ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末は「Tablegame in the World」のおのさんが主催で行われたゲーム合宿が山形で開催されるということで、いつものNBGCの常連さん3人と一緒に参加させていただきました。新潟→山形となると車で3時間はかかる距離なのですが、今回の会場となった場所はどちらかといえば新潟寄りの場所に位置しているので、2時間半くらいで十分到着する距離でした。当日はあいにくの雨でしたが、隣県からの参加者が多く、東北のボードゲーマーが20名近く集結するという素晴らしい例会になりました。空気も美味しいし、温泉は素敵だし、懸念していた暑さも全く感じられないし、とボードゲームをプレイするにはこれ以上ないほどの環境でした♪

クク

1.クク最初は予想外に早く会場についてしまったので、同じく予定より早く到着していた地元大学のサークルの方々と挨拶代わりに『クク』をプレイすることにしました。今回はコテージを会場としているのですが、チェックインの時間を間違えていました^^;それでも管理人の方が親切に時間前の会場入りを許してくださったので、それならただ他の人たちの到着を待つのももったいないということでお先にゲームをはじめさせていただきました。ちょうどその場にいた8人全員でプレイするゲームとしては『クク』最適ですね♪一応ルールを確認して早速プレイです。全部で3セットプレイしましたが(最後はセット中に破産者が出て終了)、そのうち2回決勝進出1回勝利ということで、最終的にトップ争いをすることができましたが、わずか2点差でトップのプレイヤーには届きませんでした。山から「道化師」も引けたし(山から引くと最強カード)、「クク」も来たし(絶妙のタイミングで「クク宣言」することができましたw)、その他にも短いセットでいろんなカードを満遍なく引けたので非常に面白かったです。

ゴーストハンター

2.ゴーストハンターそんなこんなで『クク』をプレイしていると主宰のおのさんをはじめ他の参加者の皆さんも続々到着なさったので、自己紹介もままならないうちに早速卓分けしてゲーム会が開催されることになりました!私は運よく!?おのさんと同卓だったので(おのさんも含めて)全員未プレイのゲームを体験することができました。今年の年間ゲーム大賞子供ゲーム部門ノミネート作品の『ゴーストハンター』です。子供向けのゲームといっても海外のボードゲームのギミックはとてもよく出来ていて、このゲームに関してはボードゲーム裏から磁石を使ってゴーストを動かし、他のプレイヤーはボードのスキマから時折表れるゴーストがどのゴーストと同じものかを当てるというもので、そのシステム&ギミックはとても素晴らしいものでした♪小さな窓からは一部分しか見えないのでヒントがなかなかつかめなかったり、最終的にダミーが存在したりと、本当によく考えられていて、とても盛り上がりました。本当にゴーストが家中を飛び回っている雰囲気が満点で、これは子供に人気出そうだなと思いました。

ギャラクシートラッカー

3.ギャラクシートラッカー続いてもおのさんと同卓だったので、私の事前のリクエストに答えていただく形で『ギャラクシートラッカー』をプレイすることに。コンポーネントの多さから準備は難しいですといわれていたので、用意していただいたことを知った時は本当に嬉しかったです。わざわざ遠方から持ってきてくださったおのさんに感謝です♪制限時間内に自分の宇宙船をデザインして、完成したらそれでレースをするというこのゲーム。聞いただけでも面白そうじゃないですか?今回はテストゲームを含めて2レース遊びましたが、1レース目は最初のデザイン時にルールの理解を間違っていて一番早くデザインしながらもボロボロの状態でスタートしてしまい惨敗。2レース目はその反省を生かして、結構綺麗にデザインしたつもりだったのですが、隕石対策で各位置に設置したバリアのスキマを縫うようにして隕石がヒットしてしまい、破損パーツの失点が響いて2位どまりでした。いやぁこのゲームは非常に面白いです。特に宇宙船をデザインするのがたまらなく楽しいので(というかレース自体はあっさり終わるので、実際には宇宙船を作る過程を楽しむゲームかと^^;)また機会があれば再プレイしてみたいですね。ボロボロになった自分の宇宙船がしぶとく航海を続ける様が健気で泣けてきます><

ズライカ

4.ズライカ続いては再度卓分けして今年の年間ゲーム大賞最終ノミネートに残った『ズライカ』を4人でプレイです。ギガミック社の『マラケシュ』のリメイクでもあるこの作品。プレイヤーはコマを前方または左右にサイコロの目だけ直進させて、他人の色の絨毯を踏んだらその面積分の料金を相手に支払わなければならず、またその後にコマに隣接するように絨毯を1枚しきます。当然ながらコマの前方にしけば次のプレイヤーに方向転換を促すので攻撃的なプレーになりますし、後方にしけばそのまままっすぐ進んで欲しいという意思を示すことにもなるので(自分の絨毯が書き換えられにくいという点で)防御的なプレイといえるでしょう。今回は非常に広範囲なエリアを築いたプレイヤーに他のプレイヤーがハマってしまったので、そのプレイヤーをマークする形でゲームが進みましたが、全員サイコロの目は好調でほとんど他人の絨毯を踏まないという異常な展開となり、最後はそのリードを保ったプレイヤーが何度も危機的状況をむかえながらも抜群のサイコロ運で乗り切って逃げ切り勝利をあげておられました(ちなみに私は僅差の2位←また^^;)。ワイワイ系としては良いゲームですね♪

帝國の時代?

5.帝国の時代?続いてはまた卓分けして、今度は普段プレイしないゲームをということで逆にリクエストを頂く形で私が持参した『帝國の時代?』をプレイすることに。訳が無いという事で国内ではあまり(というかほとんど!?)普及しなかったこのゲームですが、実はかなりのスペックを持っているゲームで、海外では物凄く評判が良いゲームだったりします。もともとはパソコンゲームが存在するそうですが、ボードゲームはそれとはまた別の仕上がりになっているとのことです。今回は周りの卓が比較的時間がかからないゲームをプレイしている中、なんと3時間近くも遊んでしまい、結果的に夕飯の準備を全く手伝うことが出来なかったというほど熱中してしまいました(ちなみに夕飯の後片付けを担当しました^^;)。色んなシステムが含まれていて、それでいて難しいルールはなく、またジレンマは多いという良質のゲームのお手本のようなゲームです。今回は序盤で大きなミスをしてしまった私が出遅れる形となったですが、途中で強力な建物を建設することができたので、移民政策で他を圧倒して逃げ切ることが出来ました。驚いたのは「お金プレー」に走ったプレイヤーの最終ボーナスで、なんと80点以上を叩き出しておられました(凄い追い込みでしたね)。非常に見通しの良いことで評価が高いこのゲームですが、今回の追い上げには驚嘆させられました。いやぁ白熱しましたね。

タブラの狼

6.タブラの人狼美味しい食事(ちなみにカレーでした)の後は全員で『タブラの狼』をプレイすることに。『汝人狼なりか?』のリメイク作品でもあるこの作品は追加のキャラクターが増えて、村人と狼と預言者以外にもバライティ溢れるプレイができるようになったのがセールスポイントです(個人的にはシンプルな『汝?』の方が好きですけどね^^;)。今回も数人の新しいキャラクターを追加してプレイしましたが、正直なくても良かったかなと・・・w。まぁ一番に村人会議で殺されたので文句は言えませんけどね(爆)。このゲーム、経験上「しゃべらないプレイヤーは高確率で狼」なんで数日耐えられればほぼ間違いなく指摘できるんですが、今回は残念ながら初日で敗退でした。司会者のプレイヤーは非常に上手に進行されていたので感心しましたが、今回は相談タイムが短すぎましたね。預言者が早い段階(なんと初日の夜にキッチリ狼を見破った直後w)で食べられるという不幸もあってか、狼側プレイヤーのストレート勝ちでした。

私の世界の見方

7.私の世界の見方続いては一風変った『アップルトゥアップル』ということで話題になった『私の世界の見方』を8人でプレイしました。お題に沿った単語カードを各自が選び、親がその中から選ぶというのは『アップル?』と同じですが、『アップル?』は単語からの連想ゲームであったのに対し、こちらはちゃんとお題形式になっているのが特徴です。またダミーカードも含まれているので、なかなかに面白いですね(おのさん翻訳のタックシールが秀逸というのも理由に含まれるでしょう)。序盤で「1分間198円でも聞きたい電話って何?」というお題に対して「脱衣麻雀」という単語をぶつけたプレイヤーがいたことで一気に盛り上がりました。いやぁ凄いマニアですね?^^;それ以外にも「古代ギリシャに持って行きたいものって何?」というお題に対する「バイアグラ」とか、笑える単語が多く非常に盛り上がりました。ちなみに私は綺麗な単語を素直に提示しながら(何か変な誤解を受けていたようですけど^^;)、同点2位でした。あと1枚で勝利だったのに、「勝負パンツ」という単語でヒットできなかったのが残念した(爆)。

グラフィティ

8.グラフィティ続いては、「お絵かきゲーム」としては『ピクショナリー』以来となる久々のプレイでしたが、個人的にはこちらの方が面白かった『グラフィティ』のプレイです。子はお題に沿った絵を制限時間内に書き、親はそれをみてお題を当てるという「お絵かきゲーム」定番のルールですが、単に当てるだけではなく、誰がどの絵を書いたか?、また一番気に入った絵はどれか?ということも問われるので、常に同じタッチで絵が書けないのが良くできたシステムだと思いました。今回は上級者用のお題を選んでプレイしましたが、難易度に差が大きすぎてその辺のバランスは少し微妙な感じでしたが、たまに飛び出す傑作に非常に盛り上がりました(ちなみに涙が出るほど喜んでもらえたのが「遺産相続人」というお題に対して私が書いた↑の絵ですw)。また私が親の時にお題だった「鳥インフルエンザ」では、なんと子の全員が何の打ち合わせもなく「全く同じ構図」の「全く同じ絵(鶏が死んでいる絵でした^^;)」を書いたのが超笑えました。これは新たな「お絵かきゲーム」の定番にしても良いかもしれませんね。

ワードバスケット

9.ワードバスケット続いては卓分けの時間調整の合間に軽くプレイという事で定番の『ワードバスケット』をプレイすることに。もうこの時点で既に真夜中を通過していますので、いわゆるシモ解禁でのプレイでしたが、それでも口にしてはいけない(というかはばかられるw)単語が飛び出ることはなく(危なかったですけどw)、比較的エレガントなセッションになりました。シモネタは一度頭に浮かぶとなかなか離れなくなってしまうので、このゲームではかえって不利ですよね^^;一応の勝利条件は勝ったプレイヤーは1枚ずつ手札を増やしていって、10枚を最初にクリアしたプレイヤーが勝利するというルールでやっていますが、苦手な人は最初の5枚でもクリアが困難なんで、なかなか好き嫌いはあると思いますが、ある一定の状態を過ぎると、流れるように単語が次々と流れ出るのが「アハ体験」になって癖になるんですよね?^^;

キューバ

10.キューバ締めはこのゲーム。なんと二日連続での『キューバ』です。前日に僅差で負けたもので悔しさから持ち込んでみたこのゲーム。まさかのリクエストでした。意外にも5人プレイは私も初めてだったので新鮮でした。今回は灯台と大きな支社&小さい支社のMAXコンボを炸裂させて、出航を支配した私と、葉巻市場を完全に掌握したプレイヤーとの一騎打ちとなりましたが、出航で毎ターン9点の状況を生み出したこともあってか、最後は接戦で私が逃げ切っての勝利でした。途中何度かミスプレイもありながらの薄氷の勝利だったので個人的には反省が残る内容ではありましたが、とりあえず前日のリベンジは出来たので嬉しかったです♪真夜中過ぎなのに皆さん長時間ゲームにお付き合いいただいてありがとうございました。ゲームが終了したのは午前3近く、結構眠そうなプレイヤーもおられましたが、最後は全員接戦になったのがとても印象的でした。非常にバランスの良く作られているんですね。



ということで、最後のゲームが終了したあとは先に就寝した私でしたが(正確にはウトウトしていただけでしたが^^;)、その後も明け方までプレイを続けていた人も何人かおられたようです。新潟から一緒に参加した人の中にも「最後はほとんど無意識でプレーしていました^^;」と話していた方がおられましたが、個人的には「眠い時(や体調が悪い時)はボードゲームはやらない方が良い」と考えていますので、その辺は賛同しかねるのが正直なところです。ボードゲームは面白いから眠い目をこすりながらプレイしたい気持ちもわからなくもないのですが、半分寝ぼけながらのプレーは、仲間内では良くても、こうした一般的なオープン例会ではマナー違反になりかねないかも?とも思います。結局ミスプレイ等でそのセッションを壊してしまったりすれば他の参加者に多大な迷惑をかけますし、寝ぼけたままでは結局本人自身も得るところは少ないと思います。そんなときはさっさと寝て、起きてからプレイした方が良いでしょう。

あと、印象的だったのは持ち込んだ『パンデミック』の人気が高かったことです。私自身は卓に入りませんでしたが、数回にわたってプレイされていましたね。全体を通して感じられたのは「普段プレイできないゲームをプレイしたい」という参加者の欲求が高く、またそれに答えられるように多くのゲームが用意されている素晴らしいゲーム会だったと思いました。環境も素晴らしく、また機会があれば是非参加してみたいと思いました。今回はお招きいただいてありがとうございました。素晴らしいボードゲームライフの1ページになりました。一緒に卓を囲んでくださった皆様、美味しい料理を作ってくださった皆様、どうもありがとうございました♪byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
このたびは遠くからお越しいただきましてありがとうございました。たくさんゲームを遊んだのに、ひとつひとつ詳しくレポートされていてすごいですね。
ズライカをあれだけ会話豊富に盛り上がって遊べるところといい、ゴーストハンターで一瞬で見抜けるところといい、タカハシさんのゲーマー力の高さに感心しておりました。(私は参加しませんでしたが、「鳥インフルエンザ」の決定的瞬間、見たかったです。)
パンデミックをたっぷり遊べたのも満足です。次回もまたどうぞ!
2008/08/30(土) 11:07 | URL | おの #mQop/nM.[ 編集]
この度は大変お世話になりました。隣県のゲームサークルとして今後とも交流が深められたら幸いです。よろしくお願いいたします。
2008/08/31(日) 21:48 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/155-65382122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。