ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日OASE新潟さんの11月例会の案内がなかなかUPされないので今月はもしかしてお休みかな?と思い、とある方に「個人的にゲーム会でもしませんか?」とメールをしたところ、返ってきた返事は「明後日いつもの内輪のゲーム会をしますのでもしよければ参加されますか?」というものでした^^;。なるほど予定済だったんですね。さすが病魔に冒されているかたはやはりゲームは定期的にプレイしたいものですよね。

こういう内輪のゲーム会というものはある程度のメンバーが既に決まっていて、なかなか気軽に参加させていただける雰囲気ではない場合が多いのですが、いざとなったら「見学でもいいかなぁ?」的なノリで「それでは是非お願いいたします」と参加表明をさせていただきました。

当日は雨が振っていたのですが私を含めて6人のプレイヤーが集まりました。

フィガロ
20061119005614.jpg最初はクニツィアの『フィガロ』をプレイ。
ダヴィンチゲームスから先日発表された新作です。
相手にカードを押し付け、点数が6点以上になってしまったプレイヤーは全員のカードを回収させられてしまう。最もカードを回収してしまったプレイヤーの順に道タイルをとらされてしまうというゲームです。こんな感じのことを3ラウンド行います。

20061119005635.jpg最終的に道の長さが一番長いプレーヤーの負けです。
この道タイルが、一本一本それぞれ微妙に長さが違うのでw最後は結構接戦になることも(逆に勝利者は分かりやすいことが多そうです)。
各カードを回転移動させる特殊カードや、無色のオールマイティをほとんど引けなかった(引けないと本当に辛いです)私でしたが、なんとか最下位の汚名は免れました^^;

陰謀
20061119005655.jpgこのゲームも比較的新作です。カードを順に並べて一番勢力の大きいプレイヤーが得点カードを獲得するという良くあるタイプのゲームです。ほとんど全てのカードに特殊能力があり、テキストも多いので多少の煩雑さは否めませんが、面白いゲームではあります。一方、特定の個人を攻撃するのが意外と難しいので、ワンサイドゲームになる可能性は少なくないです。頑張って複数回プレイできれば多少のコツもつかめるのでしょうけど……。

クルー
20061119005712.jpgそしてクルーw
実に15年ぶりくらいのプレイでした。
2順目の私の質問で返ってきた答えがなんと「全員パス」!場所以外の犯人と凶器がいきなり確定しまう異常事態が発生してしまいましたが(滝汗)、最後は他のプレイヤーの人間性をも推理した方が(笑)2拓にチャレンジして見事勝利されました♪お見事。
またプレイ感についても非常に勉強になりました。

スティッキー
20061119005722.jpgちょっとした合間の息抜きでプレイ。
単純な棒倒しゲームです。出た目の色の棒を順に抜いていき、中央のリングが床に着いたら負け。青(太)3点、赤(中)2点、黄色(細)1点です。
普通ならば最後の数本までいくので最後は結構ドキドキのプレイが続くのですが、この日は初めて5本目で(しかも黄色でw)崩す方を拝見しました(笑)。逆に凄いですね(爆)。

カタンの開拓者:ローマ帝国の危機
20061119005748.jpgそしてこれがこの日一番プレイしたかった『カタンの開拓者:ローマ帝国の危機』です。
カタンの開拓者番外編最新作である本作は、カタンのルールを踏襲しながら新たな単体ものとして完成されたゲームです。残念ながら途中のルールを間違ってプレイしてしまいましたが、おおまかな感じはつかめました。内容は非常に良いゲームです(重いですけど^^;)。今度はじっくりとプレイしてみたいですね。

ミケリノス
20061119005803.jpg最後はおなじみ『ミケリノス』です。
と思ったら私以外のプレイヤー方は未プレイという事なのでインストから。それでも1時間かからないのは素晴らしいゲームです♪
そして今回はじめてわかったのが、このゲームは経験者と未経験者ではっきりと差が出るという事です。
簡単なルールなのでなかなか判りづらいのですが、やはりある程度のコツはあると思います。

20061119005817.jpg←これが今回の私の最終的な獲得タイルなんですが、明らかにおかしなことになってます^^;
なんと総得点は105点(得点ボードを2周しました)!
いくらなんでもおかしいと思ったらあるプレイヤーの方が途中のルールを勘違いされてて不利な状態でプレイされていたようです(何度も説明はしたのですが……残念)。
このゲーム、本当に良いゲームなんですけどねぇ?。う?む。問題ありなのかなぁ?。

ちなみに、私がプレイしていないもう一方の卓では『サンマルコ』や『パラッツォ』などがプレイされていました。

そして、途中で仕事の合間を抜けて顔を出されたOASE新潟の梶さんの話では、なんと!来週の日曜日(11月26日)に例会があるとのことです♪。OASEさんのHPで実際にUPされていないので当サークルでもおおやけに告知はできませんが、もし仮にこれを御覧になられている新潟のボードゲーマーの方がいらっしゃれば、朗報をお伝えすることができたのではないでしょうか。私自身も楽しみにしております。

最後に、いつも例会後には何人かの方達で食事をされているようですが、毎回お誘いをいただきながらなかなか参加できず恐縮です。そのうち参加させていただきたいと思いますので、その際には是非よろしくお願いいたします。それではまた。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
ボードゲームのブログを散歩しております。
実は、見ていただきたい記事・写真がありまして。その写真のなかのいくつかは、私にはどんなゲームなのかわかりませんが、貴方の興味をひくものもあるかもしれません。
一度ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/padovapam24/c/ff7a29561515e951775843d5dddccb41
2006/11/20(月) 13:35 | URL | padovapam24 #J4kKBKeU[ 編集]
はじめまして。

記事を拝見いたしました。

1枚目はおそらく試作のゲームかと思われます(私にも正直ワカリマセン)。
ボードゲームはドイツが本場といわれていますがヨーロッパでは各国に大小の様々なボードゲーム会社があります。日本でいうところのコンピューターゲームメーカーといったところでしょうか。

2枚目は『マンチキン』ですね。最近日本語版が出たRPGカードゲームです(面白いです)。

7枚目はよくカードが判別できないのでこれまた不明ですが、奥に『アクシスアラインズ』等のウォーゲームが見えますね^^;

8枚目の麻雀は、もともと麻雀は中国が本場ですが、中国の牌は『下駄牌』といわれるような平べったいものなんですよね(ルールも多少違いますし)。

9枚目は『ウォーハンマー』だと思われます。フィギュアを使ったアクション系のゲームです。

10枚目の手前に見えているのは日本ではあまり有名ではないですが海外ではそこそこ有名な二人用のアブストラクトゲーム『カテドラル』の巨大版です(是非プレイしてみたいものです)。

あまり参考にはならないとは思いますが、こんな感じでよろしかったですかね?
2006/11/21(火) 01:33 | URL | タカハシ #-[ 編集]
いやー、よく知ってますね。
一度12月にミラノにいらっしゃっては?毎年この時期にこんなイベントがあるようです。
2006/11/21(火) 12:20 | URL | padovapam24 #-[ 編集]
そんなことおっしゃると本当に行きそうになってしまうではないですか^^;>ミラノ

富良野ならまだ近いんですけどね(笑)

実際来年当たりに海外旅行も考えているので参考にさせていただきます。貴重な御意見ありがとうございました♪
2006/11/21(火) 16:17 | URL | タカハシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/15-af0e3eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。