ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のテーマは「ピストルが出てくるゲーム」でした。何気にボードゲームとしては選びづらいテーマでしたね^^;警察官と一部の特殊な御職業の方(笑)以外は所持を禁止されている日本ですから、ピストルはある意味ファンタジーなアイテムとして認識されているようにも思えます。ですので良い意味で平和ボケした日本人ならば、あまりシリアスになることなくこのテーマを楽しめるのではないでしょうか?卓上のサバイバルゲームを是非楽しんでみてください♪

第1位:バン!

バン!西部劇の銃撃戦の激しさをそのままテ?マに取り入れたカ-ドゲ-ム。イタリアのメ-カ-「ダヴィンチ社」の名を一躍有名にした作品ですね。弱いものは決して生き残れない厳しい西部の掟がプレイヤ?を常にドキドキさせます。一応チーム戦なのですが、一体誰が敵で、誰が味方なのかは誰にもわかりません。少しでも油断するとたちまち蜂の巣にされることも・・・(笑)。ドタバタアクションカードゲームとしてはどこか一昔前のエポック社が出していたカ-ドゲ-ムシリ-ズに似た雰囲気もありますが、キャラクターの特殊能力は種類が豊富ですし、またバランスは非常に上手くとってあると思うので、この手の作品の中では特にオススメの作品ですね。


第2位:カーソンシティ

カーソンシティ既に置いたコマが確定的ではない!というワ-カプレイスメント作品の常識を覆す異色作。非常に練られたマネ-ジメントゲ-ムである一方、前述のように高い攻撃性が賛否両論分かれた作品です。全体的に「これでもか!」といわんばかりにゲ-マ-ズ向けの要素が盛り込まれているので、難易度はかなり高めに設定されており、ともすると面白さを十分に理解できない人もいるかもしれません。しかし熟練者でも数回はプレイしないと見えてこない部分があるこの作品は、逆にそうであるがゆえにその奥の深さは超1級品といえるでしょう。プレイ時間は一見長そうに見えますがそうでもないので、手強いゲ?ムに飢えている方に是非オススメしたい作品ですね。


第3位:ミステリーエキスプレス

ミステリーエクスプレス名作推理ゲ-ムの『クル-』のシステムをベ?スに。非常にスタイリッシュにアレンジを加えた作品。特にゲ-ムの目的を「完璧な正解を見つける」ことから「できるだけ真相に迫る」という方向にシフトしたのは、明らかに従来の推理ゲ?ムから1歩抜け出したイメ-ジがあります。「推理ゲーム」の新しいスタンダード作品としての地位を確立したといっても良いでしょう。豪華なコンポ-ネントと雰囲気満点のイラストワ-クはまさに「ミステリ超特急」の世界観を見事に表現してます。プレイ時間はいくぶん長めですが、ミステリゲ-ムを遊ぶ夜会などにはピッタリの作品といえるでしょう。


第4位:キャッシュ&ガンズ

キャッシュ&ガンズまるでギャング映画を見るようなシチュエ-ション。裏切り者には容赦はしない。喰うか喰われるかの緊張感漂うセッションは毎回非常に盛り上がります。たとえ複数の銃を突きつけられても怯まない根性が勝つのか、時には目の前のお宝を諦めることになっても逃げ出す勇気が勝つのか。誰が金を持ち逃げしようと企んでいるのか、はたまた誰が狙い目なのかを常に考えながらプレイするのはもちろん、弱いもの同士での予想外の裏切りもあったりと、常に疑心暗鬼のまま油断せずに場を見渡していなければいけません。最後に勝つか負けるかは紙一重。そんな作品ですね^^;


第5位:カブラモ

カブラモ意外にもロシアンル-レットをテ-マにした作品は少なく、その代表作ともいえるのがこの『カブラモ』です。本物のロシアンル-レットは本当に運試しですが、こちらはやはりゲ-ムらしく、運以外にもプレイヤ-の記憶力の良さも重要になってきます。なぜならば決して引き金を引いてはいけない弾の位置は、まずプレイヤ-本人が決めるからです。その後その位置を巧みにずらしながら(ずらされながらw)相手を自滅に追い込む様は非常にサディスティック!弾が出ると分かっていながら、自らその引き金を引かなければならない相手の悶絶した姿を眺めるのはかなり快感です(爆)。ただし生き残るのは常に1人!さぁ、あなたは究極の選択を楽しむことができますか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/336-e8cc6cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。