ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少しレポートが遅れましたが、先週の日曜日は私の自宅でちょっとしたゲーム会を開催することになりました。参加してくださったのはNBGCの月例会常連者のAさんとNさん。そして私の友人のZ氏を加えた3名です。あいも変わらず急な開催でしたが、快く参加を表明して下さった皆様に感謝×2ですね♪お昼ちょっと前から夕方まで、本当に「プチ」ゲーム会でしたw

スノーテイル

1.スノーテイルまずは、ずっと遊びたかった『スノーテイル』からスタートです。なんと「犬ぞりレース」という前代未聞のテーマをボードゲーム化したということで、発表当初から何かと話題作でもあったこの作品。ゲームの内容も非常に良くできているということで、もともとはマイナーなメーカーの限定販売だったのですが遂に一般メーカーからも発売されるに至ったという経緯もあって、この日はようやく日の目を見せてあげることができ嬉しかったです♪ゲームの中身は多種多様なコースタイルの組合せで作られたコースを、自分自身で犬ぞりを操作しながら競争するというもので、これだけ聞くと単なるレースゲームのように思えるでしょうけど、その「犬ぞりを操作する」という部分がとにかく秀逸なデザインとなっており、今までのレースゲームとは一線を画す作品に仕上がっています。今までのレースゲームでは単に移動距離をサイコロやカードで示すだけで、実際にカーブを曲がったり、前の障害物を避けるために試行錯誤することはほとんどありませんでしたが、この『スノーテイル』では、左の犬のスピードと、右の犬のスピード、さらにはソリ自体のブレーキを調整することで、多種多様な動きを表現することに成功ました。これによって非常に高度な読みやプレイ勘を要求されることになり、「レースゲーム」としては確実に1つ上のレベルに到達しているといっても良いでしょう。

2.スノーテイルまずは全くのプレーンなコースをテストランしてから、2戦目はかなりハイレベルと思われるコースレイアウトで勝負することに!障害物やコーナーの前での侵入スピードの調整、僅かな直線でどこまでスピードを上げれるか、最初はとにかく犬ぞりの操作が難しいので手番で全く前に進めない(進まない)ことを選択するプレイヤーも続出したりして、細かな駆け引きが随所で繰り広げられます。手番手番の行動が非常に重要なので、時には次の手番での行動も考える必要が生じることで思わぬ長考も必要となる場面もあったりして、ゲーム自体のテンポは「レースゲーム」としては致命的なものがあるかもしれませんが、それを踏まえたとしてもこの作品は「レースゲーム」の金字塔となる資格が十分あるように感じました。今までは『アヴェカエサル』、『フォーメルアイン』、『サイクルレース』が私の中での「3大レースゲーム」でしたが、今後は『スノーテイル』がこの中に割って入ることは確実でしょう。それくらいインパクトのあるセッションでし、またこの日は都合2レース遊びましたが、ポイント制にして何度も繰返し遊びたい(また遊ばなければならない)感じでした。

スモールワールド

3.スモールワールド続いては先日のセッションも非常に好評だったこともあり、この日もラインナップに上がった『スモールワールド』です。なんとAさんは先日のセッションでこの作品を気に入ったので購入してしまったほどです^^;ということで私とAさんは経験者、NさんとZ氏は初めてという顔合わせになりましたが、もともと難しいルールは全くない作品でもあるので、何と序盤はNさんが、そして中盤はZ氏が盤面をリードする展開となってしましました。Aさんは常にトップ下に隠れる頭脳的な作戦、私は明らかに出遅れた感じでゲームが展開されていきます。ところが明らかに出遅れていたことと同時に、最初に選択した種族が「トロール」(衰退しても除去しにくいキャラクター)だったことで中盤から終盤まで野放し状態になった私が、中盤から終盤にかけて「沼地の」「ラットマン」という数にモノをいわせた展開をみせて一気に大量得点を稼ぎ始めます。そして最終的には「ラットマン」はほとんど盤面から駆逐されるものの、「トロール」は大半が残り続けたことで見事逆転で勝利することができました。しかし、衰退回数がたった1回というのはゲームには勝利しましたが、ゲーム自体にはほとんど参加できなかったようなものなので、次からは序盤からフルに戦えるように頑張りたいですね^^;

生きてる!

4.生きてる!続いては「死体を集めてフランケンシュタインを作る」というおどろおどろしいテーマを扱いながらも、なかなかの切れ味あるシステムで一部で隠れた人気を博していた『生きてる!』をプレイすることに。全部で8つあるパーツを収集することを目的とするのですが、手番でやれることは「パーツを購入する」か「パーツを競りにかける」か「パーツを売却する」のいずれかしか選択しできないので、なかなか一気に全てのパーツが集まらないのと、他人がどのパーツを既に手に入れたのか、はたまた必要としているのかをある程度把握しなければならないテクニカルな部分、またカードの引きや展開によって徐々に各プレイヤーの間で差が付いていくのですが、一体現状で誰がリードしているのかを推し量る部分を常に念頭に置かなければならないので、本質的にはかなり上級者向けの作品だなぁという印象を受けたりもしました。ある意味この作品をゲーム会などに持ち出してみて「これ面白いねぇ?!」という面子が多ければ、その集団は「ゲーム力」が非常に高いといえるでしょう。一般的にはそれほど高くは評価されない傾向にあるのではないでしょうか。個人的にはシンプルなルールでありながら奥深い駆け引きを求めたこの作品はなかなかの意欲作だったと思います。

レースフォーザギャラクシー(拡張全部入り)

5.レースフォーザギャラクシーここでZ氏が帰宅されたので、最後は残った3人で『レースフォーザギャラクシー』を前回同様全ての拡張入りでプレイすることに。前回は省略された最新の拡張で追加された「侵略ルール」をきちんと採用してみることにするのと同時に、前回パワーバランスがかなりピーキーだったことを反省してきちんと初期惑星の配布ルールを採用してのセッションでした。さて、そんな中での感想なのですが、「この最新の拡張は不要ではないのか?」という印象がより強まったというのが正直なところです。新しい「侵略ルール」に関しては、意欲的な追加要素である反面、それを生かすためのカードが少なすぎてほとんど機能しないままセッションが進む可能性が高いのが非常に残念ですし、新しいカードに関してもちょっと効果が強すぎるかな?といった印象を拭えません。走るプレイヤーはとにかく走りますし、置いていかれるプレイヤーは挽回がかなり厳しくなっている印象を受けます。ソロプレイゲームであればそれでも十分だと思いますが、せっかくマルチプレイゲームとして機能してきたこの作品をあえて以前の形に戻す必要はない気がしました。拡張第1弾で非常に好評だった「ゴールタイル」の追加は単純に評価できますが、それ以外はちょっと失敗作の烙印を押されても文句は言えない感じです。もしかしたら今後予定されている第3段目の拡張で今回の「侵略ルール」がより活きてくるのかも知れませんし、「レースフォーマー(勝手に愛称を決めますけどw)」としては今更「拡張1」のみでプレイするのもダルイ感じがしますが、とにかくリプレイ欲求が非常に低下しているのは事実なのでガッカリ感はどうしても否めません。これなら『サンファン』の『アレアの宝箱』入りバージョンを遊ぶ方をどうしても選択してしまいそうです。


ということで非常に少ないゲーム数でしたが、なかなかに楽しいゲーム会でした。ずっと遊びたかった作品も遊べましたし、新しいゲームも遊べました。またそのうち機会があればプチ自宅ゲーム会を開きたいと思います。その際はどうぞよろしくお願いいたします。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
スノーテイルの犬ぞりを操るアイディアは好きなのですが、どうにも長考になってしまうのが今ひとつだなあと思っています。あとプレイヤー間のインターアクションが少ないのでどうしても順位が変動しにくいですよね。まあまだ2回だけのプレイなので何とも言えないのですが。ところで、ベストレースゲームにあげているフォーメルアインというのはトップレースやデイトナ500と同じものでしょうか?自分のベストレースゲームはブレイキングアウエイ、サーカスマキシマム、カラバンデ、アベカエサルあたりですね。
2009/09/15(火) 17:30 | URL | けがわ #-[ 編集]
けがわさんこんにちわ
> スノーテイルの犬ぞりを操るアイディアは好きなのですが、どうにも長考になってしまうのが今ひとつだなあと思っています。

レースゲームなのに長考が入りやすいというのは、ゲームのテンポを考えた上では確かに大きなマイナス点だと私も思います。

まぁその辺りをメンバー全体でどう盛り上げていくかも腕の見せ所だったりするのですが^^;

>あとプレイヤー間のインターアクションが少ないのでどうしても順位が変動しにくいですよね。まあまだ2回だけのプレイなので何とも言えないのですが。

自分のソリの操作に精一杯でなかなか他人の動きのまでは気がまわらないですけど、私はそれなりにインターアクションを感じました。最初はソロプレイチックでどうかなとも思っていたのですが、障害物とかコースレイアウトを変えるとかなり良くなりましたね。

>ところで、ベストレースゲームにあげているフォーメルアインというのはトップレースやデイトナ500と同じものでしょうか?自分のベストレースゲームはブレイキングアウエイ、サーカスマキシマム、カラバンデ、アベカエサルあたりですね。

そうですそうです。何回か再販かかってて、その度に名前変わったりしてややこしいんですよね^^; クラマーの作品の中でもかなり良い作品だとは思うのですが、世間的にはだいぶ人気薄ですよねw

ちなみに私はブレイキングウェイとサーカスマキシマムは未プレイです。ブレイキングの方は結構昔から名前を聞く作品でして、気にはなっているのですが残念ながらプレイ機会に恵まれていません。サーカスマキシマムはFF社から出ていたやつでしょうか?いつか遊べる日が来ることを願っております♪カラバンデは一瞬の奇跡ムーブが凄く面白いと思います。どちらかというと「伝統ゲーム」に近い雰囲気を持っていますよね。アベカエサルは、良い作品だとは思うものの、何故日本でここまで人気があったのかは私の中では謎です。ルールがシンプルなので万人に紹介できる反面、これまた「下位は邪魔し合ってはいけない」とか、「複数レース(最低でも3レース以上)が基本」という制約を守ってプレイされているところをほとんど見たことが無いため、実際は知名度の割りに例会でもそれほど盛り上がっていない作品の1つだと思っております。
2009/09/18(金) 01:29 | URL | タカハシ #-[ 編集]
なるほど、スノーテイルのインターアクションはコース次第ですか。カーブが多いとスピード制限がきつくて、下順位のブーストがかけられないんですよね。直線を多くして障害物を多くすれば面白くなりそうですね。

ブレーキングアウエイはレースゲームの弱点を克服した一つの形だと思っています。4台の自転車を操るのですが、相手の後ろに付くほど、のちの移動力が高くなります。

サーカスマキシマムはクニツィア作の古代ローマの新しいゲーム(または再販のローマ)に含まれているゲームです。完全情報ですが、軽快に進みます。

どちらも結構遊んでいるのですが、play:gameでは未レビューですね。てっきりレポートを書いたと思っていました。そのうち遊んで書きます。

そうそう、フォーメルアインシリーズではどれが一番面白いのでしょうかね?デイトナ500しか遊んだことがないのですが。もしご存知でしたら教えて下さい。
2009/09/18(金) 12:12 | URL | けがわ #-[ 編集]
コーナリングは腕の見せ所w
> なるほど、スノーテイルのインターアクションはコース次第ですか。カーブが多いとスピード制限がきつくて、下順位のブーストがかけられないんですよね。直線を多くして障害物を多くすれば面白くなりそうですね。

障害物は必須かもですね。基本的に(どんなに後と離れていても)相手の前に出てブロックしていること(=同じ車列でいること)で、後続のブーストがかかりづらいので、先行者有利のゲームであることは間違いないですから(その意味でインターアクションを感じました)、どこでまくるかの作戦と、どこで突っ込むかの勇気と(笑)、どれだけカードを引けるかの運が(爆)勝敗を分けそうです^^;

> ブレーキングアウエイはレースゲームの弱点を克服した一つの形だと思っています。4台の自転車を操るのですが、相手の後ろに付くほど、のちの移動力が高くなります。
>
> サーカスマキシマムはクニツィア作の古代ローマの新しいゲーム(または再販のローマ)に含まれているゲームです。完全情報ですが、軽快に進みます。
>
> どちらも結構遊んでいるのですが、play:gameでは未レビューですね。てっきりレポートを書いたと思っていました。そのうち遊んで書きます。

期待しております♪

> そうそう、フォーメルアインシリーズではどれが一番面白いのでしょうかね?デイトナ500しか遊んだことがないのですが。もしご存知でしたら教えて下さい。

私自身『トップレース』しかプレイしたことがないのですが(自分のも他人のも)、確か最近の版では「立体交差」ができたりしてコースレイアウトが変更されているような気がします(ちなみに『フォーメルアイン』と『トップレース』は同じですよね)。『デイトナ500』は確かグルグル周るだけでコーナーとかで詰まるイメージは無かったのですが、未プレイなんでちょっとわかりません(スミマセン><)。コマの形的には自分の持ってるASS版が一番カッコ良いと思ってますw
2009/09/19(土) 02:11 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/264-fd21f459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。