ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第17回の月例会のテーマは『建築ゲーム』でした。ひとえに「建築」といっても、その幅は非常に広く、単に建物を作るものから、もっと別の構築物を立てるものまで様々なものが挙げられると思います。海外のボードゲームでは、「何らかの構築物を建築することでゲームを有利に進めていく」というシステムは実に多く、もし仮に「建築ゲーム」というものを広義にとらえるとするならば、実際かなりのゲームが「建築ゲーム」のカテゴリに属するのではないでしょうか。従って、既に月例会でのコメントでも少し触れたことなんですが、あくまでも「建物を建築すること」がそのゲームの「主要な部分を構成していない」ものに関しては、今回はあえて選考の対象から外すことにしました。また、例によって既に紹介しているゲームは除外しております。あいも変わらず個人的な趣味丸出しのランキングで恐縮ですが、どうか御容赦下さい^^;。

第1位:アンティキティ

アンティキティ第1位は、この手のゲームの最高峰と勝手に思っています。スプロッター社の『アンティキティ』です。思いっきり長時間ゲームですし、上級者専用ですから通常のゲーム会ではほとんどプレイする機会はないと思われますが、このゲームをするために半日割いても全然元は取れるゲームだといえるでしょう。残念なのは現在日本ではかなり入手困難なことです。数年前奇跡的に再販されているようですのでもしかしたら手に入るかもしれませんが、少し難しいかもしれませんね><。

第2位:キーセドラル

キーセドラル第2位は、これまた発表当初は数量限定でかなりのレアゲームだった『キーセドラル』です(2008年現在では再販もかかり入手は比較的しやすい(はず^^;)です)。実はこのゲームはシリーズ物(「キー○○」シリーズ)の中の1つの作品なんですが、そのシリーズの中でも飛びぬけて評価が高い作品でもあります。「これぞドイツゲーム」といわんばかりのシステムの完成度の高さはまさに特筆モノで、運の要素も比較的少なく、とてもエレガントな中・上級者向けのゲームといえるでしょう。「教会を徐々に建築していく」というテーマは近年の『大聖堂』にも繋がるテーマですが、コチラのゲームの方が個人的には完成度は高いゲームだと思います。オススメです♪

第3位:アッティカ

アッティカ第3位は「建築ゲーム」と「陣取りゲーム」が見事に融合した傑作『アッティカ』です。とても面白いゲームなのに何故かほとんどプレイレビューを見かけないタイプのゲームですが(最近そういった傾向が増えていますよね)、実にもったいないことだと思います。各種の建物を次ぎから次へと建築しながら一方の神殿からもう一方の神殿までを繋ぐという壮大なゲームですが、建物タイルのめくられ方は運任せなので、必ずしもこの手のゲームが得意な人が勝つというわけではないのが、このゲームの面白さの秘密だといえるでしょう(その辺のバランスが絶妙なのはデザイナーの素晴らしい功績ですね)。「アンフォラ」という壷がツボでもある(笑)ゲームです(謎w)。

第4位:サンファン

サンファン第4位はカードゲームの『建築ゲーム』といえばコレ。『サンファン』です。押しも押されぬ現在世界最高峰に位置するボードゲーム『プエルトリコ』をベースにしたシステムは、カードゲームとしても十分に面白いことを証明した作品でもあります。巷ではよく「『サンファン』→『プエルトリコ』という導入ゲームとして最適」という評価を見ますが、むしろこの両者は別のゲームであり、基本のシステム部分で共通する部分があるのでたしかに導入にも良いとは思いますが、単体でも十分に楽しめるスペックを持っていると思います。カード同士のコンボを構築していくのが最高に面白いです。現在「完全日本語版」が発売されているのも嬉しい限りです♪。

第5位:マンハッタン

マンハッタン第5位は、これまた第4位に続いてA・セイファースの初期の傑作『マンハッタン』です。彼は何気に「建築」というテーマが好きなデザイナーなのかもしれません。年間ゲーム大賞も受賞していて、その面白さは折り紙つきですが、とにかく実際にビルを積上げていくだけでも楽しいので初心者からベテランまで幅広く遊べるのがこのゲームの良さだと思います。実は最初の席順によってプレイスタイルがある程度決まってくるのですがその辺は是非一度プレイして研究してみて下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/113-2207b735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。