ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもパソコンの調子が悪く、更新が滞りがちですが^^;何とか隙を突いてレポートを公開したいと思います。先週の日曜日はNBGCの31回目の月例会でした。既に初夏といっても良いほど非常に天気の良い(蒸し暑いほどの)日曜日でしたが、新しいお客様を迎え、久々に2卓立つほど(笑)盛況なゲーム会となりました。御参加頂いた皆様ありがとうございます。

<この日の参加者の皆様>
安達さん、池田さん、大野さん、格の進さん、桜井さん、スギハラ、野田さん

アレア作品集←今回の月例会からテーマが一新しました。新しいテーマは「メーカー」と「デザイナー」です。今回はその第1弾として、数あるメーカーの中でもその評価は断トツといっても良い『アレア』を取り上げてみました。もともとは『ラベンズバーガー』の1ブランドとしてスタートしましたが、今や独立して押しも押されぬ人気のシリーズとなりました。その特筆すべき安定度の高さは他に比類がないほどで、有名作品が目白押しなのがその特徴です。


賽は投げられた:酒井さんからのレンタル

1.賽は投げられたまずは、中箱の新作『賽は投げられた』からスタートです。先週の長岡でのゲーム会にて、主宰の酒井さんが気前良くレンタルしてくださった取れたてホヤホヤの新作です。サイコロをたくさん振るゲームで一見楽しそうな印象を受けますが、実際は考え所が多いので爽快感はあまり感じられず、それでいてシンプルなためどうもちぐはぐな印象を受けました。良いゲームだとは思いますが、プレイヤーを惹きつける引力に欠ける作品かなとw
第1位:64点=野田さん 第2位:54点=タカハシ 第3位:33点=桜井 第4位:32点=大野 (敬称略)

ドラゴンイヤー

2.ドラゴンイヤー一方こちらはスギハラが愛して止まない「マゾゲー」の筆頭格『ドラゴンイヤー』からスタートです(よりによって朝からこんな疲れるゲームを選ぶなんて^^;)。今回は久々のプレイということもあってかすっかりゲームのコツを忘れていたらしいスギハラが一人で割を食うプレイを続けたせいで、TOP集団がさほど苦しい状況を感じぬまま独走したようでした。「今度からちゃんとプレイメモつけようかな…」と反省しきりのスギハラでした(笑)。
第1位:109点=格の進 第2位:100点=池田 第3位:92点=安達 第4位:77点=スギハラ (敬称略)

サンファン

3.サンファン続いては卓分けを行い、こちらは定番の『サンファン』をプレイです。名作『プエルトリコ』のカードゲーム版としてではなく、既に『レースフォーザギャラクシー』などの後の人気ゲームにも影響を及ぼした名作といえるでしょう。今だに多くのサークル等で遊ばれ続けるのにはその面白さの裏づけがあるからでしょうね。今回は有効な建物を次から次へ建て続けた安達さんが勝利なされていましたが、ギルドホールはいらない感じでしたね^^;
第1位:31点=安達 第2位:29点=野田 第3位:26点=格の進 第4位:23点=大野 (敬称略)

ボンベイ

4.ボンベイ一方こちらは「新作枠」で今月のオススメゲームでもある『ボンベイ』をプレイ。この作品を気に入ったらしいスギハラがいうには「スゲー簡単な『マハラジャ』だね」ということです。個人的に『マハラジャ』とはだいぶ違うと思いますが、先々を予想して行動する辺りはなんとなく理解できる意見だと思いました。短時間で満足感を味わえる良い作品です。唯一の問題点は輸入元のHJの和訳が酷い点。非常にわかりづらいし意訳&誤訳もあります。
第1位:27点=タカハシ 第2位:25点=池田 第3位:24点=スギハラ 第4位:16点=桜井 (敬称略)

乗車券ヨーロッパ:大野さん持込

5.乗車券ヨーロッパここで昼食休憩の間、久々参加の大野さんに持ち込み頂いた『乗車券ヨーロッパ』を4人でプレイされていたようです(残りのお2人は休憩されてたようですね)。この『乗車券ヨーロッパ』も独特のルールがあってたまに遊びたくなるんですよね。本当にこの「乗車券」シリーズはどこをとっても面白いシリーズだと思います。今回のセッションではチケットの引きが爆発したプレイヤーの一人勝ちだったようです♪それにしても凄い点数ですね!
第1位:160点=池田 第2位:115点=野田 第3位:114点=安達 第4位:88点=桜井 (敬称略)

ラー:大野さん持込

6.ラー昼食後はまだ『乗車券ヨーロッパ』の決着がついていなかったので、買出し組と休憩組で『ラー』をプレイすることに。何気に大野さん持込みの「ウーバープレイ版」です。リメイク版のこちらはタイルが大きくなっていたりしてプレイアビリティがかなり向上しているのが特徴です。既に「アレア版」を持っている私も、密かに欲しかったくらい(笑)の逸品だといえるでしょう。この偉大な名作をお持ちでない方は、こちらのバージョンをお勧めします。
第1位:58点=タカハシ 第2位:46点=格の進 第3位:39点=スギハラ 第4位:36点=大野 (敬称略)

ルイ14世

7.ルイ14世続いては再度卓分けをして、こちらは格の進さんが未プレイということでリクエストもあり、久々に『ルイ14世』をプレイすることに。ドイツゲーム賞にも輝いたこの作品は、最近ではほとんどプレイされているところを見かけなくなりましたが、R・ドーンの代表作に挙げられる名作ですね。序盤から順調にリードする私でしたが、最後の最後でキングメイクをされてしまい1点差で負けてしまいました。それでも久々のプレイは非常に楽しかったです。
第1位:53点=格の進 第2位:52点=タカハシ 第3位:45点=安達 第4位:44点=大野 (敬称略)

キューバ

8.キューバこちらも初参加の池田さんからリクエストがあった『キューバ』をプレイ。私と同じくこの作品が大好きなスギハラにインストを任せてみました。オーソドックスな「出航型」で真っ向からガチンコしたスギハラと池田さんを尻目に必殺の「ダム型」で攻めた野田さんが「水法案」を守り通した効果を上手く生かし、最後は逆転&僅差で振り切って見事勝利されていました!幾通りもの作戦が考えられるこの作品は面白く、終始盛り上がってましたね♪
第1位:68点=野田 第2位:67点=池田 第3位:64点=スギハラ (敬称略)

魔法にかかったみたい

9.魔法にかかったみたいまだ『キューバ』の決着がついていないようでしたので、軽く4人で『魔法にかかったみたい』をプレイすることに。今回は最初に「私は泥棒系のカードは一切選択しません!」と宣言してのプレイでしたが、そのせいで上家の安達さんが「泥棒系」を選びまくって(何故他のプレイヤーは彼をマークしないのか謎でしたが)圧勝でした^^;それでも最後2位だったのは驚きです(笑)。そういえば4人プレイ時の「追加ルール」を失念してましたね?w
第1位:37点=安達 第2位:26点=タカハシ 第3位:22点=大野&格の進 (敬称略)

ノートルダム

10.ノートルダムここからは延長戦。残った5人で『ノートルダム』をプレイすることに。「病院」を放置しながら「公園&バギー」プレイを目指した私でしたが、何故か野田さんがバギー移動に執拗なまでに固執してしまい(笑)、結果として「疫病」のペナルティを複数回受けたのが最後まで響き、同点&所持金の差で3位にまで落ちてしまいました。セッションの全体を通じてカードの引きがかなり悪かったのと、逆に良かった人との差が大きすぎましたね><
第1位:63点=池田 第2位:63点=スギハラ 第3位:63点=タカハシ 第4位:48点=野田 第5位:45点=安達 (敬称略)

アウグスブルグ

11.アウグスブルグ続いてはビット&一斉公開競りという独特のシステムと、構築型要素を上手く融合した中箱シリーズの隠れた名作『アウグスブルグ』を4人でプレイです。独特のプレイ感を要求されるので一筋縄ではいきませんが、なかなか凝ったつくりをしているので特にフリークには評判が良い作品です。また構築型にしては珍しく、個人攻撃の要素もあるので、今回は最後にTOP叩きにあった野田さんを、作戦通りに逆転できたので嬉しかったですw
第1位:45点=タカハシ 第2位:43点=野田 第3位:35点=池田 第4位:31点=スギハラ (敬称略)

ロイヤルターフ

12.ロイヤルターフ締めは『ロイヤルターフ』をプレイすることに。軽く終わるかと思ったら結構悩む人が多く、会場撤収の時間が押し迫っていたので、第1、第2レースまでは完璧に近いほどの予想をみせて、点数的にかなりリードしていたのですが、最後のレースで他のゲームの片づけをしながらプレイしていた結果、気が付いたら3位にまで落とされていました(笑)。手伝いもせずに私の賭けている馬を執拗に足止めしていたスギハラが印象的でしたね?(爆)。
第1位:3,150?=野田 第2位:2,850?=スギハラ 第3位:2,500?=タカハシ 第4位:2,400?=池田 (敬称略)


ということで、この日は過去最長時間を記録するほど内容の濃いゲーム会となりました。やはり『アレアシリーズ』は安定感が凄いですね!シリーズ全体を通してプレイ時間の短いゲームが少ないですが、本当に面白いゲームばかりがラインナップされていて、この日遊ばれなかった作品の中にも「あぁこの作品もプレイしたかったなぁ?」と思える作品が目白押しでした。

また新しいお客様もお迎えできましたし、久々の常連さんもいらっしゃったりと、主催者としても非常に嬉しい月例会となりました。次回以降もどうぞよろしくお願いいたします。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
アレアは偉大
初めてコメントします。最近になってこのホームページを知りました。しっかりしたレビューやレポートは非常に参考になります。少しずつですが、過去のレポートを色々と読んでいます。

アレアは一番好きなブランドの一つ。特に大箱の1から7までは名作ぞろいだと思います。以前アレアキャンペーンと称して、1から順番に毎週プレイした事など、懐かしく思い出しました。

クニツィアのゲームというテーマ会、どんなゲームが出てくるのか興味があります。レポートを楽しみにしています。
2009/05/14(木) 14:18 | URL | けがわ #-[ 編集]
けがわさんこんにちわ
貴重なコメントありがとうございます♪

私の方はこの趣味をはじめた頃からPlaygameさんは常に拝見させていただいていたサイトです。

本当にアレアは水準が高くて、「いきなりアレア(やクニツィア)じゃ、あと続かないんじゃないの?」と心配されたほどです(笑)。

次回はクニツィア先生の会となりますが、正直彼のデザインした中で珍しい作品を狙い打つ!というよりかは、オーソドックスで有名なところを中心にプレイするかと思われます。

ですので、けがわさんが新たな発見をなされたり、興味を惹かれるような記事にはなかなかなれないかな~と思います^^;

いずれにせよ、拙い文章&内容で恥ずかしいのですが、地方でコソコソっと遊んでおりますので、今後ともよろしくお願いできれば幸いです。
2009/05/14(木) 18:05 | URL | タカハシ #-[ 編集]
押さえたほうがいいと思う情報。
はじめまして。「TABLE GAME IN THE WORLD」に載っていた情報によると、「アレアの宝箱」というアレア6タイトルの拡張をひとまとめにしたセットが出るそうです。
2009/05/17(日) 16:35 | URL | しゃみ・ぺけぺん #moRH3bTE[ 編集]
Re: 押さえたほうがいいと思う情報。
シャミ・ペケペンさんこんにちわ♪コメントありがとうございます。

その情報は結構有名ですよね~。

実は今回参加の格の進さんにも同じようなコメントを頂いた次第です^^;

格の進さん「てっきり「拡張セット」を遊ぶんだと思っていたよ~」

私「間に合わずにスミマセン><」

というやりとりがありました(笑)。

『アレアの宝箱』は今年中には日本にも入ってきそうですので、ホント楽しみですねぇ!
2009/05/17(日) 23:11 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/236-19502a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。