ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルバーウィーク(ってなんでこんなありきたりなネーミングなんでしょうね^^;)の間に魚沼で開催された「ボードゲームを楽しむ会」に久々に参加してまいりました。前回の参加が昨年の11月ですから、ほとんど1年ぶりくらいですね。

会場がある南魚沼は私の地元の新津からは電車で約2時間の距離があるので、もうほとんど隣の県に遊びに行くようなものでしたが、前日に魚沼から1時間ほどの長岡市の友人宅にお邪魔していたということもあって、足を伸ばしてみる気になった次第です(ちなみにNBGC常連のAさんは電車旅行が大好きということで、「2DAY切符」を購入されての参加、Iさんに至っては直前に仕事の都合が付いたことで急遽車で参戦というツワモノでした^^;)。

この日は秋晴れの気持ちの良い一日で、ボードゲームをするには少しもったいないような感じがしましたが、総勢7名の参加者が集まって楽しい一日を過ごしました。

コロレット

1.コロレットまずは、人数が揃うまで軽く『コロレット』を遊びましょうということで(なんか前回も最初は『コロレット』スタートだった気がしますw)、定番のカードゲームから始めることに。今回は得点表の裏側(点数の入り方が通常のバージョンと異なります)を使用してみましょうということで、何気にこのバージョンは初めて(もしくは2回目!?)の体験ということで、少し期待しながらのプレイでした。この裏側の得点バージョンは、「3枚集めると一番得点効率が良く、それ以上は少しずつ得点が減っていく」というもので、いつものように「取れるなら取っちゃえ!」という強引な作戦が使えません。序盤からあまりカードを取らないプレイをしている私を見てそれに気が付くプレイヤーと、そうでないプレイヤーがはっきり分かれた結果、カードを取りに行かなかったプレイヤーが全員同点という珍しい結果に終わりました。このシステムはそれなりに面白いとは思いますが、個人的には好みじゃないですね。結局「+2点」のカードを上手く取れた人の勝利になってしまいそうですし、なんとも微妙な感じでした。もちろん通常ルールでも「レインボー」のめくり運でかなり差が付くのでアレなのですが好みなのは断然コッチ。一度試してみて周りの反応を確かめてみるというのは良いかもしれませんね。

百科審議官

2.百科審議官続いては、3?3に分れて、こちらは私が持参した『百科審議官』をプレイすることに(ちなみにもう1卓のほうは『スモールワールド』でした)。この日はカバンがウェストポーチということもあって、小さいゲームで適当なものを詰めたつもりだったのですが、まさかプレイすることになるとは思いませんでした(笑)。さて、あいも変わらず面白いこのワードゲーム。今回の隠しテーマは私が「あしがついているもの」、Aさんが「ひながなに直した場合、文字数が偶数のもの」、Yさんが「暗いもの」でした。ちなみにこのゲームは隠しテーマを当てることが目的ではなく、あくまでも得点を稼ぐことが目的なので、あまりに真剣に悩むのは御法度です。また当てはまるか当てはまらないかの判断は個人の主観で構わないので、堅苦しく考える必要もありません。今回もYさんは自分のテーマに「人間」を当てはまるとし、「酒井法子」を当てはまらないと判断しました(いずれも提示したプレイヤーは私w)。あとで「今ののりピーは暗いでしょw」ということになってもそれはそれです^^;個人がどう判断するかもある意味でこのゲームの要素の1つだと思います。私は結局Yさんのテーマは大体つかめたものの、Aさんのテーマは全く掴めず(実は以前にも選ばれたことのあるテーマだったので盲点でした><)、逆にAさんもまた私のテーマはわからなかったようでしたが、偶然ヒットしたことで得点を伸ばし最後は全部の場所を見事に埋めて勝利されました。お見事です♪

オリゴ

3.オリゴ昼食休憩後は3?4に分れて、こちらは4人で『オリゴ』をプレイすることに(ちなみにもう1卓は『パンデミック』でした)。このゲームはいわゆる「陣取りゲーム」の最たるもので、「陣取りゲームデザイナーの雄」と呼ばれるクラマーらしい作品でした。ルールも非常にシンプルで、難しいところはほとんど無く、非常に良くまとまっている感じがする一方で、あまりにも地味な仕上がりや得点効率の重要性、TOP叩きという要素を常に感じながらプレイすることの難しさは、必ずしも初心者にオススメできるような感じはしませんでした。どちらかといえばゲーム慣れしたプレイヤー同士がガチンコで叩き合う「大人のゲーム」といった雰囲気です。今回も最終ラウンドでトップに立っている私を叩きに来るプレイヤーは皆無で、私自身が直接2位プレイヤーを叩いたこともあり、かなりの大差で勝利してしまいました。う?んどうなんでしょうね。多人数で遊ぶには地味すぎる気がしますし、かといって低人数ではプレイエリアの大きさとかもあってなかなかにバランスが悪そうですし、楽しむには色々と制限がありそうな感じの印象を受けました。オーソドックスな「陣取りゲーム」を遊んでみたいという人にはオススメかもしれません。私自身も決して嫌いなタイプではありませんが、積極的にプレイしたくなるほど魅力を感じる作品では無かったですね(やっぱり地味すぎるんでしょうねw)。

ドミニオン陰謀

4.ドミニオン陰謀続いても再度卓分けをして、こちらは3人で『ドミニオン陰謀』をプレイすることに(ちなみにもう1卓は『ヒーローオブザワールド』でした)。もともと『ドミニオン』は完全に「2人用ゲーム」と認識している私でしたが、「まぁ3人なら良いかな?」とコチラの卓につくことに。今回は基本セットと併用する「脱構築」「手札引きまくり」の2環境をプレイすることに。まずは「脱構築」ですが、相手のカードを廃棄させる2つのカードはあまりにも酷いですね><、『ドミニオン』に限らずカードゲームに慣れていないプレイヤー達がこれに固執したらかなりダルイ環境になる可能盛大でしょう。今回も私以外のプレイヤーがこれに固執してしまい、その間に他のコンボを成立させていた私が3つ目の山を枯らして楽々の勝利(ちなみに、この3つ目の山を枯らすとゲーム終了という要素もこの『ドミニオン』が多人数プレイに向いていない要素の1つといえるでしょうね)。2戦目はとにかくカードを引く効果がついたカードが満載の「カード引きまくり」をプレイ。この環境はカードをたくさん引ける一方で、アクション数を増やすカードがほとんど無いので必然的に「強カード」は限られてきます。皆さん色々と悩まれていたようですが、結局「寵臣」&「貴族」のコンボが最強でしょう。いち早くこのコンボに辿り着いた私が1戦目以上に圧勝で勝利でした。う?ん、今年のゲーム賞を総なめする勢いの『ドミニオン』ですが、今後はどんな感じになっていくんですかね?既に私の中では「マルチプレーゲーム」としての価値は見出せなくなっているのですが、今後も暫く人気は続きそうですし(拡張第3段「波止場」も決まりましたし)、手放しで評価できない悩ましい状況が続きそうな気配です。

ケルト

5.ケルト締めは軽く3人で『ケルト』をプレイすることに(ちなみにもう1卓は『サンファン』でした)。最近「大人ルール(昇り順のみ)」を採用することで少し自分の中で評価を上げていたこの作品。前回「大人ルール」を採用した場合の初期手札の不公平があると感じたので、今回は各ラウンドの最初に任意の枚数の手札を山札と交換できるというオリジナルルールを採用することにしました。これによって完全に不公平感が解消されるわけではありませんが、多少緩和はされた気がします。さて、実際のセッションですが手札を交換しても必ずしも望む色のカードや数字の低いカードを引けるわけでもなく(笑)、初期配置カードが「7」とかいう苦戦を強いられる色もあったりと第1ラウンドはマイナスのコマが3個もあって、少し出遅れたりもしたのですが、第2ラウンドはなかなかの引きをみせて一気にトップをまくり、さらに最終ラウンドで遂に会心のプレイ(願いの石5個&マイナスコマ0)が飛び出したことで43点!(私の中でバッケンレコードですw)を稼ぎ出すことに成功した私が、ものすごい大差で勝利することができました(なんか『ケルト』は久々の勝利な気がします^^;)。今回採用の「手札交換ルール」そして「カードのプレイを昇り順に限定する大人ルール」は単純に基本ルールよりも面白いと思いますので、今後私の中で『ケルト』のスタンダードになりそうですね。


ということで、この日は合計5ゲーム。常に和気藹々と楽しめる素晴らしいゲーム会でした。

帰りはIさんの車に同乗させていただくこともできましたし、遠方でしたが参加してとても良かったと思いました。同じ県内ですが地元からは中々に距離があるので、次回ははたしていつ参加できるかはちょっと未定ですが、その際にはどうぞよろしくお願いいたします。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
「魚沼ボードゲームを楽しむ会」主催者のやつです。
20日のゲーム会には、遠方から皆様にお越しいただき、どうもありがとうございました。

おかげさまで賑やかなゲーム会になりました(通常は4人会くらいの過疎ゲーム会なもので…)。
皆様のゲームを遊び楽しむ熱心さには頭が下がる思いです。

機会がありましたら、またのお越しをお待ちしてます。
2009/09/22(火) 20:50 | URL | やつ #-[ 編集]
こちらこそ凄く楽しませていただきました♪
こちらこそ突然お邪魔して申し訳ございませんでした。

おかげさまで楽しい一日を過ごさせていただきました。

> おかげさまで賑やかなゲーム会になりました(通常は4人会くらいの過疎ゲーム会なもので…)。
> 皆様のゲームを遊び楽しむ熱心さには頭が下がる思いです。
>
> 機会がありましたら、またのお越しをお待ちしてます。

なかなか我々のような田舎サークルですと面子集めにも一苦労ですよね^^;

県内サークルは全てお互いサポートし合えるような関係にあれば良いなぁと思っております。

なかなかに閉鎖的な趣味ですが、少しでもオープンにできると良いですね。

それではまたよろしくお願いいたします。
2009/09/23(水) 01:30 | URL | タカハシ #-[ 編集]
最近のコロレットは第2の得点票があるのですね。初めて知りました。1-4-8-7-6-5ということで今度試してみたい気もします。やはり3色プラスで他はマイナスなのでしょうか?

自分は通常ルールではレインボーカードは使ったことが殆どありません。ないほうがバランスが良いと思います。
2009/11/19(木) 17:05 | URL | けがわ #-[ 編集]
一度はお試しいただきたいかも!?
> 最近のコロレットは第2の得点票があるのですね。初めて知りました。1-4-8-7-6-5ということで今度試してみたい気もします。やはり3色プラスで他はマイナスなのでしょうか?

そうです。根本となるルールは一緒で、得点の入り方だけ違うようですね。どちらかといえばカードを取らない作戦が強くなりがちなので、団子もしくはめくり運の要素が通常よりも若干上かもしれませんが、それなりに私は楽しめました。

> 自分は通常ルールではレインボーカードは使ったことが殆どありません。ないほうがバランスが良いと思います。

確かにそうかもしれませんね~。レインボーなしは今度試してみたいと思います♪
2009/11/27(金) 23:48 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/267-a472552c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。