ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸事情により予定していたゲーム会が急遽中止になってしまったので、その代わりに開催された個人宅でのゲーム会の模様をお伝えいたします。会場を快く提供してくださったのは私の古くからの友人Z氏です。昼食にカレーも振舞っていただき本当にありがとうございました♪

この日参加してくださったメンバーは私以外にはZ氏夫妻と、NBGC常連のNさん。たまたま休みがとれていたS氏。都合5人でのゲーム会でした(3匹ほどネコちゃんもいましたね^^;)。

百科審議官
1.百科審議官まず最初は、メンバーが揃うまでということで私とZ氏とS氏の3人で『百科審議官』をプレイすることに。3人限定という珍しいタイプのワードゲームですが、完成度は非常に高く、個人的には今までプレイした最高の「同人ゲーム」と思っています。残念ながら素晴らしいアイディアの反面、コストパフォーマンスは悪いので、ルールだけ覚えてみんな自作してしまうのが難点でしょうか^^;。この日も以前このゲームをプレイしたS氏が100均で材料を揃えて作った自作キットでのプレイでした(審議官コマだけは『トーレス』からの出張でしたけどw)。基本的にこのゲームは相手のルールを看破したほうが有利といえるのですが、むしろそこに固執すべきゲームではないので、あまり凝ったルールを作るとゲーム終了後に冷めた目で見られてしまいます(笑)。できる限りわかりやすく、また主観的な判断が入らないようなルールが理想でしょう。この日は都合2戦行われました(2戦目は私の代わりにZ氏の奥様が参戦)。1戦目は私の勝利。ルールは「あたたかいもの(私)」、「3文字以上の単語(Z氏)」、「ドラゴンボールに出てくるキャラクターに関する単語(S氏)」でした。S氏のルールを看破した瞬間は軽いアハ体験でしたね(爆)。それにしてもこの面子だから許されるルールですな(大体「パンちゃん」を知らんなんて許せんしw)。2戦目はS氏が完勝。ルールは「子供が好きなもの(Z氏)」、「赤っぽいもの(Z氏嫁)」、「漢字に変換すると2文字のもの(S氏)」でした。

ゲシェンクト
2.ゲシェンクト続いては、Nさんがまだお見えになられていないので、軽く4人で『ゲシェンクト』をプレイ。ルールも簡単。インストも簡単。プレイ時感も短いとあって、ちょっとした合間を埋めるのに非常に重宝するカードゲームです。コツは、まずはカウンティング。といってもこの場合のカウンティングはカードではなくコインなので、かなり難易度が高く初心者にはまず無理でしょうから大まかに誰が何枚持っているかを予想する程度で良いでしょう。次に、自分が取ってもOKなカードはすぐに取らないことです。とりあえず物凄く得をする場合(何枚かのカード同士の間を埋めるようなカード)以外は、他人に押し付けることを基本戦略にしましょう。最後は慣れです。どうしても感覚的な部分も大きいのである程度慣れないと勝つのは厳しいでしょう(まぁすぐに慣れますけどね^^;)。この日は序盤は誰もあまりカードを引き取りたがらないプレイが続いたので、頃合い良くチップを回収することに成功した私が、中盤以降はチップを持たないプレイヤーに高額カードを押し付けていくという定跡的なプレイができたので結構余裕での勝利でした。とりあえず初めてのプレイだったZ氏夫妻の意見では「『6ニムト』よりわかりやすかった」ということです。う?ん『6ニムト』も十分わかりやすいゲームだと思うのですが、そういえばこの間は『6ニムト』で夫婦揃って惨敗でしたものね><。ま、慣れですよw

アグリコラ
3.アグリコラ続いてはNさんも揃ったところで美味しいカレーを頂いて、午後からはこの日のメインディッシュ。S氏から「例の「ア」の付くゲームがプレイしたいんだけど」というリクエストがあったので『アグリコラ』をプレイすることに(最初『アクワイア』かと思ったよw)。まぁ今年に関して言えばとにかくこのゲームが主役でしょう。過去最高の重量を誇るほどの充実したコンポーネント(ほとんどがカードw)と、箱庭を作っていく楽しみを徹底的に追求したそのシステムは呆れるほど見事です。ゲーム全体を通じて駆け引き部分もあり、マネージメント要素もありと、とにかく盛りだくさんでお腹一杯になるゲームです(笑)。この日は最初に職業カードと進歩カードをそれぞれ10枚ずつ引いてそのうち7枚ずつを選択するルールでプレイしました。本来であればカードドラフトも試してみたかったのですが、あまり本格的にはゲームに慣れていないZ氏夫妻がいたので、今回はこのルールで。そして私の初期カードは畑を耕すと良いことがありそうなカードが多かったので本格的にファーマーを目指す作戦を取ったのですが、これが全くの大誤算でした。同じくファーマーを目指したZ氏とまるかぶりですこぶる効率が悪いんです。一方でとにかく木材を食料に変えるプレイ(俗にシロアリプレイと呼ばれています)を邁進するNさんに大事な序盤ですこぶる遅れを取ってしまいます。それでも中盤以降にようやく畑を開墾して追い上げを見せるも、最後は得点付きの大きな進歩を立て続けに購入されてジ・エンド。僅差まで迫ったのですが追いつけませんでした。今回は明らかに作戦負け。序盤で職業に拘ってしまったのが敗因でしょう。次回はリベンジしたいと思います。

ナイアガラ
4.ナイアガラ続いては久々に『ナイアガラ』をプレイしました。2005年度の年間ゲーム大賞も受賞している本作品ですが、当時はあまりそれほど熱中した思い出もなく、とりあえず購入したら年間ゲーム大賞受賞しちゃったという感じで、それ以降年間ゲーム大賞を受賞したゲームはあまり好みに合わなくなっていったというちょっとした個人的な曰く付きのゲームだったので、これを期に久々にゲーム棚から引っ張り出してみました。ルールも非常に簡単なので、シンプルで良いかなと思いエントリーしてみたのですが、これまた大人がガチでやるとかなり本格的なアブストラクトゲームに変貌することが判明しました。とにかく終盤まではほとんど全員が横並び状態で、とにかく誰か勝利条件を達成しそうなプレイヤーがいればとことん邪魔をします。今まではワイワイ系で楽しんでいたこのゲームにこんな裏の顔があったとは、それがみれただけでも今回のセッションは大収穫といえるでしょう♪終盤全員が牽制をしている間に川の流れはMAXに!滝つぼ付近で全員のカヌーが停滞し始めます(この辺は最高に盛り上がりますよね♪)。ここでカヌーをわざと2つとも滝つぼに突っ込ませるという前代未聞のギャンブルに出る私。実は勝算はかなりある作戦だったのですが、ここで手番的にちょうど私の下家だったNさんがノーマークになってしまいゲームセット。最後一瞬の隙を突いて勝利条件を達成されたNさんが見事な勝利を収めました。いやぁこのゲーム密かに熱いっすね^^;

キューバ
5.キューバ続いては、最近赤丸急上昇。脳内でのテストプレイが止まらない感じの(爆)、『キューバ』をプレイすることに。一部見にくかったリファレンスも全面改訂してのセッションで、初めてプレイされる方が多かったですがそれほど支障なくプレイを進めることができました。今回の私の作戦は「建物の効果で出航を進めるというもの」でした。普通商品を船に積込んで得点を稼ぐ「出航」はアクションとして選択しないと実行できないのですが、一部の建物にある「1つの種類の商品を1つ(あるいは複数)積込む」という変則的な能力を生かしてみようというのが狙いです。メリットとしては、頑張れば出航を1ラウンドに2回行う(に等しい)効果を得られること。「市長(出航のアクション)」を選択しない場合があるので、比較的法案の投票で有利といったところでしょうか。ただし、今回のセッション(というかこの日全体的にいえたことなんですがw)では、「出航」に関して全員が他のプレイヤーに遅れまいと殺到してしまったため、基本戦略である「出航で点を稼ぐ」という作戦があまり効果を発揮しませんでした。思うにこの作戦を取る場合は「船カードを山札と交換する」効果を持つ建物も同時に建てないといけないようですね。それでも実際にはいろいろとやりくりをして終始ポイントでリードするのですが、最後はS氏に追いつかれてわずか所持金1ペソの差で敗北でした。S氏に「それは負け惜しみだ!」といわれましたが、実はゲーム中盤で銀行を兼任していた私の所持金2ペソが紛失するという事件があったのですが、それさえなければ勝っていたと思うと悔しいです><これで3連敗。午前中に比べて午後からは明らかに勝てない流れになっていると感じました。

0の恐怖
6.0の恐怖締めは時間も遅めだったので、軽くカードゲームをプレイして締めようということで、メイフォロー(何を捨ててもOKという制限のない比較的簡単なルール)のトリックテイキングゲーム、『0の恐怖』をプレイ。とにかくゲーム初心者にはわかりづらいトリックテイキングの面白さを、ルールの部分から簡略化することで少しでも間口を広げることに成功したのではないかと思わせる作品です。ただしこのゲームは人数が4人以下の場合は毎ラウンド使われないカードが数枚あるのでカウンティングも甘めですが、5人プレイでは全カードを使用するので結構本格的に楽しめます。基本的にトップ潰しをしていくのが王道ですが、やはりそこはそれ。必ずしも皆さんがそのような使命感を持つわけもなく(笑)、せっかくのトスプレイも無駄に終わることもしばしば。今回はカードの引きも悪かったせいか全体を通じてゲームを支配する権利は私には無く、精一杯のトップ潰しを試みてはみるものの序盤で1歩突き抜けたS氏を捕らえることはできませんでした。トリックテイキングには実に様々な種類があって、その一つ一つがプレイ感もコツも違ってくるわけですが、個人的に好きなテーマでもあるので、そのうちNBGCの月例会の個別テーマにも選んでみたいかなとは思う反面、前述のとおり初心者には向かない可能性が高いためなかなか選びづらい気もします。悩ましいとこです><



ということで、この日の個人宅でのゲーム会はこんな感じでした。帰りはNさんを自宅に送りがてらラーメン屋で反省会といういつもの流れでした。非常に遅くまでお付き合いいただいた参加者の皆様(特にZ氏御夫妻)には感謝×10です♪。またそのうちこのような楽しいゲーム会が開ければ良いなぁ?と思ってます。その際にはまたよろしくお願いいたします。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/140-e37c8b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ニムト に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
2008/05/30(金) 17:02:37 | 気になるキーワードでブログ検索!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。