ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボ-ドゲ-ムという趣味が抱える大きな問題の一つに、早期の絶版化というものがあります。

老舗の人気メ-カ-でさえ、よほど人気が出るか、あるいは何らかの賞に輝くかでもしない限り、数年内に絶版化してしまうことも珍しくありません。

現に2000年以降の当時面白いといわれていた作品でも、今ではネットオ-クションでしか見られないようなものも少なくなく、また最近では、最初から生産数を限定して発売する手法や、極一部のマニアックなメ-カ-が小ロットで発売することで、新作なのになかなか入手できないというものも現に存在します。

しかし、その一方でマニア達はそうした作品にこそ群がる傾向が強く、特にネットで絶版ゲ-・レアゲ-のレビュ-を積極的に配信、あるいは閲覧するという人種は、様々な手法でそれらの作品の入手を試みますし、実際に手にも入れますし、それがさも「当たり前のこと」という認識すらあります(だって自分達はマニアなんですもんw)。

かくしてここに一部のマニアと一般ユ-ザ-との間にとても大きな溝ができてしまいます。

ですので、これは最近知ったのですが、こうした絶版ゲ-・レアゲ-を一般に公開すると

「手に入らないゲ-ムを紹介してどうすんだ?」
「結局面白くても、遊べないじゃね-か」
「なんだ自慢か?」

という意見も一部であるようです。

※最近発売の「ボ-ドゲ-ムジャンクション(安田均著)」にもこうした絶版ゲ-ムの紹介記事があって、そういう意見が聞こえるようですね。

まぁほとんどやっかみに近い意見ばかりですので、ことさらそれらの意見を支援するわけではありませんが、何となく気持ちは理解できます。

自分が遊べない作品を楽しそうに遊ばれてしまうと、多少羨ましい気持ちになってしまうのは当然といえるでしょう(中にはそういった絶版ゲ-・レアゲ-を紹介する場合には、「推奨コメント」を絶対に書かないようにしてケアしているという方もおられるようですが、実際には遊んでいる状態を公開する時点で、遊べない人にとっては「絵に描いた餅」を見せ続けられていることには変わりありませんので、それほど効果はないと思われます^^;)。

そこで今回はそうした絶版ゲ-・レアゲ-のレビュ-を公開することの意義について、少し考えてみたいと思います。

まず大前提として、とても重要な点を強調させていただきたいのですが、それは

「たとえ絶版ゲ-・レアゲ-を遊べなかったとしても、その人のボ-ドゲ-ムライフがつまらなくなることは一切無い!」

ということです。

とにかく多数の作品に触れることを信条とする一部のマニアにとって、このことは信じられないことかもしれませんが、これは事実です。ボ-ドゲ-ムという趣味はそれほど底が浅いものではありません。この趣味は実際に手に入る作品だけでも十二分にその楽しみを満喫することができます。

しかし一方で、「いつか出会うかもしれない(あるいは出会いたい)未知の作品の1つ」として様々な作品を「知っておく」ということも、これはその人のボ-ドゲ-ムライフを充実させる上でとても重要なことだといえるでしょう。

ということで、私(達?)が絶版ゲ-・レアゲ-を紹介する意義は、どうやらこの辺にあるのではないでしょうか?

「残念ながら今では絶版で入手は困難ですけど、こんな面白いゲ-ムが過去にはあったんですよ!」

という気持ちの裏には

「いつかこの作品とあなたが出会えたら良いですね♪」

という気持ちが込められているわけです。

私自身も一般の方と比較すればものすごい種類のボ-ドゲ-ムを遊んでいますが、それでもまだこうした「憧れのゲ-ム」「幻のゲ-ム」は常に自分の中にあります。

新作が発表されれば、それも遊んでみたくなりますし、こういった気持ちとうまくつきあうことも、この趣味を楽しむ上では大切な部分だと思っております。

繰り返しになりますが、特定の作品と出会えないからといって嘆くことはありません。

しかし誰かがこうした絶版ゲ-ムのレビュ-を書くことで、その幻の作品に再販がかかったり、リメイクされたりすることだってありえますし(可能性は低いかもしれませんがゼロではありません!)、また僅かな可能性であるがゆえに、自分自身が憧れている作品と遂に出会えたときの喜びは言葉にならないほどのものがあります。

少しくらい遊べない作品があった方が、実際には期待できる部分があって楽しいものです♪

一番重要なのは、自分が置かれている環境(この趣味にかけられる時間やお金等)に合わせてボードゲームという趣味を満喫するということ。ただし、その一方でもし可能であるなら利用できるものはどんどん利用した方が良いという意見には賛成です。当サ-クルでも常にリクエストを受け付けてますから、その辺も上手く利用してもらえると凄く嬉しいですね。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
レアゲーム、絶版ゲームのレビューについてはあまり考えたことがありませんでした。とにかく絶版になるのが早いし、最近は再販も多いので気にしない方が良いと思う、というのが自分の意見です。絶版ゲームの紹介で興味を持ったらギークなどで色々と調べられるし、ひとつ世界が広がるので良いのではないでしょうか。
2010/03/30(火) 13:46 | URL | けがわ #-[ 編集]
世間の要望
けがわさんこんばんわ

私自身もそこまで深く考えたことは無かったのですが、コラムにも書いたように「絶版ゲー・レアゲーに対するレビュー」に対して、少数かもしれませんが否定的な感情を抱く方もおられるのだなぁということは、私自身多少驚かされましたのも事実です。

結局のところ、世間一般的な方のボードゲームサイトに対する要望としては

・今すぐ手に入る作品で
・面白いものを紹介してくれ
・価格が安ければなお良し!

という3本柱が既に確立しているのではないかなぁ~と想像しております。

ですから、絶版ゲー・レアゲーのレビューは、マニアにはウケが良いですけど一般的にはあまりウケているわけではない、という図式もあるのかなと・・・

ということで、もし今後ボードゲームの人気サイトを目指すという方がおられるのであれば、「メビウス便評価サイト」とか「バネスト評価サイト」のように、比較的入手がしやすい新作オンリーのスタイルをチョイスするのが近道な気もいたします。

まぁココはそういった方向性とは少し外れているところですし、自分が気に入った作品を素直に紹介したり、月例会やゲーム会のレビューをだらだらとアップしたりするスタイルはなかなか自分にあっている気もしますので、今後もそれを変えるつもりは無いんですけどね^^;
2010/03/30(火) 20:05 | URL | タカハシ #-[ 編集]
世間の要望としては、確かに新作(あるいは流通していて手に入れ易いもの)のレビューとなるのでしょうね。ブログなどでも新作の情報は多いと思うので、そういった主流以外にも色々あって良いのではないかというのが自分の意見です。みな報酬があるわけではなく、趣味と情熱で書いているだけなのですから。

新作を殆ど追わなくなった今、じっくりと昔のゲームや好きなゲームを遊べるようになって本当に色々な発見があります。play:gameのレポート/レビューでは、そういう発見を新旧、絶版状況などに関わらず、伝えていきたいと思っています。ドミアグリレースという近年3大ゲームにまったく興味がないので非常に偏っていますが、そのあたりは読者も分かっていると思うので。
2010/03/31(水) 11:50 | URL | けがわ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/307-5bc555e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。