ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、既にネタもだいぶつきかけてきている今日この頃ですが(笑)、今回の月例会の個別テーマは『魚が出てくるゲーム』でした。昔から釣りは生活に最も身近なレジャとして親しまれてきました。ボードゲームの世界では単純に『釣り』をテーマにしたゲームは少ないです(やはり釣りのアクション自体に面白さがあるからでしょうか?)。しかしながら『魚』というキーワードはあちらこちらに散見します。以前『動物が出てくるゲーム』という個別テーマをやりましたが、今回はそれよりもぐっと範囲を絞ったといえるでしょう。今回はいつもの重厚路線とは少し違ったランキングになっていると思いますよ(まぁ個人的なランキングには変りありませんが^^;)。

第1位:オイ!それは俺の魚だぜ!

オイ!それは俺の魚だぜ!第1位はマルチパズルゲームの傑作『オイ!それは俺の魚だぜ!』です。ペンギンが氷の上を滑っていきながら魚を獲得していくというこのゲームは近年発表されたパズルゲームの中でも群を抜いた面白さだと思います。良く考えられたルールに、各種のバリアントも豊富で何度プレイしても飽きることがありません。子供から大人まで幅広く楽しめる「これぞドイツボードゲーム」という作品ですね(まぁボードは存在しませんけどね^^;)。こういうゲームこそがゲーム賞に輝くべきです!

第2位:ピラニアペドロ

ピラニアペドロ第2位はこちらはワイワイパーティーゲームとして多人数で盛り上がれる『ピラニアペドロ』です。ピラニアが泳ぐ水辺を酔っ払いのペドロ君があっちへ行ったりこっちへ行ったりと、単にテーマを聞いただけでも笑えるシチュエーションですよね^^;本物の石を利用したコンポーネントも秀逸で、実際にペドロ君が岩場の上をフラフラと渡り歩く姿が想像できます(笑)。大勢が集まる際には是非用意しておきたいゲームの1つといえるでしょう。

第3位:クライネフィッシュ

クライネフィッシュ第3位は、あともう1枚カードを引こうか、それともこの辺で止めようか、カードめくりのバースト系として単純ながら独特のジレンマを十分に感じられる隠れたカードゲームの秀作『クライネフィッシュ』です。同じ魚をゲットしても最終的には同一種類の魚同士は一番大きな魚しかポイントにならないというルールと、他人の獲得した魚をランダムに奪い取るという「オクトパス」が良くできていて、この手のゲームにしては最後は結構接戦になったりするのがイイ感じです♪魚の大きさが極端に強調されたイラストもGOODで、一番大きなサイズの魚が現れたときは特にゲームが盛り上がります。またその一方で小物ばかりが続く時も笑えるんですけどね(笑)。

第4位:サメ警報

サメ警報第4位は、今年発表されたばかりの新作カードゲームでもある『サメ警報』です。とにかくコンポーネントは「イルカカード」と「サメカード」のみというシンプルさなんですが、意外と深いゲームシステムで、記憶力を試されたり、心理戦もあったりと、ゲームに慣れていくに従って様々な駆け引きが楽しめるようになります。常に他人の状況を把握する必要があるので、はじめのうちはミスプレイでゲームが終わってしまうことも。そういう意味では最初はいまいちピンと来ないかもしれませんが、繰返し遊ぶことで面白みがグンと増すはずです。相手がどっちのカードを伏せたか。2分の1がドキドキです^^;

第5位:魚河岸物語

魚河岸物語ラストはこのゲーム。一風変った競りゲームをプレイしたいと思うのであれば断然オススメなのがこの『魚河岸物語』です。ちょっと前までは魅力溢れる商品だったのに、たった1枚でいらなくなったり、またその逆もあったりするので早い者勝ちの競りルールでありながらもちゃんとゲームとして成立しているのが見事です。とにかくゲーム全体のシステムがよく纏まっていて、常に購入と売却のタイミングを図るゲームでもあるので、フリークにも納得の出来ですし、またその簡単なルールから初心者を含めて誰にでもオススメできるのも魅力ですね♪「え~っ!僕の大事な魚が腐るじゃんかよ~><」という叫び声があちらこちらから聞こえてくるのがとにかく笑えますw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/153-bcdfcd35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。