、最近流行の「とにかく日本語版は普及に役立つ!」という論調に対しても、ソレッテホントデスカ?って多少の反論をかますことができそうです。

販売経路を増やして、一般の人の手に取っていただく機会を増やすためには日本語化は大きく貢献すると思うのですが、その認識は間違ってますかね。

ゲートウエイゲームでカードゲームよりボードゲームの方がコンポーネント面でのインパクトが強いというのは一理あると思います。自分はトランプも大好きで、アナログゲームと同列に考えているので「トランプ以上」という比較はわかりません。TVゲームに関しては、全く比較の対象にはならない別のものだと考えています。

乗車券についての自分の意見はpgdbに書いてます。
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=1322
2010/08/21(土) 04:21 | URL | けがわ #-[ 編集]
けがわさん。どもども。

> 販売経路を増やして、一般の人の手に取っていただく機会を増やすためには日本語化は大きく貢献すると思うのですが、その認識は間違ってますかね。

やはりロット数が少ない(あくまでも他の媒体と比べての意味で)現状では、もともと販売経路を増やしたり、一般の方に手に取っていただくために日本語化をしている!という印象はありませんねぇ~。むしろメビウスさんとかが外箱だけでも日本語化している方が「一般の方に向けての普及」と言う意味では正しい動きなのかも!?とは思います。

> ゲートウエイゲームでカードゲームよりボードゲームの方がコンポーネント面でのインパクトが強いというのは一理あると思います。自分はトランプも大好きで、アナログゲームと同列に考えているので「トランプ以上」という比較はわかりません。TVゲームに関しては、全く比較の対象にはならない別のものだと考えています。

日本人は仲間内でアナログゲームを遊ぶとなると、まだまだ「トランプ」が一番の候補に挙がってくると思います。今はそれよりも上に位置するのがWiiなどのデジタルゲームでしょうか(確かにデジタルゲームを比較に出すのはちょっと変ですね。まぁパーティーゲームとして捉えていただけるとわかりやすいでしょうか)?そこで「ドイツゲーム」というアナログゲームの新しい選択肢を示すのであれば、そのいずれのものよりもより上位にあると思わせるような強烈なインパクトを最初から示すべきだ!というのがそもそもの私の意見でして、「トランプ」と「カードゲーム」のどちらが上位か?という厳密な順位付けの話ではありません(ちなみに私もトランプは大好きです!)。あくまでも一般の方が遊ぶ優先順位として(半分想像を踏まえていますが)考えていただけると嬉しいです(もちろん私と違う御意見であっても構いませんし、その方がむしろありがたいことは前提となりますが^^;)。

> 乗車券についての自分の意見はpgdbに書いてます。
> http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=1322

拝見させていただきます♪
2010/08/21(土) 10:51 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/339-9ceb8486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。