ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関係ないですが、本日から施行されたFC2(当ブログの所属する管理会社)の「高速化サービス」なるもののおかげで、記事の最後に広告が自動添付されることになってしまいました。「高速で閲覧が可能になるサービスを始めたいけど、反面コストが多大にかかるから広告を付けます」という姿勢はちょっとありがた迷惑な面もあり対処に困ります。もちろん外すことはできるのですが、そうすると「高速化サービス」は受けられないことになりますし、微妙なトコですね^^;一応閲覧してくださる方のことも考慮して、暫くは様子をみたいと思います。

さて、話は本題に。

次々回の月例会から当サークルの例会もめでたく31回目を迎えることになり、1つの節目を迎えたといっても良いと感じました。

そこで、今後暫くは月例会のテーマを少し変えたいと思います。

具体的には、今まで「新作&~」として、とにかく「新作」にも力を入れていた部分を全面的に取りやめます。

また、具体的な個別テーマも取りやめ、今後はリクエストを中心としながら、デザイナーとメーカーをそれぞれ個別テーマにしたいと考えています。

主な理由としては「過去の作品にもっと光を当てたい」という点が挙げられます。

常日頃あちらこちらのゲームサークル(並びに個人)のレポートを拝見させていただいていますが、どうも多くの方達は新作に比重を置きすぎているんじゃないかなぁと感じました。

この趣味に携わっている方なら誰でも「未知の作品」に関しては興味が沸きますし、自然と新しいゲームに目が行くことに関しては私自身も否定できない事実ですが、それ以上に「過去の名作をプレイしたことがない」とか、「プレイしたことはあるけど、一度しかない」というプレイヤーが物凄い数存在するという事実にも目を向ける必要があるのではないでしょうか?

「色んな種類のゲームをプレイしたことがある」というのは確かに1つの価値基準ですが、それが「面白いゲームを沢山遊んでいる」ということに必ずも直結しないのがこの趣味の特徴でもあって、また難しい部分でもあります。

既にゲーム棚には一生分のボードゲームは揃っています。

今までは恥ずかしながら、「地方にいても、それほど首都圏と差がないくらいには新作ゲームを紹介してあげたい」という個人的な目標もありましたが、ここらで少し路線を変更するのも良いかな?と思います(別に情熱が薄れたとかではないので御安心下さい^^;)。

なんだかんだ言って、新作を買わないわけないですしw

ただテーマとして「新作」を掲げることは暫く止めます。ここら辺は他サークルさんにお任せしても良いかなと(笑)。

まぁ基本的には、世間一般的に「面白い!」と評判のゲームを中心にしていこうというだけのことですので(ようは「我々は美味しい所取りしましょうよ♪」というわけですw)、今までどおり参加してくだされば嬉しいです(リクエストとかもらえればなお嬉しいですね♪)。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/226-e07ddb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。