ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本中が寒波に包まれた週末、今回は名古屋時代に「EJF」と同じくらいお世話になっていたゲームサークル「あ・らいと・すたっふ」の主宰であるsimaheiさんがわざわざ参戦してくださるということで、楽しみにしていたNBGCの第26回目の月例会ですが、実はハプニングは前日からありました。土曜日の朝に新潟に飛行機で着いて、そのまま佐渡観光に向かうはずだったsimaheiさんはフェリーの欠航(前述の寒波の影響により)してしまい、全ての予定が白紙に。とりあえずNBGCの常連さんでもある格の進さんに助けを求めたところ(実は2人はBSW仲間だそうです)、格の進さんは格の進さんでタイヤ交換で実家に戻らなければならないということで、結局格の進さんから私にsimaheiさんの観光案内役が回ってきました(笑)。まぁ特にその日は予定がなかったので快く引き受けたのですが、何分急な話だったのでどこを案内したら良いか分からず、とりあえず地元の歴史資料館にお連れすることに。越後の豪農の旧家をそのままの形で展示しているその資料館は、私自身も小学校以来ということでかなり不安だったのですが、とりあえず他に思いつく名所もないので、半ば強引にお連れしてしまいました。
トキすると、さすがは越後の豪農、やってくれます。のっけから特別天然記念物の剥製のお出迎えですからね(爆)。まったく最近の新潟は佐渡から繁殖に成功したトキが飛来しているくらいですから、剥製くらいどうってことないのでしょうけど(そんなわけあるかいっ!)とにかくコレ以外にも越後の豪農は代々収集家だったのか、国内外を問わず様々な骨董品が広大な敷地にある旧家内に展示されています。まるで出来の悪い博物館といったところでしょうか(爆)。外は新潟の冬さながらの雪が舞い散っていますし、とにかく寒くてたまらなかったです。ここの名物の「藤棚」も「しだれ桜」も季節をまったく外しているので当然枯れてますし、正直かなりお連れしたことを後悔したのですが、優しいsimaheiさんは特に文句をいうこともなく(ブルブル震えながらw)お付き合いしてくださいました。その後はお詫びとばかりに地元の温泉施設で温まってもらい、私の自宅にも寄っていただいて軽くゲームをしたりもしました。夕食も御一緒させていただいて逆にこっちが面倒を見ていただいた形になってしまいました。こんな感じで新潟はつまらないところですがまた遊びに来て下さると嬉しいです。


ということで、明けて翌日はsimaheiさんを含めて朝から常連さんと、なんと新しいお客様でもあるほしなさんをお迎えして第26回目の月例会を開催することが出来ました。天候もだいぶ回復して晴れ間が見え始めたこの日、本年度最後の月例会はにぎやかに開始されました。

<今回の参加者の皆様>
安達さん、大野さん、格の進さん、simaheiさん、桜井さん、野田さん、ほしなさん

NBGC準備今回の個別テーマは「地図が出てくるゲーム」でした。ボードゲームの性質上、何かの地図がボード版として使用されるケースは非常に多く、古くはシミュレーションゲームから最新のゲームまで、どこかの都市や地方がエリアMAPとして使用されることは珍しくないです。ということで、この日用意したゲームの数は過去最多に近いほどの数になってしまいました(またほとんどのこの手のゲームがいわゆる「重いゲーム」なんですよね><)。

simaheiさん持込み←こちらはsimaheiさんが昨日のTGF(テーブルゲームフェスティバル)で購入したばかりという『ボルネオ』を外箱を除いてシンプルにまとめた形でわざわざ持参してくださったものです(やはり旅をするなら外箱は邪魔ですよね^^;)。ちなみにボードゲームの外箱を抜いて中身だけ保存すれば収納も大分楽になるのでしょうけど、この箱は多くの人は捨てられないですよね。中にはタイルを打ち抜いた枠すら取っておく人もいるそうです。

桜井さん持込み←こちらは珍しく桜井さんが持ち込んでくださった『アクシス&アライズ:ガダルカナル』です。もともとシミュレーションゲーム畑の桜井さんとしては、今回の「地図が出てくるゲーム」はまさにうってつけだったんだと思います。ちなみにですが『アクシス&アライズ』の「ガダルカナルバージョン」は初めて拝見しました。アバロンヒルは『アクシス&アライズ』のシリーズをいくつか出していますがこの「ガダルカナルバージョン」は結構珍しいかも!?

安達さん持込み←こちらは例によっていつもの「安達コレクション」です。安達さんも桜井さん同様シミュレーションゲームが大好きなので、今回のテーマは合わせようと思ったらいくらでも持ち込むことが可能だったに違いありません^^;シミュレーションゲームはそのほとんどが「地図」が出てきますからね。逆に「地図」が出てこないものを見てみたいくらいです(局地戦とかも突き詰めればその現場の地図ですからね^^;)。また「10DAYS」系は鉄板ですよねw

格の進さん持込み←こちらは格の進さんの持込みゲームです。私以上にボードゲームのコレクションが豊富な格の進さんは、さすがですね。わざわざ私が用意しなさそうなゲームを中心に持ち込んでくださいました(笑)。おかげさまでゲームの選択の幅が増えて助かります。御結婚を期にメビウス便をやめられたと伺っておりますが、もしかしたら最近は新作を買わない感じですかね?さすがにボードゲームはほとんど実家に置いてあるそうですけど^^;

大野さん持込み←こちらは大野さんの持込みゲームです。何か最近完全日本語版が出た『ディセント』を購入されたようで、その馬鹿でかい箱が写っています(私も同じサイズのゲームを所有しておりますので、そのデカさは知っているつもりです)。このゲームは是非プレイしたいのですが、なにぶん一度始めるとこのゲームだけで時間を取られてしまうと思うので、個人的にはその内個別ゲーム会としてプレイしてみたいです(とリクエストしてみますw)。

乗車券スイス:大野さん持込

1.乗車券スイスとりあえず今回は3卓に分かれて、こちらは『乗車券スイス』からスタートすることに。先日の同ゲームのセッションでは完敗を喫した私はこの日はオーソドックスな戦略をとりました。そして比較的順調でしたが、このゲームで普段から息子さんを英才教育(という名目でボコボコにしているそうですw)simaheiさんに高得点のチケットカードを連続で成功させられてしまい惜敗。私の方は高得点のチケットが全く引けなかったのが敗因でした。
1位:138点=simahei 2位:124点=タカハシ 3位:119点=安達 (敬称略)

アフリカ:格の進さん持込

2.アフリカこちらは格の進さんが持ち込んでくださったR・クニツィア博士の『アフリカ』です。初参加のほしなさんがボードゲームはほとんど初心者ということで、こちらのゲームをオススメしてみました。シンプルなルールと見た目の面白さから隠れたファンも多いこのゲーム。またボードの雰囲気も良く、初心者からベテランまで楽しめるゲームですよね。しかもなんとほしなさんは(格の進さんに並んでの)いきなりのトップ!スペックが高いですね?♪
1位:36点=格の進&ほしな 3位:34点=桜井 4位:30点=大野 (敬称略)

郵便馬車

3.郵便馬車続いてはメンバーを入れ替えて、こちらは年間ドイツゲーム大賞受賞作『郵便馬車』です。ドイツの各都市にコマを配置していくゲームなんですが、陣取りではなく手札のマネージメントを主眼に置いているところに特徴があります。結局「引き」に左右されがちなこのゲームは個人的には好きではないのですが、この日はそれ以外にも「仕事=他人の邪魔をすること」を押し付けられてしまい、しかもカードの引き運も最悪で2着どまりでした。
1位:25点=simahei 2位:22点=タカハシ&ほしな 4位:19点=大野 (敬称略)

スパイズ!:安達さん持込

4.スパイズ!こちらは安達コレクションから『スパイズ!』をチョイスされてました。申し訳ないのですがこのゲーム全く知りません(笑)。箱の傷み方から恐らくはレガシーなゲームなんだろうということと、『スパイズ!』というからにはスパイが活躍するゲームなんじゃないかな?という想像は出来ますが(笑)、正直その中身に関しては全くレポートできません(若干マルチタイプのゲームのようにもみえましたが)今回は得点結果のみにさせて頂きます。
1位:249点(イギリス)=桜井 2位:210点(ドイツ)=安達 3位:120点(ソ連)=格の進 (敬称略)

ドミンゴ:格の進さん持込

5.ドミンゴ続いてこちらは昼食前に軽くプレイということで、昼食の買出しに行く私以外の方たちで格の進さん持込みの『ドミンゴ』をプレイすることに。実はこのゲームに関しても良く内容を知らないのですが、「どんなゲームなんですか?」と聞いてみたところ、「麻雀でいうところの3暗刻を作るゲームです」とのことでした(う?ん良く分かりません^^;)。まぁルール自体はとても簡単そうでしたけどね。simaheiさんはこれで3連勝!絶好調ですねぇ♪
1位:19点=simahei 2位:15点=大野 3位:12点=格の進 4位:10点=ほしな (敬称略)

バルジの戦い:安達さん持込

6.バルジの戦いこちらはシミュレーションゲーム同好会のお2人による『バルジの戦い』です。まぁ普通の良くあるシミュレーションゲームのようです。テーブルの脇に何故か計算機が置かれていたので「もしかしてかなり計算しなければならない感じのゲームなんですか?」と聞いたところ「いえ、そんなことは全くないです」と言われてしまいました。どうやら計算機はただ置いてあっただけのようです(笑)。なおドイツ軍は包囲網を突破できなかったようです。
勝ち:5UP(アメリカ)=安達 負け:3UP(ドイツ)=桜井 (敬称略)

ドミニオン

7.ドミニオン昼食後は最近人気沸騰中(BSWもコレばかりだとか^^;)の『ドミニオン』をプレイ。私以外はほとんど初プレイということでしたが、格の進さんはネット情報で「お金を買うプレイが強い」と聞いていたのかそのプレイを中心になさっていました。まぁ途中でコンボの強さに気付かれたようでしたけど^^;都合3戦行ったのですが、カードの引きが悪かった1戦目以外は普通にコンボ中心で戦った私が勝利。まぁこの辺は総プレイ数の差でしょうね。
1戦目(3人) 1位:格の進 2位:タカハシ 3位:大野
2戦目(3人) 1位:タカハシ 2位:格の進 3位:大野
3戦目(2人) 勝ち:タカハシ 負け:格の進 (敬称略)

ボルネオ:simaheiさん持込

8.ボルネオこちらはsimaheiさんがわざわざ持参してくださった『ボルネオ』をプレイ。前日に2人で軽くテストプレイしていたのでどんなゲームかは理解したつもりです。なかなか良くできた手札マネージメント系のゲームですね。ボードを使用しますがほとんどカードゲームといって良いでしょう。考えどころが多く、基本叩き合いなので他プレイヤーとの力関係を常に頭に入れておかないと袋叩きにもあいかねないので多少上級者向きといった感じがします。
1位:38点=simahei 2位:34点=野田 3位:26点=ほしな (敬称略)

アクシス&アライズ(ガダルカナル):桜井さん持込

9.アクシズ&アライズ(ガダルカナル)続いてはシミュレーションゲーム同好会の本日2戦目(好きですね^^;)となる『アクシス&アライズ(ガダルカナル)』です。この『アクシス&アライズ』というシミュレーションゲームは色々なバージョンが発売されていることでも有名ですが、共通していえることはユニットがフィギュアなので凄く臨場感があることでしようか。今回は「ガダルカナル島」を中心にしたMAPでの戦いだったようです(フィギュアが立派なので写真栄えしますねぇ^^;)。
勝ち:15UP(アメリカ)=安達 負け:13UP(日本)=桜井 (敬称略)

王と枢機卿

10.王と枢機卿続いては3人で遊ぶ陣取りゲームとしては傑作という呼び声も高い『王と枢機卿』です。この作品の実際の面白さは一度ゲームを遊んで,ある程度コツが見えてきてからかなとは思いますが、まぁシステムは良く出来ていますよね。強烈なジレンマと悩ましさ、思うようにはいかない悔しさを味わえるので凄く思い出に残る作品でもあるといえるでしょう。基本的に「陣取りゲーム」が大好きな私としてはまたプレイしたくなってきちゃいましたw
1位:野田 2位:格の進 3位:ほしな (得点不明&敬称略)

10DAYSASIA:安達さん持込

11.10DAYSASIA続いてこちらはようやく『アクシス&アライズ(ガダルカナル)』の決着がついたお2人を加えて5人で『10DAYSASIA』をプレイされたようです。このゲームははたして5人プレイでゴールを達成することが出来るのかどうかに興味がわきましたが、無事10日間の旅をつなげることができたようで何よりです(ゴールの瞬間に拍手も^^;)。ゴールするには特定の国以外は1つしかタイルが存在していないのでかなり強運が必要となりますよね。
勝利:野田 敗北:安達&格の進&桜井&ほしな (敬称略)

ブラス

12.ブラスこちらはこの日勝ちまくっているsimaheiさんを最後は大人のゲームでボコボコに(笑)ということで選択したM・ワレスの本格経済ゲーム『ブラス』です。実際に対人戦でプレイするのは私も初めてでしたが、いやぁこのゲームは良く出来ていますね。非常に面白いです。ワレスといえば『蒸気の時代』が好きだったのですが、このゲームもかなりお気に入りになりそうです。最後は接戦で誰が勝つのかも全く分からなかったのも良かったですね!
1位:163点=タカハシ 2位:149点=大野 3位:141点=simahei (敬称略)

電力会社(拡張パワープラントバージョン)

13.電力会社(拡張パワープラント)ここからは延長組。せっかくなのでじっくり型のゲームをということで『電力会社』を「拡張パワープラントバージョン」でプレイすることに。基本ゲームに入っているパワープラントを全て入れ替えてのバージョンで、私も今回が初プレイでした。感想は基本のパワープラントに比べて発電力が上がっていることで、今までの競りのレートとは大分異なるということです。これはまた『電力が社』が楽しくなりそうな気がします。再戦必至ですね♪
※残念ながら今回のセッションは、ルールインスト時に重大な説明ミスがあり、結果物凄いインフラが起きてしまいましたので、ノーコンテストにしたいと思います。スミマセンでした><

サンファン:大野さん持込

14.サンファン締めは軽く『サンファン』をプレイしようということになりました。今回は初期手札を選択するオプションルールを採用しましたが、3番手スタートなのに私の初期手札はカスばかり、ここまで酷い初期手札は初めてでした。仕方がないので何とか数ターン我慢してシルバーを建ててはみましたが出遅れ感は否めず苦しい展開に。それでも序盤からカードの引きに恵まれ始め、最後はなんとか逃げ切ることが出来ました。かなり危なかったです^^;
1位:36点=タカハシ 2位:33点=安達 3位:28点=大野 4位:23点=野田 (敬称略)


ということで、この日は昼食に新潟のソウルジャンクフード「イタリアン」を食べたりして盛り上がった月例会でした(笑)。遠方から参加してくださったsimaheiさんとは次はいつセッションを共に出来るかわからないので別れ際は少し寂しい感じがしましたが、「絶対にまたいつか再会して一緒にゲームを楽しみましょう!」と約束したので、その日が来ることを心待ちにしたいと思います(次は私が名古屋に行く番かなw)。また初参加のほしなさんは、はじめてのボードゲームの月例会をかなり楽しんでくださったようでしたので、主催者としては一安心でした。また是非次回以降も遊びに来てください。次回の月例会は年明けとなります。毎年恒例の「お年玉」も用意しておりますので、また奮って参加してくださることを期待しております。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/186-566ab806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。