ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のコラムですね(笑)。

最近どうもあちこちで真剣に「ボードゲームの普及」とか、「趣味としてのあるべき姿」みたいなことが議論されるようになってきましたが(ようやく「ボードゲーム」自体が「趣味」として成熟しつつあるのかもしれませんね)、よくよく考えてみれば、そもそも「自分達がやっていること」を「正確に自覚している人」は、この世界にはあまり存在しないような感じがします。

そもそも私自身この趣味を始めた理由は

「他人とコミュニケーションが取りたいから」

です。

イヤ、別に友達がいないとかじゃないですよ^^;

もともとテーブルトークRPGやトレーディングカードゲームに携わっていた時代が長かったので、「アナログゲーム」というツールがコミュニケーションツールとして優秀であることは知っていたこともあって、「ボードゲーム」に行き着く流れはむしろ自然だったような気がします。

当然多くの方が私と同じような気持ちでこの趣味を始められたことでしょう。

「(他人と一緒に)楽しい時間を共有したい」

この考え方は至極全うであり、純粋な気持ちだと思います。

それがある日突然まったく別のベクトルが作用し始めます。

それは何かといえば

「もっと面白いゲームが遊びたい」

さらには

「もっとたくさんのゲームが遊びたい&所有したい」

というものです。

いつしか私達は本来の目的とは別の行動理念によって縛られてしまっているわけです。

先日もレポートさせていただいたように、なまじ「ゲーム合宿」なるものに参加したりするとその辺が凄く実感させられます。もともとこの趣味は内輪のクローズドなものである(だからわざわざ同好の志で合宿なんてするのでしょう)ことを我々は完全に忘れてしまっているのです。

そもそもは「ボードゲーム」を1つのツールとして利用することで、自らの努力で「他人と楽しい時間を共有すること」が目的であったのに、知らず知らずのうちに「たくさんボードゲームを遊ぶ」=「たくさん他人と楽しい時間を共有できる」と勘違いしたり、「珍しいゲーム&面白いという噂のゲームを遊ぶ」=「優秀なゲーム集団といえる」と考えたりするようになっていませんか?

私自身、個人的なゲーム所有欲はかなりある方だと自覚していますし(最近では少し落ち着きましたが^^;)、また新作や話題作に対するプレイ欲求も人並み以上にある方なので、それらの点に関して全く否定するつもりもありませんが、少なくても

「面白いゲームを遊ぶこと」

よりも

「面白く遊ぶことの方が大事」

だということは広く理解されるべき事柄だと思います。

ですので、私の中では正直

「ボードゲームの普及」

とか

「趣味としてのあるべき姿」

なんて、どうでも良いとさえ思っています(もちろんボードゲームのサークル主催者としては、NBGCの月例会に来て下さった方達には、心からボードゲームを楽しんで欲しいという気持ちに嘘はありません!)。

そんなことを口にする前に、むしろ

「面白いプレイヤーとしていかに成長できるか?」

を考えたほうがいかに建設的かということを理解している人がどれだけいるというのでしょう?

結局何が言いたいのかといえば、「自分たちがやっていることはとてもマニアックなこと」であるのに、「普及」や「理想論」を語るのは滑稽にすら感じる。ということです。例えばゆうもあさんのように地道な普及活動をなさっているというのであればいざしらず、無理に大義名分を掲げてまで取り組む必要があると思える趣味ではない!というのが私の意見です。

大体において自分達の趣味が非常に狭いということで困ることといえば、せいぜい「面子集め」くらいでしょう(まぁ地方の人間にはつらい現状ですが^^;)。趣味としてはかえってディープな方が健全であるとさえ私は思うのですけどね・・・(最近はレアなゲームをレポートすることに多少負い目を感じることもあるのですが^^;)。「別に楽しけりゃ何でも良いじゃん♪」といった一昔前のギャルのような発言が、実はド真ん中で正解なのではないでしょうか。byタカハシ

※まぁ一応意見としては以上のとおりなのですが、NBGCは地方都市のゲームサークルとして「ひどく無難な道」を選択しているんじゃない?という意見には異論を挟めません。ただしこれはあくまでもゲームサークル主催者としての私の判断で意図的にそうしていることであって、できるだけ認知度が高く、評判が良い作品を選んでプレイするようにしているのは、失礼を承知で傲慢な言い方をすれば「地方の(私の周りの)プレイヤーのレベルに合わせている」からです。首都圏や、ボードゲームが盛んな地域ではもっとアグレッシブな選択ができることは既に実体験として理解しています。でもまぁ既に色んな方面からある程度の評価はいただいているので(あざ~っす♪)、今後も特に方針を変えようとは思っていませんけど・・・。
コメント
この記事へのコメント
面白ければいい派です。(笑)
昔のコラムにまで口をはさんですいません。でも、興味深かったものですから、私なりの考えを、、。

基本的に、私は、面白ければいい派です。ゲームにもそこから入りました。「面白い(と言われている)ゲームを遊ぶこと」ではなく、「主観的に自分が面白ければいい」という考えです。「面白いといわれているゲーム」が面白いことは多いですが。

もちろん、対戦相手の方は尊重しているつもりです。まあ、これは、人間として当然のこと(何かエラソウな言い方ですが)だと思いますし。ただ、相手の方が面白いと思っているかなあ、ということは極力気にしないようにしています。もちろん、「このゲーム」もういやだ、と言われれば、そのゲームはしません。

ゲームを面白くするには、「ルールを守る」「常に自分が勝つこと(もちろんそのためにはトッププレイヤーの足を引っ張るという手もあるでしょう)に全力を注ぐ」「だけど殺伐とならないように」ということかなあ、と思い、これは、心がけています。ルールを守るのは当然のこととして、やっぱりみんなが勝ちを目指していないとゲームにならないと思うのです。まあ、いきなり初心者を叩きのめしていいのか?という話もありますが、、少なくとも私は叩かれるのは平気です。逆に手加減される方が悲しいです。そこで、最後に、殺伐とならないように、ということです。和気あいあいと「殴り合い」がしたいなあ、と。

実のところ、ウォーゲームには「ヒストリカル派」と「面白ければいい派」が存在していまして、ヒストリカル派の方々は、とにかく歴史的におかしい行動は嫌だ、という方々で、ここで、ちょいと分裂していたりもします。個人的には後者な考えで、でも、みなさん楽しければいいんじゃないかなあとは思いますが。

ゲームがマニアックな趣味なのか?ということは、、微妙だと思います。現状、プレイ人口が少ないことは確かですが、自分ではそんなに変ったことをしているつもりはありません。

ただ、「ボードゲームの普及」という点では、情報発信かなあ、とは思っています。といってもそれほど大げさなことではなく、ボードゲームを知らない人に、「こういったものがあるんですよ、こんな感じで楽しんでいるんですよ。」と、ネット上で紹介すれば、つまり、新しい趣味を探している人のアンテナに引っ掛かれば、それで、もういいんじゃないかなあ、と思います。あとはもう、その人次第、ということで。
ゲーム会社がつぶれ始めるくらい過疎だと非常に困ります(ウォーゲームはそんな感じの時期が永らくあったようです。)が、これは、1個人としてはいかんともしがたいわけでございまして、、。ささやかながら、情報発信もしていきたいところではあるのですが、、。

「趣味としてのあるべき姿」私にとっては、ゲームをする時間が楽しければいいです。で、楽しんでます。

「面白いプレイヤーに成長できるか」ですか、、。人に、ゲームプレイ以外の部分(盤外戦術も含めて)で不快感を与えなければいいんじゃないかなあ、と思っています。ゲームプレイも、殺伐としないように、心がけているつもりです。(まあ、何にでも言えることではあるのですが)
2009/11/30(月) 13:52 | URL | y #wlPBcTbc[ 編集]
Re: 面白ければいい派です。(笑)
いつなんどきでもコメントは大歓迎です♪

基本皆さん「面白ければいい派」だと思うんですけど、実際現場にいくと「未プレイ作品をプレイしたい!」「新作をプレイしたい!」「レアゲーをプレイしたい!」という欲望がどうしても表に出るみたいです。

でも、それは必ずしも不健全であるとかではなく、そういった欲望に素直に従うことも「趣味を続けていく」には必要な部分だと思います。

しかし、どうしてもそうした欲望に過度に引っ張られてしまうと、プレイヤーとしてのコミュニケーション能力がおざなりになることで、本来の目的=参加者全員で楽しむという本質部分を見失う危険性があります。

ゲームに引っ張られている状態から、自分がゲームを引っ張る域まで抜け出すのはなかなか難しく、私がであったプレイヤーの90%以上が残念ながら自らの力ではゲームを楽しんでおられません。

もっと能動的に「このゲームをこう楽しんでやる!」といったオーラを各人が自在に出せるようになったら、きっとどんな作品でも思い出に残る素晴らしいセッションになることでしょうね。
2009/11/30(月) 18:21 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/261-792e15f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。