ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の「カード編」に続いて、今回は「トランプを遊ぶ際に用意しておきたいもの」として「ツール編」を送りたいと思います。基本的に「トランプ」は「カード」と「プレイヤー」が揃えば遊べる遊戯ではありますが、様々な小道具を用意することで非常にスムーズに、そしてエキサイティングにプレイすることができます。できればこれらの小道具を用意して「プレイルームをセッティングする」という楽しみも味わっていただきたいですね♪

トランプゲームルール集まずは、非常に重要な「トランプゲームルール集」です。日本人であれば、「大貧民」や「ババ抜き」、「7並べ」あたりは大抵の人がルールを知っていますが、「クリベッジ」や「ナインティナイン」や「スカート」などの海外のトランプゲームのルールに関しては全く知らないというのが普通でしょう。今は情報化社会としてインターネットでこれら海外のトランプゲームのルールを入手するのも非常に簡単になりましたが、意外にローテクですがこうした「ルール集」を1冊用意しておくことが役に立つ場合があります。左の「トランプ・ゲーム大百科」や中央の「トランプゲーム辞典」などは非常に多くのルールを集約しているので、今でもたまに読み返すことの多いものです(残念ですが、現在は絶版です)。最近では一番右の「夢中になるトランプゲーム」がオススメです。著者は日本でのトランプゲームのパイオニア的存在でもある草場さんです。草場さん自身が長年愛好している面白いトランプゲームの数々を国内外の種類を問わずに御紹介なさっているので非常に読み応えもあります(なかにはあまり他では紹介されていない作品もあります!)。ちなみに私は通常のトランプゲーム会とかでは左の2冊と、自分でファイルしたもの(インターネット等で入手したもの)を用意しています。

チップ続いては「チップ」ですね。これは日本国内で遊ばれているトランプゲームのほとんどが「得点計算を必要としない」ものであるのに対して、海外のトランプゲームの多くが「得点計算を必要としている」ことからも、あらかじめ準備しておくと非常に便利なものだといえるでしょう。一般的に「チップ」の素材としては「プラスチック」のもの(写真左)が多いですが、「クレイタイプ(独特の質感を有しています)」のもの(写真中央)や、さらに中央に金属が入っている「カジノ用」のもの(写真右)があります。やはり手触りや高級感は右に行くに従い上昇しますが、個人的には普段仲間内で遊ぶのであれば「プラスチック」で十分だと思います。重要なのは「一定数の数を用意すること」で、それも「一定色を特に多く用意すること」にあるといえます。例えば私の場合「白を100枚」「青と赤を各50枚」程度を最低限用意するようにしています(多いときはその2倍3倍くらい用意します)。またホールデムポーカーなどの特にチップの枚数を用意しなければならない場合などは、さらにチップの代わりとなる「ゲーム用のお札」や「プレート状の点数表示チップ」も必要となることもあります。あまりたくさん用意する必要はないですが、オススメはハナヤマさんの38mmのカラーチップを2~3セット購入して中身を入れ替える(色を揃える)方法でしょうか?私は昔色別で入手できた時に入手したので入れ替えとかはしないですみましたが、今は色別では売られていないみたいですね><

携帯用チップちなみにですが、普段トランプゲーム会をしようというのであれば、できる限り大きなチップの方が扱いやすいですし、雰囲気も出ると思うのですが、持ち歩き用に「小型携帯チップ」を購入すのはかなりオススメです。特にボードゲーム会とかに行くときなどに持参しておくと、結構活躍してくれることがあります(逆に無いと「点数の記録がめんどくさいから別のゲームをしましょう」といわれてしまい、せっかくの面白いゲームがプレイされないケースもあります><)。またちょっとした小旅行の際に、前回紹介した「愛用のトランプカード」と「携帯用の小型チップを1~2個」カバンに忍ばせておくなんてことは結構ダンディ(死語w)ですよね。以前当サークルの新年のお年玉でも配ったように、比較的安価で(大量に!?)入手できるのも魅力です。そうそうお得といえば、最近(かどうかは分りませんが^^;)の「バイシクルのチップセット」もかなりお得です。確か「カード」と「チップ100枚」がセットになって1,000円くらいだった気がします。その昔「バイシクル」の「チップ100枚」だけで1,000円だったのに、「そんな、カードがオマケに付くなんて><」と悔しく感じた記憶があります(笑)。コチラのチップに関しては「プレスチック製」で確か「白50枚、青と赤各25枚」だった気がします。こちらを2個くらい買えば普通に遊ぶのに十分なチップが簡単に揃いそうですね。

用意しておくと便利なもの最後は、特に用意しなくても遊べますが、用意しておくと比較的便利なものとしていくつか紹介したいと思います。まずは「クリベッジ」のように、そのゲーム専門の得点ボードが存在するものに関してはそのボードはあった方が良いでしょう。雰囲気も出ますし、何といってもプレイアビリティが全然違ってきます。日本では本場の木製ボードはなかなか手に入りませんが、プラスチック版であれば定期的にボードゲームショップ等で販売されていますので、興味があれば是非!あとは、ディーラーマーカー(カードを配る人を示すもの)は意外と便利です。なければないで十分遊べますが、これもあればプレイアビリティが結構上昇するのでオススメです(ただコチラは一般的には販売されていないことが多いですので、何か別のもので代用しても良いとは思います^^;)。あとは、筆記用具とメモ用紙なんかは極稀に必要とされる場合もあります(しかし私自身これらを積極的に用意することはありません←ほとんどチップで代用できてしまうので)。また各種ゲームによって「デック(1組のトランプ)」を何個も用意しなければならないこともありますし、そのゲーム専用のトランプが存在する場合は、そちらを用意する必要もあります。が、しかしこれらの場合は一般的なものとしては非常にレアなケースと考えられますので、とりあえずは考慮しなくても問題ないとは思います。

とまぁ色々と御紹介しましたが、「一番必要なのは面子だよね」という御指摘はごもっともといえるでしょう(笑)。「一緒に楽しんでくれる仲間こそが最大のツール」ということは間違いないです。がしかし仲間と一緒にトランプを通じて最高の時間を共有するために、いろいろな小道具を用意するというのは実際のゲームと同じように楽しいものです。

是非皆さんトランプゲームライフをエンジョイ(死語w)して下さい♪byタカハシ

最後に私が知る国内のトランプゲームのルールを紹介しているサイトを御紹介します。

『カードゲームルール集』 http://www.page.sannet.ne.jp/mikotan/index.htm
『トランプゲームのルール紹介』 http://home.owari.ne.jp/~snowbird/
『ゲームファーム』 http://www.gamefarm.jp/

いずれも素晴らしいサイトですね♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/240-9e9a4c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。