ここは新潟でボードゲームを楽しむ人達のための集会所です。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

OASE新潟さんの12月の月例会に参加させていただきました。

といっても、この日は朝から知り合いとゴルフの打ち収めラウンドをまわっていたので、参加したのは夕方からとなってしまい、OASE新潟主宰の梶さんにお借りしていたゲームをお返しすべく参上したものの、梶さんは途中でお帰りになってしまったという事で、すれ違いになってしまいました><ということで、ほとんどゲームはプレイできませんでしたが、一応新作の『ハンブルグ』のテストプレイができたので、その模様を中心に御報告させていただきます。

ハンブルグ

ハンブルグ今年のエッセンで注目された本格派ゲーマーズゲーム『ハンブルグ』が届いたので、さっそくテストプレイをしてみました(5人)。このゲームはハンブルグにおける名誉をいかに多く獲得するかをテーマとしたゲームなんですが、実に運の要素が全くないゲームで、一度ゲームがスタートしたら言い訳はきかない厳しいゲームです。また全ての情報が公開情報なので、まさにゲーマーのためのゲームといえるでしょう。実に色々なシステム・要素が組み込まれており、またこの『ハンブルグ』を作っているエッガート社の特有のシステム=ロンデルシステム(今や名作の誉れ高い『インペリアル』で一躍有名になったシステムです)が採用されております。今回のテストプレイでは残念ながら様々なルール上の解釈ミスや手続き上のミスがいくつかあったため(ガチンコゲームでは致命的ですよね><)、結果等はあくまでも参考程度にしかなりませんでしたが、実際にプレイしてみてわかったことは「マジでガチガチの本格派であること」と「マジで面白いこと」です。本当に運の要素が全くないので、序盤の定跡等が研究されてしまうと初心者は熟練者に全く勝てなくなってしまうことは必死ですが、それでも個人的にはかなり気に入った作品です。色々な作戦も試してみたいので、是非今後はプレイサマリーなどを用意して正確なルールで遊んでみたいと思います。


ロイヤルターフ

ロイヤルターフ続いては、時間も押してきていたので、締めに『ロイヤルターフ』をプレイすることにしました。何故『ロイヤルターフ』かっていえば、この日は有馬記念だったんですね^^;皆さん馬券は取れましたか(ちなみに私は惨敗でした><)?予め勝つと思う馬にBETして、実際にレースをし、配当をもらい、最後に一番多くのお金を持っているプレイヤーが勝利するというこのゲーム。全部で3レースあるのですが、5人という大人数でプレイしたせいか、トップのプレイヤー(お金を多く持っているプレイヤー)が賭けている馬をマークするのが常套手段のゲームなのに、何故かほとんどノーマーク状態でBET&ムーブする人が多く、結果的に勝ち組と負け組みで大きく差がついてしまいました。このゲームが初めての方とプレイする場合は所持金非公開や、トップはBET公開くらいのハンデがあった方が良いかもしれませんね。どうも今まで何度もこのゲームをプレイしてきたのですが、マークが甘くなるとワンサイドの結果が生じやすいように思います。基本ゲームのBETは全て公開が良いのかなぁ??←何か公開だとドキドキ感が薄れる気がするんですけどそんなことないんですかね?


ということで、今回は2ゲームのみの参加でした。来年の月例会はまだ未定という事なので何ともいえませんが、また機会があればお邪魔したいと思います。byタカハシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nbgc.blog63.fc2.com/tb.php/100-df73d9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック