ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルバーウィーク最終日は有志で自宅ゲーム会を開催することになりました。集まってくださったのはNBGC常連のAさん、Iさん、Nさんの3人。昼前から夕方過ぎまでじっくりと普段はなかなかプレイできないゲームを中心に遊びました。遊んだゲームの総数は3作品と非常に少ないゲーム会でしたが、その分中身が濃密で充実した一日だったと思います。

スチーム

1.スチームまずは『スチーム』からスタートです。御存知M・ワレスの代表作『蒸気の時代』のリメイク作品で、氏本人が権利関係を色々と無視した結果メーカーに訴えられているという笑い話みたいな事態が生じている作品です。もともと人気作品だったのに絶版状態が続いていたことで需要がかなり高まっていたこともあって、かなり高額な部類に属するボードゲームでありながら国内でも相当数売れた作品でもあります(そのおかげでワレスも訴えられたのかもしれませんがw)。私自身は幸運にも『蒸気の時代』を購入できていたので(当時はさほど騒がれていなかったんですけどね^^;)、あえて『スチーム』を購入するつもりはなかったのですが、たまたまお店に立ち寄った際に「買ってください!」という作品のアピールを感じたので仕方なく入手した経緯があります(そういや『蒸気の時代』もバネストさんで購入した気がします^^;)。ということで、今回は『蒸気の時代』とあえて比較してみるために、ルール的に平易になった部分を確認する目的で「ベーシックルール」を選択して遊んでみました。この「ベーシックルール」なるものは『蒸気の時代』ではかなり重要なゲームシステムだった「手番順の競り」という要素を省くことで、プレイヤーへの負担をあらゆる面で軽減することを目的としたもので、本来の「マネージメントの厳しさ」をあまり与えることなく、『蒸気の時代』のオーソドックスな得点方法やゲームシステムを理解してもらうには十分な変更点だったように感じます。もともとかなり敷居が高い作品だったので、手が出しづらいイメージを抱いていた方には、安心してプレイできるレベルとまではいきませんが、かなり楽しく遊べる内容になっています。それは恐らくこの『スチーム』から入門した人が、その後「スタンダードルール」に進むことをあまり望まないような気さえするほどです。『蒸気の時代』の楽しさを十分に、そして手軽に感じ取れるという意味において、『スチーム』の存在はかなり高いといえるのではないでしょうか?一方で、もちろん従来の「蒸気マニア」においては物足りなさを感じ取るのに十分な内容であることは間違いなく、今回のセッションでもかなりその辺りは痛切に感じました。私の中ではもともと『蒸気の時代』は「気合を入れて楽しみたい!(ほどマネージメントが苦しくて楽しい)」作品でしたので、この『スチーム(ベーシックルール)』の甘さはある意味「気の抜けたサイダー」と一緒で、どうしても燃え上がるような情熱を掻き立てられることはありませんでした。ただし、それ以外の細かな変更点は気になるものはほとんど無く、普通に作品としてのレベルの高さは相変わらずです。最終ターンを待たずして私自身の勝利がほぼ確定しているような状況は、まぁ『蒸気の時代』にはありがちなシチュエーションではありましたが(笑)、それでも2時間という時間をあっという間に感じられるだけのパフォーマンスは発揮してました。まぁコンポーネントも綺麗ですし、MAPも両面ありますし、拡張もしっかりと出てますし、訴訟が元で絶版になる前に(爆)入手しておいて損はない作品だとは思います(何度もいいますが、ワレスは『蒸気の時代(『スチーム』)』と『ブラス』さえあれば(今のところw)十分でしょう)。

ギャラクティックエンペラー

2.ギャラクティックエンペラー続いては『ギャラクティックエンペラー』をプレイすることに。NBGCでは入手困難な作品を紹介することに消極的なスタイルでいるので、国内で正規販売されていないこの作品を遊ぶ機会を今まで見送ってきたのですが、積みゲーのままほっておくのも私自身の本意ではないので、今回思い切って遊んでみることにしました。この作品は単純にいえば「宇宙版『プエルトリコ』」と呼んでも良い作品で、根幹を成しているシステムは「1人のプレイヤーが選んだ役割を全員で実行する」という毎度お馴染みのものです。「役割を選んだプレイヤーには特権付き」という所まで一緒なのですから、ここは世間から「パクリゲーム」と呼ばれても文句は言えないでしょう(笑)。ただしそのまんま丸パクリなわけではもちろんなく、「ウォーゲーム」の要素が加味されていることで、基本的に他人を攻撃することを前提としており、従来の「箱庭ゲー」としての「プレイヤーインターアクション」の低さは微塵も感じられません。資源が豊富な惑星や、双子惑星(得点効率が高い)は常に戦闘地域として激しい戦いが繰り広げられますし、同盟・裏切り・報復といった攻撃的な要素が満載なシステムとなっているので、ゲームの性格は『プエルトリコ』とは似ても似つかないものであるといえます。あまりにも馴染み深いシステムであるがゆえに、最初この作品をプレイした人はその性格の違いゆえに正しくプレイすることはほとんど不可能であるといえますし、実際に今回のセッションでも全プレイヤーが手探りのままプレイを進める以外に術がありませんでした。「(あえて)軍拡に走ってみるプレイヤー」、「(あえて)科学技術に走ってみるプレイヤー」、「(あえて)エリア拡大に走ってみるプレイヤー」、「(あえて)資源獲得に走ってみるプレイヤー」と、それがはたして勝利に結びつくかどうかは誰にも分らないままゲームが進行していったのはある意味で「テストプレイ」としてやむを得ない部分があったことは否定できません。ただし、そこかしこにみられるシステムの荒さや不合理性を感じつつも、それなりの「ゲーム感」をしっかりと味わいながらプレイできたことはこの作品の潜在的なポテンシャルの高さを感じざるを得ませんし、セッション後の感想でも「未完成な作品ではあるけれども、もう一度遊んでみたいと感じさせる何かがあると思います」、「プレイ経験者でもう一度遊びたいですね」という意見が飛び交ったのは非常に嬉しい収穫でもありました。もう少しプレイアビリティを上げる工夫と、ゲーム終了の条件を精査(残念ながら現行の終了条件はちょっと酷すぎる気がします、「一定数の勝利点到達制」が良さそうな感じですね)することで、かなり面白いゲームに昇華する可能性を秘めていると思いました。暫く熟成させてから(腐らせないうちにw)是非再プレーしてみたいですね。

エンデバー

3.エンデバー締めはZ?manGameの新作『エンデバー』をプレイすることに。今年のエッセンでも発表予定の作品が先行販売で早くも日本に上陸したことで、私自身も思わずゲーム会前日に脊髄で注文してしまった作品です(お世話になっているショップの店長さん、ゲーム会に間に合うように色々と配慮してくださって感謝×2です♪)。ボードゲームギークではレイティングは7点に僅かに及ばず、順位的には200位を切った辺りですが(2009年9月末現在)、アベレージは何と8点台!という高評価を得ているこの作品。いやがおうにも期待が膨らむ作品ですが、実際に物が届いてからルールを読む間にも「これは久々のヒットかも!?」と感じざるを得ない作品でした。NBGCでも新作のレビューは久々なのですが、はっきりいって、この作品は面白いです!。プレイヤーはヨーロッパからスタートして、世界各地を探検していきます。毎ラウンド強制的に購入させられる建物によってアクション(基本的には「都市の制圧」と「出航による探検」)を行い、それによって各種プレイヤーボードのステータスを上昇させ、さらに立派な建物を建てたり、カードをめくったり、他人の拠点を攻撃したり、特定の地方を解放したりします。いわゆる典型的な「拡大再生産」をテーマにした作品で、終盤に向けて一気にアクションがバーストしていく感じは今でのどの作品よりも強烈です。またエリアマジョリティの要素や、叩き合いの要素もしっかりと組み込まれていることで、単なる「自己満足ゲーム」には留まらないデザインになっています。「あれもしたいこれもしたい」と思っているうちに一気に終盤になってしまう(僅かに7ラウンドしかない)ので、「ああすればよかった、こうすればよかった」とリプレイ欲求をくすぐる要素もふんだんに用意されていて、ほとんど文句のつけどころがありません。唯一の問題点としてあえて挙げるとすれば、コンポーネントの細かさくらいでしょうか?チップやカード、タイルが小さいので、必ずしもプレイアビリティが高いとはいえません。でもそんなのはほとんど問題ならないくらい作品の面白さの方が上回っていることは間違いないです。私の中での「良ゲー基準」のひとつに「遊び終わった瞬間にもう一度遊びたくなる」というものがありますが、それに照らし合わせるならばこの作品は100点満点です。これは暫く私の中で定番化しそうな勢いですね。さて、実際のセッションですが「建物レベルを上げる」必要性をヒシヒシと感じながらも合えてそれを無視する作戦を選択してしまった結果、かなり明確に置いていかれるハメに><(初めてこの作品をプレイする方は絶対に真似しない方が良いですw)、高いレベルの建物はアクション数が2倍あるものがほとんどなので、単純にリソース差で追いつけなくなっていきます。終盤カードをめくる作戦に切り替えたことと、トッププレイヤーを協力して叩くことで下位が結託した結果かなり点数的には追い上げることはできたのですが、やはり莫大なリソースの差はいかんともしがたく大差での2位フィニッシュでした。ただまぁ私の中では今回はあくまでも「テストプレイ」だったので悔しさよりも(面白い作品に出会えた)嬉しさの方が上回ったのは事実です。それくらい夢中になれましたし、あっという間に時間が過ぎた感じでした。またセッションが終わった瞬間にアレコレ見えた部分があったのは他のプレイヤーの方も同じだったようで、もしかしたらこの作品は『レースフォーザギャラクシー』よろしく最初から全開でパフォーマンスを発揮する作品ではないのかもしれません。よって今後この作品を遊んだ方から思わぬ酷評を受ける可能性は否定できないのですが、少なくても私は面白さを受け入れることができました。今は早く再戦したくて堪りません^^;


ということで、この日遊んだ作品はいずれも「テストプレイ」としての色彩が非常に濃いセッションとなってしまいましたが、集まって下さったメンバーの方たちはそれはそれで楽しんでもらえたようでしたので企画してよかったと思いました。今回の収穫はなんといっても『エンデバー』ですね。やばいなぁ^^;暫く脳内で回しそうな勢いですね。久々のヒット作かも!?byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/268-bdc77ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。