ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

さてさて先週末の土曜日は、子育て中の親子を対象に、県内で様々なイベントを開催されている「HappyBalance」さんと、以前当ブログでも紹介した新潟のボードゲーム屋さん(正確にはおもちゃ屋さんですが^^;)の「krtek」さんが共催で行っている「親子で楽しむボードゲーム大会」が開催されるということで、NBGCとしても発足3年目で初めて他団体さんのイベントに御協力させていただきました。とても楽しいイベントでしたので、その模様をお伝えします。

親子ゲーム会:1この日お手伝いに参加したのは、私ともう一人、NBGCにも良く顔を出してくださる格の進さんでした。とりあえずは「親子で参加」がメインのイベントということもあって、「是非大人用(あるいは高学年生向け)ゲーム卓のインストラクトをお願いしたいのですが・・・」という依頼でしたので、できるだけシンプルで面白いゲームをチョイスして持参してみました(写真2枚目参照w)。またそれら以外にも、今回は予めリクエストもありまして、名作『スコットランドヤード』を2卓立てることが最初から決定していました。ということで、開場するなり私と格の進さんはお互いの『スコットランドヤード』を広げる作業に取り掛かりました(笑)。ちなみに、私が所有している『スコットランドヤード』は20周年記念盤なので、箱は頑丈な缶になっていますし、ミスターX用のサンバイザーも特製の帽子になっていて少し自慢の一品ですwまぁそれ以外の中身は全く同じなんで、どうでもよい話ではあるのですが^^;

親子ゲーム会:2その間、他の卓では子供向けゲームも次々と始められていたりして、会場はかなりにぎやかになってきました。サクッと『スコットランドヤード』の準備が済んだ後は、『果樹園ゲーム』を遊びたそうにしている親子にインスト&相手をしてあげたり(何故かそこの娘さんは、果物を取るのは大好きなのにサイコロを振りたがらないというカワイイ子でした(笑)カラス怖いもんね^^;)、格の進さんと一緒に『傾いてるよ!オイ!』のデモプレイをしてみせたりと(ちなみに格の進さんは私に2連敗。子供さんを交えても2連敗となかなかのダメッぷりでしたw)色々お手伝いをさせていただきました。昔から思うんですけど、バランスゲームとかアクションゲームとかのお子様の強さは半端無いですよね><何気なくブロックを積上げちゃってるのに、それが絶妙のバランスになっていたりして、大人は翻弄されっぱなしです。

親子ゲーム会:3さて、主催者の方から本格的に開催宣言がなされたあとは、いよいよ『スコットランドヤード』の開幕です。2卓ある内、私の担当はお父さんお母さん中心の卓、格の進さんの卓は子供さん中心の卓となりました。私の卓では唯一参加されていた「お父さん」がミスターX役を担当し、私を含めた他のお母さん(&娘さん)が刑事役を担当しました。お父さん&お母さん達は今までもこちらのイベントに参加されていたからなのか、なかなかに飲み込みが早いのですが、驚いたのは一人お母さんと一緒に参加していた女の子の駒の動かし方で、序盤から鋭いムーブメントを連発するそのゲーム感はとても素晴らしく、熟練者の私から見ても非の打ち所がないほどでとても感心させられました。そんな中、お父さんXはまんまと裏をかいて包囲網を潜りぬけていったのですが、中盤で思わぬミスプレイが飛び出してしまい、捜査員の一人に2択で逮捕の条件を与えてしまいました(一応ダブルムーブの権利はあったのですが、それを拒否したのはある意味で立派ですw)。そしてそれをあっさり的中させるお母さんデカ、決めゼリフは「意外とコッチでしょ」でした(爆)。やはり女の勘って凄いんですね^^;さて意外に短時間で終了したコチラの卓とは対照的に、格の進さんの卓ではミスターX役のお子さんが大活躍を見せています(子供デカではなかなか包囲網を作れないですからねw)。結局ミスターXが勝利したということで、全く対照的な結末となったのが印象的でした。

親子ゲーム会:4『スコットランドヤード』が終了した後は『イモムシイモムシ』のインスト&プレイをしたり(ほとんど「4」と「5」しか選んでいないのに、ぶっちぎりで勝ってしまって格の進さんに怒られましたがw)、メビウス便の新作『フィット』のインスト&プレイをしたり(こちらは頑張ってちゃんと2位をゲットしました!)、終始楽しいゲーム会でした。やはり子供が見せる独特の反応は大人もハッとさせられるときがあって、凄く刺激的でした。会場内はあちこちで色んなゲームがされていて(しかもみんな楽しそうに♪)、こんな風に子供が心から楽しめるツールとしてボードゲームが利用されるような文化が、日本の地方都市の一部であっても、ちゃんと根付いてくれることがボドゲファンとしては一番嬉しいことだなぁ?と改めて再確認しました。格の進さんもおっしゃってましたけど「子供には勝ち負けを超えて楽しんでもらうのが一番大事!」というのはまさしくそのとおりですよね。普段大人同士で遊ぶ時はどうしても勝負にこだわる場面が多いので、たまにこうして子供さんと触れ合うと本当に心が洗われます(笑)。

ということで、ゲーム会が終了した後は、軽いお茶会があって、その後は自然解散という感じでした。伝え切れなかった会場の楽しい雰囲気などは「krtek」さんのホームページで報告されていますので、興味がある方はそちらを参考になさってください。今回は色々と力不足で、お手伝いにならなかった部分も多かったと思いますが、今後も機会があれば是非お手伝いをさせていただきたいと思えるような素晴らしいゲーム会でした。また次回があればできうるかぎりのサポートをさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。byタカハシ

PS:なお、一部当サークルの活動にも興味を持ってくださった方もおられまして、それはそれは本当に嬉しい限りなのですが、こちらのブログを少しでも御覧になられたら何とな?くお分かりだと思いますが(笑)、当サークルの通常の活動はかなり上級者向けと申しますか、大人用のボードゲームをメインで楽しんでおります(多分かなり引いちゃうレベルだとは思います^^;)。ですので、もし当サークルの月例会等に参加なされてみたいなぁ?ということであれば、予め御一報頂ければ幸いです。そうすれば比較的初心者向けの面白いゲームを可能な限り用意させていただきます!。また月例会自体はほぼ1日開催するような場合もありますが、途中入室・途中退場は一切自由ですので、お気軽にお越し頂ければ大歓迎いたします♪決してマニアックな集団とかではないので(笑)御安心下さい(え?十分マニアックだって?^^;)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/224-daac8630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック