ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の個別テーマは『推理ゲーム』でした。ボードゲームはゲームであるがゆえに他人の動きを予想したり、その後の展開を推理したりする要素が多いので、大方ほとんどのゲームには『推理』の要素は存在するものと思われます。ですから一概に『推理ゲーム』とは、それらのゲームの中でも「特に推理をゲームの主要なテーマにしている」と思われます。ちなみに、「推理力」とは、「論理的な思考」の他にも「記憶力」や「観察力」も含まれてくるので、意外に奥の深いゲームが多いのも特徴です。例によって個人的な趣味で恐縮ですが、私が選ぶ『推理ゲーム』のベストは以下のとおりです。少し古典が多かったのが自分でもビックリでしたね^^;

第1位:スルース

スルース第1位はカードゲームの『推理ゲーム』としては最も有名な往年の名作『スルース』です。盗まれた宝石を消去法によって推理していくこのゲーム。質問カードの内容によっては効果的に消去できる場合と、そうでない場合とがあって、純粋な推理意外にも運の要素もあったりもします。また緻密な推理を要求される反面(メモは必須w)、たまたま質問がはまってしまうことで一気に解答がわかったりしてしまうケースが多いのが難点でもありますが、それを差し引いても素晴らしく論理的で面白い推理ゲームだと思います。オールタイムでオススメしたいですね。このゲームは最近再販もされたので入手も容易なのがイイ感じです(カードの視認性も格段にUPしています)♪


第2位:禅道

禅道第2位はかなり風変わりなテーマ当てゲームでもある『禅道』です。およそ今までプレイしたゲームの中でも、初めてプレイした際に最も衝撃を受けたゲームでもあります。シュールかつエレガンス。師匠が決めた公案を弟子が推理するという図式はまさにオリエンタルの香り漂う『推理ゲーム』の1つの到達点ではないでしょうか?大・中・小の様々な四角錘によって表現することができる公案はほぼ無限大といっても良く。次第にテーブルが「作品群」で溢れていく様は圧巻です!そして難易度の高い公案に対する推理が的中した時のアハ体験は他のゲーム追随を許さないほど強烈と言えます!非常に数学的な雰囲気を持っているのも個人的には気に入ってる部分ですね。


第3位:ミスタージャック

ミスタージャック第3位は2人用の推理&パズルゲームとしては近年まれに見る傑作だった『ミスタージャック』です。お馴染み「ロンドン切り裂きジャック」をテーマに、警察側とジャックとの追いかけっこがはじまります。脱出を試みたいジャック側と、容疑者の範囲を狭めていきたい警察側との駆け引きがたまりません。慣れないうちは何がなんだか分からないうちに一方が負けてしまう展開になることが多いのと、非常にパズルチックなシステムなのでその辺は好みは分かれるかもしれませんが、是非一度はプレイしてみて欲しいゲームですね(できれば攻守を入れ替えたりして何度もプレイしてみて下さい)。キャラクター能力を使うゲームでこのバランスは見事です!


第4位:クルー

クルー第4位は、これまた往年の傑作『クルー』です。欧米では『推理ゲーム』の代名詞にもなっている歴史的な傑作ゲームです。私が『クルー』と出会ったのは小学生の時でしたから(その当時で既に古典的名作でした)、その歴史の深さがわかりますよね^^;サイコロを使用することで運の要素も入っているのですが、実際には相当奥が深いゲームです。どのタイミングでチャレンジをするかの緊張感がたまりませんね(理想は2択かな^^;)。


第5位:スコットランドヤード

スコットランドヤード第5位も古典的名作『スコットランドヤード』がランクインです。今回こうした古典が多いのは、現在の『推理ゲーム』が面白く無いということではなく、あくまでも原点を知って欲しいから紹介しています。『推理ゲーム』はなかなか色褪せないのが特徴ともいえるでしょう。ミスターXを追いかけるスコットランドヤードの刑事達。初めてこのゲームをプレイしたときは本当にロンドンの街を捜索している気持ちになったほどに、そのテーマとシステムが奇跡的にマッチしたゲームといえるでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/160-55e85184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。