ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
既に年内のゲーム会は全て終わり、特にレポートすべき記事もないので、先日(といっても少し前になりますがw)今年国内外でかなりの人気を博した『パンデミック』の「上級編」をソロプレイしてみたのでその模様をお伝えしたいと思います。もともと「多人数協力型」のゲームなのでソロプレイ感が高いのですが、実際にソロプレイで遊ぶのは久々(ゲームのルールを確認したとき以来)なので、はたしてどうなることやら(ちなみにそのときは「中級編」で敗北していますw)心配でした。なんせこのゲームの「上級編」クリア率はかなり低いという噂ですからね。

パンデミック1実はこのゲームの「上級編」は持ち主でもある友人Sの方が先にクリアしてしていて、そのときの話を聞いた感じでは「人数は4人プレイで手札は完全公開、職業は完全ランダム」ということでしたので、私も負けじと同じレギュレーションを採用してみることにしました。ということで結果選ばれたメンバーは「衛生兵」「科学者」「研究者」「工作員」の4人です。「特派員」が抜けたのは正直痛いなぁと思っていたので前途多難なスタートでした。

パンデミック2さらに驚いたのは初期配置で、見事に色の偏りがみられます。「危険ゾーン」でもある感染3つの都市は黄色(アフリカ&南アメリカ)と青(ヨーロッパ&アメリカ)に集中し、赤(アジア)は比較的軽微な感染、黒(ロシア&中東)に至っては感染無しという状況でした。これが吉と出るかどうかはかなりのカード運に左右されそうです(一気に敗北するかそれとも楽勝か)。まずはスタート都市がアメリカなので青に集中したのは悪くない兆候です。

パンデミック3とにかくこのゲームの最大のコツは「感染3つの都市は何を差し置いても優先」というものなので、とりあえずはパンデミックが起きないうちに黄色と青の感染3つの都市に直行です。また初期手札に黄色が4枚(うち2枚所有しているキャラがなんと「科学者」というラッキーぶり)あったので、あわよくば黄色の治療法を早期に発見してしまおうというのが当面の作戦になりました。比較的安全なアジアと、平和なロシア&中東は暫く無視です^^;

パンデミック4最初の数ターンは「エピデミック(爆発的感染)」により山札がリセットされないうちは安全なのですが、一度リセットされてしまうと新しく増える感染3つの都市と既に出た都市に再度感染が広がる可能性が高まるので一気に危険性が増します。そしてこの日一番酷かったのが2回目のエピデミック時で、何と1回目からわずか2ターン後に発生という危機的状況でした。しかも都市カードはほとんど黄色1色!!正直クリアを諦めましたよ><

パンデミック5そして、序盤に感染の抑制を無視して先に治療法を発見するというギャンブルに出ていたことが事態をさらに深刻にしています。既にマップ上には黄色と青のキューブが溢れ、今後のエピデミックの発生時期によっては一気にゲームセットの可能性すらでてきました。とにかく手札をフルに利用して毎ターン必死の消火活動(笑)が続けられます。アウトブレイクマーカーもいきなり4つ進み、恐らくここが今回一番の山場だったといえるでしょう。

パンデミック6いやぁこのゲームのバランスは本当に神がかっていて、ほんのカード1枚の差が冗談抜きで生死を分かちます。特に「特殊カード」を適切なタイミングで使用できるかどうかは重要なポイントです。そして今回はこの「特殊カード」の引きが抜群でした。欲しい時に絶妙のタイミングで引け、なおかつ使用できたことにより、徐々にですがクリアに向けての光明が見え始めます。残る治療法は僅かに1つなのですが、果たして無事間に合うでしょうか?

パンデミック7そしてゲームは終盤へ、かなり長い間危機的な状況が続いたのですが、前述の「特殊カード」の効果もあって遂に感染力より抑止力の方が上回り始めます。ここまでくれば感染力3つの都市以外はほとんど無視状態で、ようやく最後の治療法に着手できる余裕が出てきました。そして遂にクリアのためのカードが揃います。以後数ターンはアウトブレイクの可能性もほとんど無し。ようやく長く辛い戦いに終止符が打たれることになります。

パンデミック8と思ったら、ちょっとした計算ミスで、治療法を発見するキャラが工場に1歩足りないことが判明し、ゲーム終了はもう3ターン後に延びてしまいました(笑)。プレイヤーカードの山札が切れそうだったので(切れたらゲームエンド!)、もしかして最後の最後で大ポカをしてしまったのか?と少し焦りましたが(実はかなり焦りましたw)、なんとか山札は持ちこたえて(残り2ターンでした)くれて、晴れて「上級編」を1発クリアすることに成功しましたっ♪


ということで、挑戦1回目でまさかの「上級編」クリアをしてしまいました。クリアできた要因はやはり1人で全て考えられることができたのが大きかったのと、今回はカードのめくり運、特殊カードの引きが全体的に良かったからだと思います。もし複数プレイヤーで協力プレイしていたらかなり厳しかっただろうことは容易に想像できますし、また3人プレイでも当然展開は違ったことでしょう。まぁとりあえず「上級でもクリアできる」ことは分かりましたので、あとはどれだけ「ハードルを上げられるか」、また「多人数で楽しむことができるか」、がこのゲームに関する個人的な今後の課題です。カードゲームが席巻した今年のボードゲーム界にとっては、このゲームの存在は非常に大きいですね!これからも楽しみなゲームになりそうです♪byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
パンデミックはいいゲーム!
パンデミック。
上級ゲーム先日クリアしました。
人数は4人プレイ。EPidemicは6枚。手札は未公開。色の枚数のみ質問できる。職業は完全ランダム。
数回やりましたが、最高で3つの病原体根絶の上でクリアできました。
ゲーム回数はもう何回やったか分からないくらいやっています。あれは良げーです。
2009/05/30(土) 18:53 | URL | とら次朗 #-[ 編集]
Re: パンデミックはいいゲーム!
とら次郎さんこんにちわ

上級クリアおめでとうございます♪

パンデミックは色んな意味で今が旬ですよね^^;

本当にパンデミックが起きたら大変ですが、ゲームとしてなら楽しめる部分も多く、実際『パンデミック』はここ数年の中でもかなり良質の作品だと私も思います。

今年の夏頃には「日本語版」と拡張第1弾(こちらも「日本語版」が発売される模様)がホビージャパンから発売されるという事ですので、凄く楽しみですね!
2009/06/02(火) 13:17 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/194-40bd1970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。